就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもがジャンプをする年齢はいつ?練習方法や楽しめるグッズを紹介

子どもがジャンプをする年齢はいつ?練習方法や楽しめるグッズを紹介

幼児期になると、健診で「ジャンプができますか?」と聞かれることがありますね。一般的に何歳くらいでどんなジャンプができるようになるものなのでしょうか?そこで、子どもがジャンプをする年齢、ジャンプの練習方法と注意点、ジャンプしたくなるグッズや動画を紹介します。

子どもがジャンプをするようになる年齢

ジャンプをする目安は2歳前後

運動機能の発達は個人差が大きいので、我が子が周りの子どもよりもちょっと何かができないだけで、不安になるパパやママは少なくないようです。運動は子どもの好き嫌いによっても、少なからず、差が出てしまいます。

お友達がやっているからといって、無理強いすることなく、温かく見守ることが大切ですね。ジャンプは、大体1歳4カ月~2歳8カ月くらいまでの間に、おおよそ8割の子どもができるようになるといわれています。

ジャンプに興味が持てる環境にすることも、子どものジャンプを上手にするコツでもあります。うまく遊びながら学べる環境を作ってみてくださいね。

運動機能の発達で不安になる場合は、自治体の子育て支援センターやかかりつけの小児科などで相談するとよいでしょう。

幼児ができるジャンプは2種類ある

子どものジャンプは2種類あります。一つ目は、子どもが楽しそうにピョンピョン跳ねている、飛び跳ねるジャンプ、二つ目は、ソファーや階段などからドーンと降りる、飛び降りるジャンプです。

飛び跳ねるジャンプは1歳4カ月~2歳8カ月でできるようになることが多いですね。1人で立てるようになって、バランスを維持できるようになったら、飛び跳ねるジャンプができるようになる時期です。

飛び降りるジャンプは1歳3カ月~2歳くらいでできるようになることが多いです。少しの段差から両足を揃えてジャンプします。

中には、飛び降りるジャンプに恐怖を強く感じてしまう子どももいます。遊びの中で楽しんで習得できるように、見守りましょう。

個人差があるので焦らずに見守ろう

幼児期は、言語面でも運動面でも、発達の個人差は大きいものです。分かっていても、周りの子どもができるようになると不安になり、何かをやらせなくては…と不安にとらわれ、焦ってしまうことも少なくありませんね。

ジャンプにおいては、幼稚園でできるようになったよという話もよく聞きます。お友だちと楽しく遊んでいるうちに自然とできるようになることも多いようです。

練習、練習と焦らずに、子どものペースで運動ができているようならば、やさしく見守ることも大切ですね。

でも、どうしても不安…うちの子のジャンプはほかの子とちょっと違う…などと思うときには、子育て支援センターや小児科医に相談しましょう。また、ジャンプばかりし過ぎるときも、相談をしたほうがよい場合があります。

子どものジャンプの練習方法と注意点

簡単なジャンプのきっかけを作ろう

何でもきっかけは大切ですね。子どものジャンプも、恐怖心なく、楽しくできるようなきっかけを作りたいです。

基本的に子どもにジャンプの練習は必要ありません。子どもの体がジャンプできるまでに発達していれば、自然とできるようになります。

でも、中には、ジャンプへの恐怖心や興味の有無で、自分からジャンプをしそうにない子どももいます。そのような子どもには、自然な流れで、少しだけ手を貸すことで、ジャンプができるようになる場合があります。

お散歩をしながら、パパやママと手をつないで一緒にジャンプする、好きな幼児番組やアニメを見て、歌ったり踊ったりしてジャンプを促すなど、楽しい時間の中で、ジャンプができるようになるきっかけを作りましょう。

飛び跳ねや飛び降りジャンプの練習方法

跳び跳ねるジャンプには、膝などの柔軟性や瞬発力の向上、筋力向上、体のバランス感覚の育成などの効果が期待できます。飛び跳ねるジャンプはタイミングを見計らって、体全体を使うので、体の動かし方も自然と身についてきます。

飛び跳ねるジャンプの練習方法は、最初は膝を伸ばしたまま、ピョンピョンと飛んでみます。少しずつ上手になってきたら、片足だけ、膝を曲げてからジャンプなどの練習をしてみましょう。

飛び降りるジャンプには、瞬発力の向上や着地時の衝撃に耐える力の養成、体全体をタイミングよく連動させる力の向上などが期待できます。最初は、飛び降りるときに両手をついてしまうことが多いかもしれません。

練習するときは、最初は両足を揃えて着地するようにサポートしましょう。

ジャンプを練習するときの注意点

幼児期はまだまだバランス感覚が未熟です。飛び跳ねたり、飛び降りたりすることに夢中になってしまうと、バランスを崩しておもちゃを踏んでしまったり、壁に激突してしまうことも少なくないようです。

子どものジャンプの練習は、広い空間で周りを片付けてから行いましょう。安全の確保を最優先にしてくださいね。

特に、飛び降りるジャンプの練習では、パパやママが手を持っても飛び降りることを怖がるようならば、練習する時期が早かったかな~と考えて、練習をお休みすることをおすすめします。

ジャンプに対する恐怖心の強い子どもは、無理強いすると余計にジャンプが嫌いになってしまう傾向があるようです。スモールステップで、ときには休憩しながら、のんびり練習していきましょう。

子どもがジャンプしたくなるグッズや動画

幼児向けトランポリンでいつでもジャンプ

飛び跳ねることで、高い運動効果が期待できるトランポリン。シンプルな軽い運動のように見えますが、全身運動なので結構大変です。

ダイエット器具として使用しているパパやママもいるようですね。レジャー施設などで見かけることも多く、楽しみながら、体幹やインナーマッスル、運動神経を鍛えることができます。

幼児向けトランポリンを選ぶときには、トランポリンで遊べる安全なスペースが確保できるか、耐荷重は何kgなのかを確認しましょう。家庭や子どもに合ったトランポリンを選んでくださいね。

常時出したままにすることが難しい場合は、収納に便利な折りたためるトランポリン、ジャンプにまだ恐怖心がある場合は、手すりがついたトランポリンがおすすめです。

リズム体操やダンスで楽しくジャンプ

サイト上でもたくさんのリズム体操やダンスの動画が公開されています。子どもが喜ぶリズム体操やダンスを見つけて、ジャンプの練習を楽しみましょう。

リズム体操やダンスは雨の日でも室内でできますので、たくさん体を動かしたい子どもにはうれしい遊びですね。そして、家族みんなで楽しめます。ぜひ、パパやママも一緒に体を動かして、ストレス発散しましょう。

リズム体操やダンスには、ジャンプの練習も自然と取り入れることができます。動画のお兄さん、お姉さんやキャラクターのマネをしているうちにジャンプができるようになっていた!ということもあるようですよ。

また、リズム体操やダンスには、振付やジャンプするところを覚えることで、記憶力をアップさせるという効果もあるようですよ。

ジャンプができたら縄跳びに挑戦

縄跳びを取り入れている幼稚園や保育園は多いです。小学校に入っても、体育の授業で縄跳びをすることがありますね。ジャンプができるようになったら、ぜひ縄跳びにチャレンジしてください。

幼児期は飛ぶことと縄を回すことを二つ同時にやるということが難しく、なかなかリズムよく飛べないようです。最初は、地面に置いた縄を飛んだり、パパとママに持ってもらった縄を飛んだりすることから始めましょう。

そのあと、1人で縄を回して飛ぶ練習です。うまく飛べない子どもに多いのが腕ごと縄を回してしまうケースですね。

そうすると縄が安定しないので、余計に飛べなくなってしまいます。肘をわき腹につけて練習するようにサポートしてください。

まとめ

ジャンプができるようになる年齢は、一般的に1歳4カ月~2歳8カ月くらいだといわれています。幼児期の体の発達には個人差があり、ジャンプができるようになる年齢も個人差が大きいです。

ジャンプができなくても、焦らずに、体が発達するのを待つとよいですね。体が発達すれば、生活の中で自然とジャンプができるようになってくるようです。

ジャンプに恐怖心を持っている子どもには、無理強いせずに、暖かく見守ることが大切です。心配な場合は、専門家や小児科に相談するとよいでしょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj