就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3人目になると不安なパパ。3人育児の楽しい上手な関わり方

3人目になると不安なパパ。3人育児の楽しい上手な関わり方

子どもが増えることに「不安」を感じてしまうというパパは多いものです。生活の負担や将来的な教育費のことを考えると「3人の子どもたちを育てていけるだろうか」と悩んでしまいますよね。3人の子育ては大変ですが楽しくてよいこともあります。3人の子育てを楽しくする関わり方を紹介しますので参考にしてくださいね。

3人目の子どもを持つのが不安な原因とは

増える出費に対応できるか

子どもが多くなると食費や洋服代などの生活費が増えてしまいます。大人数になると電気代や水道代もかかりますよね。

教育費も気になります。大学まで進学すると、一般的に子ども1人あたりの教育費は30,000,000円かかるといわれているので、3人の場合は90,000,000円もかかってしまう計算になります。

このように子どもが増えると将来的に出費も増えることが予想できます。そのため「今の収入で3人の子どもを育てていけるだろうか…」と悩むパパは多いです。

子どもを育てている途中で「お金が足りない!」ということになるくらいなら、初めから3人目の子どもを持つのはやめておこうと思うのは、パパの責任感が強いほどあるようです。不安も強くなるのでしょうね。

体力と時間に余裕がないかも

「子育ては体力勝負」というのは、一般的によくいわれることです。実際に子どもが小さいときは、抱っこしたりおんぶしたりすることも多く疲れてしまいます。

また子どもが歩けるようになると追いかけるのも一苦労です。子どもが走り回るようになると、さらにパパやママも体力を使います。

休日は、子どもから「パパ、一緒に遊ぼう!」とせがまれると、ゆっくり休むこともできません。子どもが1人や2人でも遊び相手になるのは疲れるので、「今以上に子どもが増えるのは無理だ!」と思うパパが多いようです。

子どもが増えると「子ども一人ひとりとゆっくり向き合う時間が取れない」という悩みもあります。体力と時間に余裕がないために3人目を迷うパパも多いのです。

子どもが大人になるときの自分の年齢

3人目の子どもを考えるときは、「3人目の子どもが成人するとき、自分の年は?」と年齢について考えてしまうパパも多いです。子どもが大学へ進学することを考えると、成人する頃が教育費の山場です。

先ほどもお伝えしたように、子育てには多額のお金がかかります。子どもが大人になる途中で、パパが定年退職する年齢なら金銭的にも不安になりますね。できれば在職中に子育てを終えたいと思うパパは多いでしょう。

また「体力が心配」というパパもいます。子育ては体力勝負のところもあるので、年齢が高ければ子どもと遊ぶのも疲れやすくなります。

子どもが成長していくときの自分の年齢を考えると「3人目に踏み切れない」というパパも多いのです。

3人育児の楽しい乗りきり方とは

お下がりの制服や教材を有効活用する

3人の子どもがいると、上の子のお下がりを下の子に回せるというメリットがあります。衣類や教材など有効活用できるものは多いものです。

子どもの成長は早いので、衣類はすぐにサイズが合わなくなってしまいます。上の子のお下がりを順番に下の子に使うことができるので経済的に助かります。

幼稚園などで使う「なわとび」は、子どもの身長に合わせて縄を切って使います。身長が伸びた場合は、買い替えなければいけませんが、兄弟がいると上の子が使わなくなった「なわとび」を使うこともできます。

特に3人兄弟は制服や教材を1人目から2人目、3人目にと順番に使い回すことができるので便利です。小さいころ、下の子は上の子のお下がりを喜ぶことも多いです。

上の子に自主的に家事などを手伝ってもらう

「子ども1人でも子育てが大変なのに、3人になると忙しすぎて無理だ」と思うパパやママは多いですが、3人目が1人目と同じように手がかかるということではありません。

3人目が生まれる頃には、上の子は自分で多少は身の回りのことができるようになっているでしょう。子どもは赤ちゃんの面倒を見たがることが多いので、一緒に遊んでくれたりミルクを飲ませてくれたりするかもしれません。

またパパやママのまねをしたがる子もいるので、洗濯物のたたみ方や掃除などの家事を教えると手伝ってくれるようになります。「上手にできたね」など、上の子たちがやる気のある言葉かけをしましょう。

上の子たちが家事を手伝ってくれると3人目の子育てを楽しく乗り切ることができますよ。

年齢を気にしないで子育てを楽しむ

3人目は年齢的なことが気になるかもしれませんが、3人目だからこそパパやママが楽しめることも多いものです。パパ友やママ友も3人分できるというわけです。

1人目2人目は同年代の人との交流が多かったというパパは、3人目の子育てでは年下のパパたちと出会う機会が増えてくるでしょう。普通に生活していると接することがない年代の人とも友だちになれることがあります。子どもを通じてパパやママの友人関係も広がっていきます。

上の子のときから長く幼稚園などに通っていると、先生やPTA役員の人たちとも顔見知りになっていきます。重要な役を頼まれることもあるかもしれませんが、知り合いが多ければ仕事も円滑に進むので楽しくこなすことができるでしょう。

3人育児にパパが上手に関わる方法

パパは上の子担当の方がよい理由

3人目が生まれると抱っこや授乳など、どうしてもママは下の子に手を取られてしまいます。とくに母乳育児の場合はパパがママの代わりになることはできません。

ママが上の子の担当になると、「赤ちゃんが泣いているから待ってね」「授乳の時間だからひとりで遊んでいてね」などということが増えてしまいます。上の子は「赤ちゃんにママを取られた」と感じてしまうかもしれませんね。

そのため3人の子育てではパパが上の子の担当をする方がよいです。パパなら上の子の要求をすべて受け入れて遊びに付き合うことができるでしょう。

気持ちが安定すれば上の子は下の子に優しく接してくれます。3人の子育ては、ママが下の子でパパが上の子を担当する方がおすすめです。

ときには育休をとるという選択肢も

どうしても子育てが大変なときは育児休暇をとることも考えておきましょう。最近はパパが育児休暇などを取得する家庭も増えています。子育てに理解を示してくれる企業も増加傾向にあります。

出産後のママは安静にしておいた方がよいですし、ママだけに負担がかかると体調を崩してしまうこともありますよ。子どもが3人いると体調が悪くても休養する時間が取れないものです。

近くに子育てをサポートしてくれる実家などがあると助けてもらうこともできますが、核家族の場合はそうはいきません。

夫婦で3人の子育てを乗り切ることになります。パパは事前に会社の育休の仕組みを調べたり、上司に家庭の状況を伝えたりしておけば、困ったときに休みやすいかもしれませんよ。

3人の子どもたちの社会を見守る

兄弟は2人のときよりも3人になった方が社会性が生まれます。家庭内ではありますが、この小さな社会での学びが大切だともいわれています。

小さいうちはまだ人の気持ちを考えることができず自己主張が強くなります。兄弟げんかが始まることもあるでしょう。

パパやママがすぐに止めに入るのではなく、子どもたちの様子を見守るようにしてみましょう。たとえば子ども3人のうち2人がけんかを始めたら、3人目の子が解決しようとすることもあるでしょう。

「意見が違ったときにどうすればよいか」ということを子どもたちが学ぶよい機会になります。相手の気持ちも考えられるようになるでしょう。

危険を感じるとき以外は、3人の子どもたちの社会を見守るようにしましょう。

まとめ

子どもが増えると経済面が心配になりますよね。またパパやママが年をとると体力が衰えるので、子育てをしんどく感じてしまうかもしれません。

しかし、3人目の子育てはよいところもあります。上の子のお下がりが使えるので出費が抑えられますよ。また子育て中に年齢を超えたパパ友やママ友に出会えるというメリットもあります。

家庭で小さな社会ができるので子どもの発達にもよい影響を与えます。子ども一人ひとりに寄り添いながら子育てを楽しみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj