就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児に音楽を聴かせよう!メリットやおすすめの曲を聴かせるポイント

乳児に音楽を聴かせよう!メリットやおすすめの曲を聴かせるポイント

乳児の脳に与える好影響の一つに音楽がよいとよく耳にしませんか?でも乳児に音楽を聴かせるにあたって、やっぱりモーツァルトなどのクラシック音楽でないとよくないのかな?どのくらいの音で聴かせたらよいのかな?どんなタイミングで?そんな数々の疑問についてお話しします。

乳児に音楽はよい?聴かせるメリットとは

乳児に音楽を聴かせることは言葉の教育に

ほとんどの赤ちゃんは音楽の才能を持って生まれてきます。代表的なものは泣くことです。泣き声にも高い音や低い音、長い音や短い音があり、それらを織り交ぜることでその子の泣き声が完成します。

赤ちゃんは周りから音を聞いて、それらをインプットします。ある程度たまったらそれらを自分の音として発信していきます。本人には言葉を発しているという自覚がない時期から、周りの人の反応を見て繰り返し発していくようになります。

その過程で音楽を聴くことはその曲に出てくる歌詞を繰り返し聞くことにもつながり、赤ちゃんが音の組み合わせをより発しやすくさせてくれます。どんな言語でも同じです。音楽を聴くということは言葉の教育にもなっているのですね。

音遊びを通してコミュニケーション

音楽が赤ちゃんへ様々な好影響をもたらすことは、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。言語能力の発達、コミュニケーション能力の向上、精神安定、豊かな感情表現や思いやりの心の育成、IQへの好影響。気になる項目がたくさんありますね。中でもコミュニケーション能力が向上するという項目に注目してみましょう。

音楽を聴かせ、一緒に踊ったり楽器を使って音遊びをすることで、赤ちゃんのコミュニケーション能力の向上、また社会性が宿るといわれています。楽器といっても簡単なもので大丈夫ですよ。カスタネットを叩いたり、マラカスを振ったり、音楽に合わせて手を打ってみるだけでもよいのです。相手のことを見ながら行動するということで、その効果が期待できます。

乳児に音楽を聴かせると表現力が養われる

私たちは普段会話をするときに言葉だけではなくジェスチャー(身振り)を行っていますよね。そして歌を歌ったり音楽を演奏したりするときもジェスチャーを使っています。

子どもにとっても、音楽を聴いたり表現したりすることと体の動きは切り離せません。1歳前半には音楽を聴いて全身を使ってリズムを合わせようとする動きがみられ、1歳後半になると歌いながら動くことができるようになります。この移行期にはリズミカルな言葉を発しながら自分の作ったジェスチャーを一緒に表現することができ、後半にはフレーズの拍感を含む動きへ発達するといったことが報告されています。

音楽を感じるとることが子どもの積極性や社会性、そして能動性の発達に役に立っているのですね。

乳児に聴かせたいおすすめな音楽

クラシック曲やディズニーメドレー曲

クラシック音楽を乳児に聞かせるとよいという話を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。「モーツァルト効果」聞いたことはありますか?

モーツァルトの曲を聴いた大学生にテストをさせたところ、得点が上がったという話がネイチャー誌に掲載され、瞬く間にモーツァルトを子どもたちに聞かせようと広まったものです。その後同じネイチャー誌でメタ分析という方法で実験を検証した結果、モーツァルトに限らずほかの音楽でも発生することがわかりました。

クラシック曲ももちろんよいですが、例えばディズニーのメドレー曲などいかがでしょうか。ママにも子どもにも聞き覚えのある曲がきっとありますよね。心地よく、心が躍るものを、ママも子どもと一緒に楽しみながら聴いてみませんか?

親子で音遊びや手遊びができる曲

「げんこつやまのたぬきさん」や「おおきなくりのきのしたで」などジェスチャーのついた手遊び歌はご存知ですか?音楽に合わせて自ら手や体を動かすのも楽しいことですが、振付のついた音楽に合わせて踊るというのも、周りとの一体感が出ることで楽しい!という気持ちがさらに増すことがあります。そんな曲を紹介します。

手遊び歌
・むすんでひらいて
・とんとんとんとんひげじいさん
・いとまきのうた
・パンダうさぎコアラ

体遊び歌
・あたまかたひざポン
・おおきなくりのきのしたで
・バスごっこ

顔遊び歌
・ちょちちょちアワワ
・あがりめさがりめ

指遊び歌
・おはなしゆびさん
・いっぽんばしコチョコチョ
・はじまるよはじまるよ
・きゃべつのなかから

英語の童謡が盛りだくさんの曲

童謡は絵本と同じく心を豊かにしてくれます。様々な音を聞き分けることのできる乳児期。将来英語を話すことができるようになるための第一歩として、童謡から入ってみませんか?

・Twinkle Twinkle Little Star(日本では「きらきらぼし」です。歌いやすいのでこの曲から始めてみてはどうでしょう。)
・Rain Rain Go Away(雨よどこかへ行っておくれという歌詞で、雨の日に子どもと一緒に歌いたくなる曲です。)
・Mary Had A Little Lamb(「メリーさんの羊」です。)
・Ring a ring of Roses(英語版の「かごめかごめ」輪になりジャンプしたりしゃがんだりと子どもたちは大好きです。)

乳児に音楽を聴かせるときのポイント

音量に気をつけて!リラックスできる音量で

乳児に聞かせる音楽の音量はあまり大きくないほうがよいようです。大きな音は耳や脳に悪影響を及ぼす可能性もありますので、十分な注意が必要です。ではどのくらいの音量がよいのでしょうか?

乳児にとって心地よい音量というのはBGM程度といわれています。ママが話しかける声の大きさを目安にしてみてください。

乳児にヘッドホンやイヤホンを使って聴かせるのは、絶対とはとはいえませんが、よくない可能性が高いようです。音量が把握できないままヘッドホンを聴かせ続けると「ヘッドホン難聴」になることがあります。「ヘッドホン難聴」とは騒音性難聴の中の1種で、周波数が高い、長い時間、大音量を聴くことが原因で起こる症状で、鼓膜を傷つけてしまうので気を付けてあげましょう。

聴かせるタイミングは?1番は「寝る前」

音楽を聴かせるタイミングは「ふと気づいたときに」でよいといわれています。乳児の成長にとって一緒に過ごしているパパやママがリラックスしていることはとても大切です。ですので、パパやママが聞きたいなと思ったタイミングで音楽を聴かせてあげてもよいでしょう。

乳児がより落ち着いて集中できるときに聴かせたいのならば、寝る前のタイミングがおすすめです。静かにリラックスした状態で、音楽に耳を傾けてくれることでしょう。

音楽を聴かせるときに一つ気を付けてもらいたい点としては、「1日中音楽をかけ続けることはしない」ということです。そのような状態は音楽に慣れてしまい、音楽から得られる効果が小さくなると考えられています。

パパやママが歌ってあげることでリラックス

乳児に音楽を聴かせるのに1番効果的なのは睡眠前ですが、聴かせるときのポイントをまとめてみました。

・部屋を暗くする
・毎日同じ音楽を聴かせる
・穏やかな曲や環境音などを聴かせる
・寝る前に音楽を止める
・パパやママが歌ってあげる

部屋を暗くして同じ音楽を流すことで「寝る時間なんだ」と認識し、眠る準備をしていきます。目から入る情報がなくなると耳の感覚が研ぎ澄まされるので音楽をしっかり聴くことができます。

音楽はCDでもよいのですが、できればパパやママが子守唄を歌ってあげましょう。パパやママの声は何よりも安心できる音楽なのです。そして歌うことを一緒に学習していきます。時間のある日は、ぜひ寄り添って子守唄を聞かせてあげましょう。

まとめ

音楽は、子どもが社会で生活をするうえでの大切な能力を、バランスよく身につけるのに役立ちます。また、音楽を聴くこと自体に心を整える効果もあり、また音楽を感じることで自由に表現する力が養われ、心が落ち着き、自然と心と体のバランスが整えられていきます。

乳児との生活の中で、手遊び歌を歌ってみることや子守唄を歌ってあげることなどから音楽を取り入れて、日々の暮らしに彩りを添えてみませんか?子どもと一緒に豊かな毎日を送りましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018