就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠中や産後ママに人気の骨盤ベルト!着ける時期や正しい巻き方

妊娠中や産後ママに人気の骨盤ベルト!着ける時期や正しい巻き方

骨盤ベルトは出産してから着けるものだと思っているママが多いですが、妊娠中から活用することで、さまざまなよい効果があるのはご存知ですか。しかし、着け方が難しいものもあり、途中で着けるのをやめてしまうママもいますよね。骨盤ベルトを着け続けられるように、簡単な着け方や人気の骨盤ベルトなどをご紹介します。

骨盤ベルトが妊婦に必要な理由を知ろう

妊娠すると骨盤を支えるじん帯が緩む

女性は妊娠するとリラキシンというホルモンがたくさん出て、じん帯が緩むといわれています。じん帯が緩むと骨盤をしっかり支えられなくなるので、骨盤の位置がズレてゆがんでしまいます。

リラキシンというホルモンは、妊娠中だけでなく、産後も出続けるため、妊娠中から産後数カ月の長い期間、骨盤は不安定になりやすい状態になるのです。

じん帯がゆるんでいる状態のまま、かばんや荷物などをいつも同じ側の手で持ったり、お姉さん座りをしたりして正しい姿勢ができていないと、骨盤はどんどんズレていってしまいます。

じん帯が緩むのは妊娠中や産後は仕方のないことなので、骨盤ベルトを着用して毎日正しい姿勢を保てるようにしましょう。

骨盤のゆるみで腰痛や難産などのトラブルも

昔はお尻が大きいと「安産になりやすい健康的な体」といわれてきました。しかし、お尻の大きさと安産とは関係のないことが現代では分かっています。

妊娠中のホルモンの分泌によって骨盤が開きすぎていたり、姿勢が悪く骨盤がゆがんでいたりすると、腰痛がひどくなるだけでなく難産などのトラブルが起こりやすいといわれているので注意が必要です。

骨盤のゆるみにより子宮が下に下がってしまうことで、腰痛や足の付け根に痛みが出る、尿もれや頻尿になる、便秘や痔になりやすいなどの症状に悩まされているママも多いです。

また、切迫早産や難産になる可能性も高くなるので、生まれてくる赤ちゃんのためにも骨盤ベルトで骨盤を引き締めることが大切でしょう。

骨盤ベルトで骨盤を正しい位置に矯正

先ほどご紹介したような切迫早産、腰痛、産後太りなどを防ぐためには、骨盤ベルトを毎日着けることが重要です。妊娠しているときも骨盤はゆがむので骨盤ベルトで矯正すると、妊娠中のさまざまなトラブルからママの体を守ってくれるでしょう。

骨盤は、体を支える大切な役割をこなしています。しかし、足を組む、肘をついて座る、片方の足に体重を乗せてしまうなど、無意識にしている体のクセによって骨盤は少しずつゆがんでしまうのです。

骨盤ベルトを毎日かかさず着けることで、骨盤を本来あるべき正しい位置に矯正してくれるので、体のクセによってゆがんだ骨盤がまっすぐになりますよ。骨盤が正しい位置にあると、血流がよくなり疲労が溜まりにくくなります。

妊娠出産ママに最適な時期や着け方は?

妊娠後期の着用で腰痛や難産予防に

「妊娠初期の頃は、つわりなどで体調が悪く骨盤ベルトを買う余裕がなかった」というママもいるでしょう。骨盤ベルトは妊娠後期から着け始めても遅くはありません。

妊娠後期に入ると、お腹のなかの赤ちゃんが成長するとともにママのお腹も大きくなりますよね。ママは大きいお腹を支えるために、反るような姿勢をとりがちなので腰痛に悩む方も多いでしょう。

骨盤ベルトは大きくなったお腹を支えるので、腰痛からママを守ってくれます。歩くのが辛くなるくらい腰が痛い方は、骨盤ベルトを着けるだけでも体の負担が軽く感じますよ。

また、難産予防にも骨盤ベルトはよいといわれています。難産になると赤ちゃんやママの命が危ないこともあるため、よいお産を目指して早い時期から着用するとよいですよ。

骨盤ベルトの着ける位置や着け方

「骨盤ベルトを持っているけれど、着け方がよく分からない」というママも多いかもしれません。正しく着用しないと効果を得ることが難しいので、着ける位置や着け方などに注意しましょう。

骨盤ベルトの着け方はベルトの形などによっても少し違いがありますが、お腹を圧迫するような着け方をしないように気をつけましょう。骨盤を引き締めるためには、両方の骨盤から恥骨に向かって手をスライドさせて、下からお腹を支えられるように着けるとよいですよ。

後ろの部分は、骨盤から少し斜め下に手をスライドさせると仙骨にあたります。そのあたりにベルトの位置がくるように意識します。着ける前に仰向けに寝て(腰の部分にクッションなどを置く)下がった内臓を元の位置に戻すとより効果があるでしょう。

産後につけることでダイエット効果も

骨盤ベルトは、骨盤をしっかり引き締めて腰痛や難産などを防ぐだけでなく、出産後のダイエットにも効果があるといわれています。

赤ちゃんを出産すると自然と妊娠前の体型に戻ると思っていたのに、「妊娠前より下半身が太った」「妊娠前の体重になかなか戻らない」など、産後太りに悩んでいるママは多いですよね。

骨盤が開いたままだと開いた骨盤の周りに脂肪がついてしまうので、下半身が太くなりやすい状態です。骨盤が引き締まると血流がよくなるので、脂肪を燃焼しやすくなりますよ。

また、妊娠中に下がった内臓を本来あった位置に戻す効果もあります。内臓が本来の機能をしっかり果たすことで、産後のダイエットが成功しやすいでしょう。

マタニティママに人気の骨盤ベルト3選

定番となっている「トコちゃんベルト」

トコちゃんベルトはネット通販や直営店だけでなく、産婦人科でも購入することができるので妊娠中のママには定番の人気がありますよね。直営店や産婦人科では、専門の講習を受けたスタッフや助産師の方に骨盤の状態をチェックしてもらえます。

ママの骨盤の状態に合ったベルトを選んでくれるだけでなく、着け方も丁寧に教えてくれるので購入してからも安心して着用できますよ。ベルトの素材もやわらかく洗濯も可能なので、妊娠中の敏感なお肌に着用しても肌荒れの心配も少ないでしょう。

妊娠初期から産後だけでなく、そのあとも長く活用できるものです。自分の骨盤に合ったものをスタッフの方に選んでもらえるので、安心して着用できますね。
29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC