就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ノンカフェインのアイスティーはあるの?ママの紅茶時間を楽しもう

ノンカフェインのアイスティーはあるの?ママの紅茶時間を楽しもう

アイスティーを飲むときにカフェインの量が気になるママもいるでしょう。コーヒーならノンカフェインタイプを見たことがあるけれど、アイスティーにもあったら嬉しいですよね。ここでは、カフェインのメリット・デメリット、妊娠中や授乳中は飲んでよいのか、おすすめの紅茶ブランドをご紹介します。

紅茶とカフェインについて知りたいこと

ノンカフェインとデカフェの違いとは

ノンカフェインのアイスティーについてご紹介する前にまずは、ノンカフェインとデカフェの違いをご紹介します。

どちらもカフェインが含まれていないというイメージがありますが、デカフェはもともとカフェインが含まれていないノンカフェインとは違い、カフェインを除去して作られており、ごく僅かですがカフェインが含まれています。カフェインレスやカフェインフリー、といわれているタイプもデカフェと同じように、カフェインを除去して作られたものです。

日本には、デカフェの表示義務にカフェイン含有量の基準がなく、どのくらい含まれているのかをはっきりと知ることはできません。少しでも「カフェインを摂取したくない」というママは、ノンカフェインを選ぶと安心です。

カフェインのデメリットについて

カフェインは「健康にあまりよくなさそうだし摂らないほうがよいだろう」と、特に理由も分からず避けているママもいるのではないでしょうか。カフェインが健康によくないといわれるのは、以下のような理由があるからです。

・眠れなくなる
・トイレが近くなる
・脱水
・神経過敏になる
・頭痛
・心拍数の増加
・不安になる
・吐き気がする
・下痢
・貧血

眠れなくなるというのは、多くのママがご存知のことだったと思いますが、ほかにも色々意外なデメリットがあるのですね。

ただ、上記のような症状が考えられるのは摂り過ぎた場合の可能性です。カフェインを含む紅茶やコーヒーなどを1日に1杯程度飲んだぐらいでは健康に影響することはないでしょう。

カフェインにはメリットもある

カフェインには以下のようなメリットがあります。人によっては、先ほどご紹介したデメリットがメリットになる場合もあるでしょう。

・眠気を覚ます
・体内の老廃物を排出する
・集中力を高める
・運動能力の向上
・鎮痛作用
・油の分解を助ける

デメリットに眠れなくなるということがありましたが、眠気を覚ましたくないときにはメリットですよね。また、覚醒作用は自律神経の働きを高めることにもつながります。血行促進や代謝促進、その結果ダイエットの効果も期待できるようです。ほかにも、利尿作用は高血圧の解消やむくみ改善効果が期待できます。

健康に悪いから飲まないほうがよいということはなさそうですね。ただ、摂り過ぎるとメリットを活かせないので注意しましょう。

ママとカフェインの賢い付き合い方

妊娠中から授乳期に飲める紅茶の量とは

カフェインの摂取は、妊娠中は胎盤を介して、妊娠中は母乳を介して赤ちゃんの健康や発育に影響があるといわれています。「紅茶はカフェインが少なそう」と油断しているママもいるかもしれませんが飲み過ぎには気をつけましょう。

紅茶の浸出液には100ml当たり30mgとコーヒーの半分程度のカフェインが含まれています。世界保健機関では妊婦に対しコーヒーを1日3~4杯まで、英国食品基準庁では1日200mg(コーヒーをマグカップで約2杯)にするよう呼びかけています。

紅茶で考えると5~6杯までが上限です。カフェインの摂り過ぎは流産や新生児が低体重のリスクを高める可能性があるともいわれています。個人差もありますので、できるだけ控えたほうがよいかもしれませんね。

カフェインが含まれたスイーツにも注意

スイーツにも紅茶のクッキーやコーヒーゼリー、抹茶アイスなど、カフェインが含まれたものはたくさんあります。「どれも好きだし毎日でも食べたい」と思うママは多いのではないでしょうか。

茶葉やインスタントコーヒーはそのままだと浸出液よりもカフェイン含有量が多いです。紅茶や抹茶が使われているスイーツの色々なレシピを見ると、大量に混ぜるレシピはほとんどないので心配の必要はなさそうですが、問題がないとはいいきれませんので念のため食べ過ぎには注意しましょう。

ほかにも、スイーツによく使われるココアやチョコレートにもカフェインが含まれています。スイーツを食べたいときは、ノンカフェインのドリンクにしてカフェインを控える工夫をするとよいかもしれません。

妊娠中から授乳期はデカフェ紅茶の選択を

カフェインの含まれた紅茶も、飲み過ぎなければ問題ないと考えられていますが、色々な国で妊娠中や授乳中は摂り過ぎることに対して注意喚起がおこなわれています。少しでも悪影響の可能性があるなら飲まないほうが安心ですよね。

しかし「紅茶を飲まないとイライラする」「妊娠前は毎日飲んでいたから、急に飲まないというのは落ち着かない」というママもいるでしょう。そんなママは、デカフェ紅茶を選んでみましょう。

デカフェ紅茶は味にもの足りなさを感じるのではないかと思われがちですが、種類も多く、意外に紅茶の味をしっかりと感じることができますよ。また、正しい淹れ方をすれば、より味わいが増しますので、試してみてくださいね。

おすすめのデカフェ紅茶ブランド三選

カルディで購入できる「ティーブティック」

ティーブティックの「やさしいデカフェ紅茶」シリーズは、「超臨界二酸化炭素抽出法」という安全な方法で、カフェインが除去されています。

セイロン、レモン、ピーチ、マスカット、アップル、アールグレイなど様々なフレーバーのデカフェ紅茶があるので、ゆっくり一息つきたいとき、疲れたときの気分転換に、1日の始まりに気合を入れたいときなど、気分に合わせて選ぶと楽しいですよ。ティーバッグタイプなので、お湯を注いで簡単に作ることができます。

このティーブティックのやさしいデカフェ紅茶はカルディでも購入できるようです。取り扱いの種類は店舗ごとに異なるようなので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。店舗だと送料がかからないですよ。
29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC