就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママ会で着る服装を考えよう。場所や季節別のコーデのポイント

ママ会で着る服装を考えよう。場所や季節別のコーデのポイント

ママ会に誘われたものの、どんな服を着ていけばよいのか迷うというママもいることでしょう。不自然な服装をして変な噂は立てられたくないですよね。そこで今回は、ママ会で装いたい服装やシチュエーション別のポイント、季節や年齢に合ったコーデなどについてご紹介します。

ママ会で装いたい服装について考えてみよう

目指すのは「おしゃれで素敵なママ」の装い

ママ会では、周りから自分はどう思われたいかというイメージをはっきりとさせて、そのイメージに合うように服装を考えてみることが大切です。周りから「おしゃれで素敵なママ」だと思われたい場合、さりげなく流行を取り入れるとよいでしょう。

全身、流行を追ったスタイルだと、流行り物好き、新しい物好きだと思われてしまうかもしれません。シンプルにまとめた服装に、1点だけ流行を取り入れる方がアクセントになりますし、ママ友からの好感度もアップすることでしょう。

色が地味になってしまう場合は、ベルトやバッグなどの小物で華やかさを足してみるのもよいですね。全身が派手になると、「◯◯ちゃんママって派手」というような陰口をたたかれる可能性もあります。

はじめは無難に、慣れてきたら自分らしさを

幼稚園や保育園の送迎で園に行くときは、比較的無難な服装で出かけるというママが多いことでしょう。ママ会に誘われたときも、最初はなるべく無難だけれど清潔感のある服装を心がけたいですね。

「出る杭は打たれる」ということわざにもあるように、最初から個性を前に出した服装をしてしまうと、周りから浮いてしまう可能性があります。ママに悪い評判がたつと、子どもの園生活にも影響をおよぼすかもしれません。

最初は無難な服装を心がけ、仲良しのママ友同士で集まるようになったときに自分らしさを表現した服装を楽しむのもよいですね。ママの人間性をすでに理解している仲良しのママ友であれば、ママらしい服装を見ても自然と受け入れてくれるはずです。

時間帯や場所、目的でスタイルを変えて

ママ会が行われる時間帯や場所、目的によってスタイルを変えるように心がけましょう。意識せずにちぐはぐな服装をしてしまうと、周りのママから「状況に合わせられないのかな」と疑問に思われてしまうかもしれません。

自分らしい服装をするのが一番ですが、ランチ会なのか飲み会なのか、レストランの雰囲気はカジュアルなのか高級感ある場所なのかなどによっても適した服装は変わってきます。

ママ会が行われる場所がわかったら、インターネットでサイトをチェックしてどのような雰囲気の場所なのか、口コミなどを読んでみると参考になることでしょう。

その場に行っても浮くことがないよう、TPOをわきまえた服装を意識したいですね。

シチュエーション別にポイントを紹介

近所のカフェや居酒屋は程よくカジュアルに

ここでシチュエーション別に服装のポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

まず近所のカフェでランチ会もしくはカフェ休憩をする場合は、清潔感のあるカジュアルな服装を目指すようにしましょう。シンプルなシャツにジーンズといった服装も快活な印象を与えるのでよいですね。

夜、居酒屋で集まる場合は地味過ぎず派手過ぎない、カジュアルな服装がベストです。シンプル過ぎる場合は、ベルトやスカーフ、バッグなどの小物で華を添えるのも一案です。小物使いがおしゃれだと、ママ友に好印象を持ってもらえるかもしれません。

居酒屋で座敷席の場合は、素足にならないようストッキングもしくは靴下の着用を忘れないようにしたいですね。座りにくいミニのタイトスカートもNGです。

ホテルやレストランはきれいめを意識して

ホテルやレストランで行われるママ会の場合は、きれいめの服装を意識するようにしたいですね。ジーンズにTシャツといったカジュアルウェアだと、場の雰囲気に馴染めない可能性がありますよ。

できればワンピースやブラウスにスカートといった、きれいめで落ち着いた印象の服を選びましょう。スカートが苦手なママの場合は、パンツスーツのようなスタイルでもOKです。

普段カジュアルばかりできれいめの服装をしないというママでも、万が一に備えクローゼットに用意しておくようにしたいですね。1着でも用意してあると、突然誘われたときでも焦らずに済みますよ。

足元もスニーカーではなく、できればヒールの靴を用意しておきたいですね。

お家なら華美過ぎないコーデと「足元」

仲良しのママ友同士でお家で集まることもあるでしょう。お家に招待された場合は、華美過ぎないコーデが必須です。

できればきれいめの普段着でお邪魔したいですね。Tシャツにオールインワンやロングスカートを合わせたり、チュニックにレギンスを合わせたりするのもよいですね。程よくリラックス感があり、立ったり座ったりしても足元が気にならない服装がおすすめです。

食器を下げたり洗ったりしやすいよう、袖が邪魔にならないトップスを選びたいですね。また、子どもと招待された場合は、子どもに服を汚される可能性もあるので、ダークカラーの服だと安心です。

足元は素足にならないよう、靴下を履くようにしましょう。サンダルで来ても部屋に上がるときに靴下を履くなどの配慮が大切です。

季節や年齢に合うコーデを取り入れよう

春夏は気温差を考え、小物をアクセントに

春は朝夕の気温差があるので、上にカーディガンやジャケットを羽織ることもあるでしょう。せっかく春らしいおしゃれなトップスを着ていても、上に羽織り物を着てしまうと季節感も台無しですよね。

また夏は屋内に入るとエアコンで涼しいため、冷え対策でカーディガンを羽織るママもいることでしょう。しかしこれでは季節感を演出しにくいのが難点です。

春夏に季節感を演出したい場合は、小物をアクセントにしてアピールしてみるのもよいでしょう。たとえば頭に麦わら帽子を被ってみたり、かごバッグを持ってみたりするのもおすすめです。スカーフをゆるく首回りに巻いてみるのも素敵です。夏のエアコン対策にもなります。

小物を上手に使って季節感を演出してみてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC