就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの髪の毛が逆立つのはなぜ?女の子はアレンジで可愛く対処

赤ちゃんの髪の毛が逆立つのはなぜ?女の子はアレンジで可愛く対処

どのような髪型でも我が子なら可愛く感じます。しかし、あまりに酷かったり、外出したりする際には「どうにかした方がよいかな」と気になるかもしれません。特に女の子なら、服と合わせるために髪型も可愛くしておきたいですね。そこで、髪の毛が逆立つ理由や対処するためのアレンジ法をご紹介します。

赤ちゃんの髪の毛が立つ理由を知ろう

髪の毛が軽く静電気が起きやすい

赤ちゃんの髪の毛は軽いため、衣服やシーツにこすれると静電気が発生します。お部屋の中の湿度は、静電気が発生しづらい湿度(50~60%)を保つように心掛けましょう。

湿度が低く乾燥がひどいときには、加湿器を使ってみるのもよいですね。冬場は洗濯ものや、ぬれタオルなどを部屋干しするのもよいでしょう。気候がよい季節には、部屋に外の風を入れて自然に近い湿度を保つよう心掛けましょう。

寝具も、なるべく天然素材のものにするなど気を使うとよいでしょう。静電気が起きづらく、快適に過ごせる環境がよいですね。赤ちゃんが着る服も、なるべく天然素材を意識するとデリケートな赤ちゃんの肌にもよいですよ。なるべく赤ちゃんが心地よい環境を作りましょう。

髪質や生える向きが関係している

赤ちゃんの髪の毛は、1人ずつ違います。生える向きも、下向きの子もいれば、上に向かって生えている子もいます。

とくに、上に向かって生えている赤ちゃんは、髪の毛が逆立って見えてしまいますね。髪質がしっかりとした赤ちゃんだと、なおさらそうなりがちです。女の子のママは、気になってしまうかもしれませんね。

上に向かって生えている髪のは期間限定です。赤ちゃんらしくて可愛いと捉えてみましょう。大きくなって髪の毛が長くなれば、逆立ちも徐々に収まってくるので、赤ちゃんのころが懐かしいと感じますよ。

しかし、「女の子らしくなくて嫌だな」と、切実に悩んでいるママもいるかもしれませんね。女の子らしい帽子や髪飾りでアレンジしてみましょう。

「神経質になる」や「母乳の影響」は迷信

「赤ちゃんの毛が逆立っていると神経質になる」などといわれるのは迷信です。それが本当なら、世の中は神経質な人ばかりになってしまいますよね。もし、そんなことをいわれても、笑っておおらかに構えましょう。

また、母乳の影響で髪の毛が逆立つというのも迷信です。科学的根拠のないことでも相手の気持ちを考えずにいってくる人がいるかもしれません。迷信だとわかっていても、ママの母乳が影響しているといわれると、ショックですよね。

もしかすると、赤ちゃんがとても可愛くてうらやましいから、そのようなことをいってくるのかもしれませんよ。「神経質になる」や「母乳の影響」は迷信だと心に留め、何かいわれてもあまり気にせずに赤ちゃんの成長を楽しみましょう。

不安いっぱい…赤ちゃんのウイルス対策。安心できるウイルス対策とは

PR

好奇心旺盛な赤ちゃんの近くにはウイルスや菌がいっぱい。赤ちゃんのお世話をしながら、ウイルスや菌の対策をしてても「本当にこれで大丈夫かな…」と不安が募るもの。昨今、ウイルス対策グッズの多さに、どれを選べばいいか迷ってしまうママも多いのでは?あったらイイナ!を兼ね備えた次世代の除菌・消臭ミストです。

赤ちゃんの髪の毛の特徴とは

ふわふわとしていて柔らかい

赤ちゃんの髪の毛は、見た目からも分かるように大人とは違います。ママやパパのように太さやコシ、ハリがなく、ふわふわとしていて柔らかいのが特徴です。

生まれて間もない赤ちゃんの髪の毛を産毛(うぶげ)といいます。産毛は、ママのお腹の中にいるときから生えています。赤ちゃんの頭を守るという大切な役割を果たしています。

生まれつき産毛が濃い赤ちゃんもいれば、生まれてからも少ないままの赤ちゃんもいるなど、様々です。

細くて軽い産毛は、上に向きやすくふわふわと立ってしまうこともあります。また、量や生え方によっても見え方が違うことがあります。産毛が立っている赤ちゃんならではの姿は、見ていて思わず触れたくなるほど可愛いものですよ。

生え変わる時期がやってくる

ふわふわの産毛のまま、赤ちゃんが成長していくことはありません。新生児生理的脱毛といって、生後3〜6カ月ごろを目安に、新しい髪の毛へ生え変わる赤ちゃんが多いですよ。新たに生えてきた髪の毛がしっかりした髪の毛へと成長していきます。

産毛が抜けるのと同じタイミングで新しく生えてきたり、産毛がいったん抜けてから新しく生えてきたりと、生え変わり方にも違いがあります。赤ちゃんの枕に抜け落ちた産毛がついていることもあり、それを見て驚くママもいますよ。

生え変わりの時期などにも個人差があります。なかなか、髪の毛が生えてこないと、ママやパパは心配かもしれませんね。しかし、個人差があることを理解して、心配し過ぎず気長に待つとよいでしょう。

赤ちゃんの髪の毛の生え方は様々

生まれてしばらくしても、変化がない赤ちゃんもいます。しかし、一般的に1歳を迎えるころには生え揃ってきますので、ママやパパは焦らなくてもよいですよ。

また、髪質や毛の多さなどは赤ちゃんによって様々です。兄弟姉妹でも差があり、生まれたときから驚くほど濃かったり、3歳くらいになっても赤ちゃんのようにふわふわとした柔らかさがあったりします。

子どもの成長や発達には個人差があるように、髪の毛に関しても個人差があると捉えましょう。

太陽の光に当たると、赤ちゃんの髪の毛が茶色に見えることを気にしているママもいます。茶色に見える理由は、細い産毛は透けやすいからです。太い髪の毛に生え変わると、そのようなこともなくなるでしょう。
39 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND