就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもがジャンプするのはいつ?ジャンプするまでのステップと練習法

子どもがジャンプするのはいつ?ジャンプするまでのステップと練習法

子どもはジャンプができるようになると、楽しそうに飛び跳ねたり、段から飛び降りたりして遊びますよね。同じ月齢でも上手にジャンプできる子もいれば、上手なジャンプができなかったり、やろうとしなかったりする子もいますよね。今回はジャンプができるまでのステップと練習方法を紹介します。

子どもがジャンプをできるようになる時期

ジャンプができる平均的な時期は2歳前後

ジャンプは一度覚えると簡単にできますが、飛び上がるための力や着地に耐えるための骨格と筋肉の発達、倒れないためのバランスがとれないと上手にできません。

子どもは1歳過ぎると、だんだんジャンプができる体になっていき、2歳前後でジャンプをします。しかし2歳半になってもジャンプをするための体ができあがっていない子は意外といるものです。

ジャンプができる平均的な時期は2歳前後といわれますが、体の発達状態にも個人差がありますし、ジャンプをしたいというきっかけがあるかどうかや、ジャンプを楽しいと考えられるかによっても、個人差がでてきます。

また、ジャンプができてきていることにママが気づかず、気づいたら上手になっていたということもあるようです。

心の発達でジャンプを怖がる子もいる

大きくなると大したことがないと思えるジャンプですが、人が地面から足を離したり、目線がいつもより高くなるというのは怖いものです。

大人は自分でジャンプする程度でしたら恐怖を感じませんが、高い所に登ったり、2階からジャンプして着地しようと思ったら怖いですよね。

ジャンプをしたことのない子どもは、そのような恐怖を小さなジャンプで感じることがあります。ジャンプを練習するころの子どもは、思いっきり走れば転んでしまうような状態です。ジャンプをしてバランスがとれる自信がないのも納得できるのではないでしょうか。

特に体と一緒に心も大きく成長する2歳前後の子どもは、自我が芽生えて好き嫌いがでてくる時期。ジャンプが怖くて嫌がる子どももいるのです。

瞬発力などジャンプで身につく運動能力

ジャンプには、飛び跳ねるジャンプと飛び降りるジャンプがあります。

飛び跳ねるジャンプをなんどもすると、膝を曲げたり伸ばしたり、身体を縮めたり伸ばしたりする柔軟性や瞬発力が備わり、両足で着地できるようになると両足を中心とする筋力が向上します。

また、飛び跳ねるためには、腕の振りや足の力の入れ方や動きなど、身体全体をタイミングよく連動させるため、身体の動かし方が上手になります。

飛び降りるジャンプを何度もすると、瞬発力や身体をタイミングよく連動させることが上手になります。

また、階段を一段一段ゆっくり下りていたのが、ジャンプできるようになるとぴょんと簡単に下りることができるようになり、段差を下りるスピードが一気に速くなります。

子どもがジャンプをできるまでのステップ

ステップ1「膝の曲げ伸ばしができる」

子どもは10か月から1歳5カ月くらになると歩くようになりますよね。実はこの時期からジャンプをするための運動能力がついていきます。

初めは1人で階段の上り下りをさせるなどできませんよね。手をついたりママと手をつないだりしながら上り下りできるようになってから1人で階段の上り下りをするようになります。

段差の上り下りをするのに膝の曲げ伸ばしが自由にできて、同時にバランスを崩さないようになることが、ジャンプの前段階です。

「トントンジャンプ」といって10~15cmの高さから片足ずつ「トントン」と着地できるようになるためには、手をつないで段差や階段の上り下りをして足への体重の乗せ方を身につけさせることから始めるのがよいでしょう。

ステップ2「腰を落としてから跳ぶ」

1歳6カ月~2歳5カ月くらいになると歩行が安定して走るようになります。 この頃になるとジャンプの練習をすることができます。

まずは子どもにジャンプという動きをイメージしてもらうことが大切です。ママが説明しながらジャンプのお手本を見せてあげましょう。ママが楽しそうにジャンプしたり、公園で楽しそうにジャンプしている友達を見ると、イメージがわいてジャンプしたい気持ちが大きくなりますよ。

上手に飛び上がるためには、腰を落とした状態から、すでに身についている膝の曲げ伸ばしを使ってジャンプするという流れを覚えてもらいます。初めは片足ずつ上がってしまい「タタッタタッ」とジャンプしてしまう子もいるのですが、両足を同時に地面から離すということを教えてあげましょう。

ステップ3「足の関節を使い着地をする」

2歳6カ月~3歳10カ月は、走れるようになる時期です。ついに上手なジャンプができるようになります。

ジャンプをするには、足首、膝、腰を上手に使って体への衝撃を和らげながら飛ぶことが大切です。うまく体の動きを連動させられるように見てあげましょう。

また、大きなジャンプをするには腕の振りが欠かせません。膝と腰を曲げてから、肩から先の腕を前後に振って勢いをつけながらジャンプをします。

縄跳びや線を飛び越えたり、フープを地面に並べてフープからフープへ飛んだりと、目的をもってやるのもよいですよ。また、ママが一緒に「ぴょぴょん」といってあげたり「上手だね」「頑張ってるね」などと声をかけてあげたりして、ジャンプが楽しいと感じるようにしてあげましょう。

親子で楽しみながらジャンプの練習をしよう

ロープを使ってまたぐことから始める

両足ジャンプが苦手な子やできない子は、またぐ練習から始めてみましょう。

まず、床上10cmのところにロープ(縄跳びでも可)を張ります。まずはそのロープをまたいでみましょう。それからロープの本数を増やして、またぎながら前に進んでいきましょう。

次は、ハードルを飛ぶように、走りながらロープをまたいで進んでいきましょう。この練習ではジャンプの形にこだわらなくて大丈夫です。

これと並行して、膝を曲げて腰を落としてからジャンプすることも教えます。ママが補助しながらジャンプすることから始めて、1人でその場で連続した両足跳びができるようにしましょう。

最後に、前に向かってジャンプをして、ジャンプしながら前に進めるということを教えてあげましょう。

テレビ番組を見てジャンプを促す

なかなかジャンプをしない子には、ジャンプをしたいと思うきっかけを作りましょう。

未就学児向けの教育番組は、子どもが一緒に歌ったり踊ったりしながら楽しむようになっていますよね。番組を楽しんでいるうちにジャンプも習得していたということも珍しくはありません。

しかし気質により、一緒に動いて楽しまずに見ているだけの子どももいます。そんなときは「一緒に踊ろう」と促したり、手助けして動かしてあげたりしましょう。しかし無理強いはしないでくださいね。

子どもが動かなければママが楽しく歌ったり踊ったりすればよいのです。しかしそれでも動かない子どもはいます。それでもよいのです。すぐではなくても、どこかのタイミングで一緒に動きだす時期がやってきますよ。

手を繋いでカエルさんごっこ

ジャンプのイメージをつける遊びの「カエルさんごっこ」を紹介します。

まず、ママと子どもが向かいあって立ちます。子どもは手をあげてママが手首を持ち「カエルさんだよ、ぴょーん、ぴょーん」と子どもを引きあげたり下ろしたりします。同時に着地のタイミングや膝の動きがわかるように声をかけてあげましょう。

カエルさんジャンプを繰り返すことに慣れてきたら、今度は前や横に移動させながらジャンプさせてください。

次にジャンプして飛び降ります。子どもを段差の上に立たせ、ママは下で子どもと向かいあい、両手をつなぎます。「カエルさんみたいに飛んでみようね」といって「せーの」で段から飛び降ります。同時に膝を曲げて腰を落としてからジャンプするように声をかけてあげましょう。

まとめ

子どもがジャンプをするための体の発達や、ジャンプの練習方法を紹介しました。

ジャンプをするためには、体や運動能力の成長とジャンプを楽しみたいという気持ちが必要です。楽しそうにジャンプをする姿を見せたり、テレビの真似をしたりしながら、ジャンプを楽しむ心を育てることも大切です。

遊んでいるうちにいつの間にかジャンプが身についている子もたくさんいます。周りの子がジャンプできるからと焦らず、子どもに合わせて教えてくださいね。ママが必死になりすぎず一緒に楽しみながら練習していきましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj