就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

楽しんで通える幼稚園の選び方!チェックしたいポイントを紹介

楽しんで通える幼稚園の選び方!チェックしたいポイントを紹介

我が子にとって、幼稚園が初めて集団生活を経験する場所となることも多いですよね。だからこそ、幼稚園は慎重に選びたいものです。そこで、幼稚園の種類や特徴、幼稚園見学のときにチェックしたいポイントについて解説します。あわせて、幼稚園を決めるときに大切にしたいことについてもご紹介します。

幼稚園にも多くの種類があり特徴も異なる

公立の幼稚園のメリットとデメリット

幼児期の子どもの成長にとって大切な幼稚園は、3歳から小学校に入学する6歳までが対象年齢です。大きく分けると公立、私立、そのほかの幼児教育施設があり、それぞれ特徴が異なります。

公立幼稚園とは、地方自治体が運営する幼稚園のことです。「幼稚園教育要領」により、教育内容がある程度保証されています。

途中退職する先生が少なく、経験豊かな先生が多いのがメリットです。私立の幼稚園と比べて子どもの数が少ない傾向もあり、きめ細かい教育が期待できることもメリットといえるでしょう。

デメリットとしては、送迎バスや給食、延長保育などがない場合があることです。行事も簡素化の傾向がみられ、物足りなさを感じるママがいるかもしれません。

私立の幼稚園のメリットとデメリット

私立の幼稚園は設置者の教育方針によって教育内容が異なり、体操や英語、リトミックなど、それぞれ特色ある教育を行っています。課外活動として、サッカーやダンス、絵画などの教室を実施している幼稚園も多いようです。

また、私立幼稚園の中には同じ系列の小学校や中学校を経営しているところもあり、内部進学がしやすい場合があります。小学校受験を考えているママにとっては、大きなメリットですね。

私立幼稚園のデメリットは、入園料や保育料など教育費が高いことです。しかし、公的支援が充実してきているので、公立とあまり変わらないところもあるようです。一方、公立と比べると職員の途中退職が多く、経験の浅い先生が中心となってしまう傾向もあります。

幼稚園以外の特色ある幼児教育施設

公立と私立の幼稚園のほかにも、様々なタイプの幼児教育施設があります。その一つが、認定こども園です。

認定こども園とは、幼稚園と保育園の両方のよさを持った教育施設のことをいいます。0歳児から小学校入学前の子どもまでが対象です。

園によっては縦割り保育を実施したり小学校との交流を図ったりするなど、それぞれ特色があります。給食や延長保育などのサービスを受けられるところもあるんですよ。

また、認可外の幼稚園も、幼稚園選びの選択肢の一つでしょう。認可外というと敬遠しがちですが、特色ある幼児教育をするためにあえて認可を受けていない園も多いようです。少人数でアットホームな教育を考えているママやパパには、おすすめかもしれません。

幼稚園見学のときにチェックしたいポイント

先生や通っている子どもたちの表情

幼稚園を選ぶときにはパンフレットやホームページで選ぶママやパパが多いようですが、ぜひ見学もしてみてください。実際に幼稚園を見学することで、気がつくこともたくさんあるはずです。

幼稚園見学をするときには、園の教育方針などについて先生の説明を聞くことは大切です。しかし、それ以上に先生や通っている子どもたちの表情を見ると、園の様子が伝わってくるものですよ。

外遊びをしている子どもたちの表情はどうですか?先生たちは子どもにどのように接していますか?

子どもにとっては、幼稚園で初めての集団生活を経験ということも多いはずです。幼稚園に通ってきている子どもたちや先生の雰囲気の中で我が子が楽しい幼稚園生活を過ごせるのか、見学でチェックしましょう。

きちんと掃除や整頓がされているかどうか

幼稚園見学では、掃除や整頓の様子を見るだけでその幼稚園がきめ細かな教育がされているかどうかわかるものです。幼稚園の敷地を入ってから見学が終わるまで、幼稚園の隅々を注意深く観察するとよいでしょう。

清掃場所によって掃除の仕方にばらつきが見られたり、クラスによって整理整頓に差があったりする幼稚園は、園長の教育方針が徹底されていない証拠です。先生方の教育に統一性がない可能性も考えられます。

トイレの便器は汚れていませんか?玄関や下駄箱、廊下の隅に砂埃などがありませんか?教材はきれいに整理されているでしょうか?

子どもたちの制作物にも目を通してみてください。子どもたちの作品や掲示の仕方を見れば、先生方の子どもへの接し方がわかります。

セキュリティや耐震性にも留意を

最近全国各地で起こっている大地震を考えると、いつ、どこで大きな地震が発生するのかわかりません。また、ある日突然不審者が園に侵入する可能性だってあります。だからこそ、幼稚園を選ぶときにはセキュリティや耐震性にも留意したいところです。

耐震性については、すべての幼稚園が同じではありません。現在の耐震基準が満たされているのかも確認した方がよいでしょう。避難訓練を定期的に実施しているかどうかも、大切なポイントです。

セキュリティについても、玄関をオートロックにしている幼稚園が増えてきているようです。それ以外にも、防犯カメラが設置されているのか、屋外で遊ぶときには先生が見守り活動をしているのかなどについても事前に知っておいた方がよいでしょう。

幼稚園を決めるときに大切にしたいこと

条件面が生活スタイルに合っているかどうか

親子とも楽しんで幼稚園に通うためには、家族の生活スタイルに合っている幼稚園を選びましょう。ママやパパが無理をしなければ通えないような幼稚園では、イライラが募るばかりです。

毎日幼稚園バスを利用するのか、園まで送り迎えをするのかによっては、ママやパパの負担は違います。給食がない幼稚園であれば、毎朝のお弁当作りが必要になるでしょう。

また、共働き家庭では延長保育や夏季保育がある幼稚園の方が嬉しいですよね。幼稚園では延長保育を実施していないところが多いようなので、事前に確認した方がよいでしょう。

幼稚園選びの条件はいくつもあります。仕事や経済的な事情、兄弟姉妹のことなどについて少し先のことまで考えて、幼稚園を選びましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC