就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

女の子の赤ちゃんの立つ髪の毛を直そう!理由と可愛くごまかす方法

女の子の赤ちゃんの立つ髪の毛を直そう!理由と可愛くごまかす方法

ママとしては、女の子にはいつも可愛くいてほしいものですよね。「最近赤ちゃんの髪の毛が伸びてきて、立つようになってしまった。可愛らしくセットしたいけれど、それほど長くのびていないし…。」と悩んでいませんか? そんな困っているママのために、いくつか解決法をまとめてみました。

赤ちゃんの髪の毛が立つ理由とは?

髪の毛が軽く静電気が起きやすい

赤ちゃんの髪の毛は軽いため、衣服やシーツにこすれると静電気が発生します。お部屋の中の湿度は、静電気の発生しづらい湿度(50~60%)を保てるようにしてみましょう。

湿度が低く乾燥がひどいときには、加湿器を使ってみるのもよいですね。冬場は洗濯ものや、ぬれタオルなどを部屋干しするのもおすすめですよ。気候のよい季節には、部屋に外の風を入れて湿度を自然に近く保つよう心がけましょう。

寝具にも気を使って、なるべく天然素材のものにするなど、静電気の起きづらい環境にするとよいかもしれません。赤ちゃんの着る服も、なるべく天然素材のものにすると、お肌のためにもなりますよ。なるべく赤ちゃんが心地よい環境にしましょう。

髪質や生える向きが関係している

赤ちゃんの髪の毛は、1人1人ちがうもの。生える向きも、下向きの子もいれば、上に向かって生えている子もいます。

とくに上に向かって生えている赤ちゃんは、髪の毛が逆立って見えてしまいます。髪質がしっかりとした赤ちゃんだと、なおさらそうなりがちです。女の子のママは、気になってしまうかもしれませんね。

上に立っている髪の毛も、期間限定のものと考えて、赤ちゃんらしくて可愛いと考えてみてはいかがでしょうか。なにごとも気の持ちようです。大きくなって髪の毛が長くなれば、逆立ちも徐々に収まってくるでしょう。

しかし中には、女の子らしくなくていやだと切実に悩んでいるママもいるかもしれませんね。女の子らしい帽子や髪飾りをつけてみてはいかがでしょうか。

「神経質になる」や「母乳の影響」は迷信

赤ちゃんの毛が逆立っていると神経質になる、などといわれるのは迷信です。それが本当なら、世の中神経質な人ばかりになってしまいますよね。もしそんなことをいわれても、ふふふと笑っておおらかに構えましょう。

母乳の影響で髪の毛が逆立つというのも迷信です。でももしかしたら、科学的根拠のないことでも相手の気持ちを考えずにいってくる人がいるかもしれません。迷信だとわかっていても、自分の母乳が影響しているなんていわれたらショックですよね。

でも、あなたの赤ちゃんがとても可愛くてうらやましいからそんなことをいってくるのかもしれませんよ。「神経質になる」や「母乳の影響」は迷信だと心にとめ、何かいわれてもあまり気にせずに赤ちゃんの成長を楽しみましょう。

赤ちゃんの髪の毛が立つときの対処法

少量のベビーオイルをつけてから乾かす

赤ちゃんの髪の毛の整え方として少量のベビーオイルをつけるというやり方があります。ママの手にベビーオイルを少量とり、赤ちゃんの毛先になでつけましょう。なるべく天然素材のものがよいです。

なかなか髪の毛が収まらないかもしれませんが、つけすぎないようにしましょう。お肌にも負担がかかるかもしれません。赤ちゃんの髪の毛が整う量に気をつけて、つけてくださいね。

ママやパパは整髪料をつけられますが、デリケートな肌の赤ちゃんにはリスクがともないます。一緒に使えると便利だからと、くれぐれも大人用の整髪料を赤ちゃんにはつけないように気をつけましょう。ドライヤーの熱風にも注意してくださいね。お風呂上りなど、忙しなくしているときにはとくに気をつけましょう。

湿度の調整や静電気が起きにくい服を選ぶ

赤ちゃんは汗っかき。こまめなお着換えや、部屋の湿度の調節にも気をつかいましょう。髪の毛の逆立ちが起こりづらいように、静電気の起きにくいベビー服を選んでみてはいかがでしょうか。

なるべく天然素材のものがお肌のためにもよく、静電気も起こりづらいようです。赤ちゃんの健康のためにも心がけるようにしましょう。

赤ちゃんをだっこするママの服も、なるべく天然素材のものでそろえてみるとよいかもしれません。赤ちゃんがほおずりするときもあります。全身は難しくても、せめてママの上半身だけ、または胸の部分だけでも天然に近い素材のものにできるとよいですね。

ママと赤ちゃんのお揃いの服もあります。赤ちゃんのベビー服と、ママのシャツがお揃いだと素敵ですね。

生え変わるまでの期間限定と思って楽しむ

「赤ちゃんの髪の毛が立ってしまった」と嘆き悲しんでいるママより、「期間限定だし可愛いかも」と前向きに、おおらかにとらえられるママのほうが素敵です。赤ちゃん本人はもちろん全然気にしていませんよね。目に入ってしまったりしないのであれば、少し伸ばしていても可愛らしいですよ。

記念に、髪の毛が立っている赤ちゃん時代の写真をたくさん残しておいてもよいかもしれませんね。大きく成長したあとに見てみると、懐かしく思い出すことになります。

赤ちゃんが成長していくと、またほかに色々と悩みも出てきますよ。おむつがなかなかはずれない、しゃべるのが遅い、なかなかお友だちと仲よくできないなど、色々です。好き嫌いやアレルギーの悩みも出てくるかもしれません。

女の子の立つ髪の毛はアレンジでごまかせる

可愛いヘアピンやヘアゴムでアレンジする

赤ちゃんだって、女の子らしくいてほしいですよね。赤ちゃん用のヘアアクセサリーやリボンなどを使って可愛くアレンジしてみましょう。逆立った髪の毛を上でリボンを使ってしばってもよいですね。頭にリボンをたくさんつけた赤ちゃんも可愛いですよ。

また、赤ちゃん用の可愛いヘアピンやヘアゴムで、髪の毛を飾ってもよいですね。市販のものもありますが、100均などで飾りのないぱっちんどめを買ってきて、ママが布でくるんでも、可愛いヘアピンができます。くれぐれも、赤ちゃんに危なくないように注意しましょう。

外出が難しければ、ネットでも可愛い赤ちゃん用ヘアアクセサリーは手に入ります。海外のものなどでも可愛らしいものがあるようですよ。

1歳を過ぎたらヘアバンドを使ってもOK

1歳を過ぎたらヘアバンドをしてもよいでしょう。それまでは、赤ちゃんの頭に負担をかけるような飾りはひかえたいものですね。お宮参りのときなどにつける、ゴム製のヘアバンドならば、赤ちゃんにも使えます。

ですが、万が一ということもあるかもしれないので、ヘアバンドは信頼できるお店で購入したものにしておきましょう。赤ちゃんの体の中で一番気を付けなければならないのは、頭です。くれぐれも頭に負担がかからないものを選びましょう。

1歳を過ぎたら、子ども用のヘアバンドデビューができるようです。ヘアバンドをした女の子は可愛いですよね。頭がしっかりしてくるまで、待ってみましょう。ディズニーランドのミニーマウスのようにアレンジしても可愛いですね。

切るのを我慢して髪の毛が伸びるのを待つ

赤ちゃんの髪の毛は、すぐに生えてくる子もいれば、ゆっくり生えてくる子もいるもの。そのときどきに応じたアレンジで、例え髪の毛が立っているとしても、赤ちゃん時代を楽しみましょう。

女の子なら少し伸ばしてみたいな、と思うママも多いでしょう。赤ちゃん用のヘアアクセサリーをつけたり上手にアレンジしたりして、気長に待ってみましょう。長く伸びれば立つことも少なくなります。乾かしかたに気をつけて、女の子らしい長い髪の毛にしてみてくださいね。

中には髪の毛が伸びるのがゆっくりな赤ちゃんもいると思います。髪が短くて立っているなんて男の子みたい、と悩むかもしれませんが、女の子か男の子か分からない天使の時期と割り切って、そのときを楽しみましょう。

まとめ

赤ちゃんの髪の毛が伸びてくるまでの様子を、写真に残してはいかがでしょうか。日々のちょっとしたヘアアレンジの様子などを記録しておくと、成長してから見返して懐かしく思うことでしょう。

毎日成長していく赤ちゃん。髪の毛が立っていても、なかなか伸びなくても、おおらかに構えるママでいたいですね。

ママによって悩みは色々あります。髪の毛が立った赤ちゃんも可愛い個性の一つと考えるとよいかもしれませんね。どうしても気になるときには、環境や衣服に気をつけて、可愛らしくアレンジしてみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018