就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児のお散歩には素晴らしい効果が!親子で散歩を楽しもう

幼児のお散歩には素晴らしい効果が!親子で散歩を楽しもう

ママと子どもがお散歩している光景は微笑ましいですが、小さい子どもは、止まったり座り込んだりしてマイペースなことが多いので一苦労することがあります。そこで、幼児とのお散歩のメリット、効果的なお散歩のしかたや気を付ける点についてまとめてみました。お散歩のよさを知り親子で楽しく歩けたらよいですね。

幼児の散歩にはこんな効果が期待できる

五感を使うことで脳機能が発達する

運動しているときと絵本を読んでいるとき、どちらが脳の動きが活発かといえば、実は運動しているときだそうです。歩くことは簡単にできる運動の一つです。

私たちが無意識に歩いていても、脳は「足を前に出せ」という指令を出し、さまざまな神経で複雑に筋肉を動かし、足が着地すると「着地した」という情報を受け取るなど、いろいろな働きを繰り返しています。実際に歩行中の脳の血流は、全体的に活発になっているそうです。

その上、空の青さや風のここちよさ、木の葉の匂いなどの自然を五感で感じ、知っている人に会ったり小競り合いしている猫を見たりして、家の中では得られない多くの刺激を受けることができます。散歩は、簡単にできる脳のトレーニングといえるかもしれませんね。

体力や運動能力が発達する

最近は外で遊んでいる子どもが少なくなりました。遊ぶ場所が限られ交通事情など危険が多くなり、子どもが思いきり外で走り回ることができなくなっています。

現在東京に住む小学生の一日の平均歩数は30年前の半分以下だそうです。今の時代は、子どもでも意識しなければ運動不足になってしまうことがあるのです。

そんなときに手軽できる運動は散歩といえます。歩くことは全身の筋肉を使い心肺機能が向上し、たくさん歩くと基礎代謝が上がり、続けることで体力もついてきます。

もちろん公園の遊具で遊んだりスポーツしたりすれば運動能力が上がりますが、子どもがまだ幼かったり、運動が苦手だったりすることもあります。散歩ならママと一緒にお喋りしながら、意識しなくても運動ができますね。

生活リズムの改善と質のよい睡眠が得られる

日本で行われた研究調査で、ある保育園の、散歩をした日としなかった日で子どもたちの様子を比較しました。すると散歩をした日は、睡眠を促す「メラトニン」というホルモンの夜の分泌が増え「寝つきがよかった」という回答が多く寄せられました。

日中に日光を浴び、体を動かすことが夜の眠りによいといわれますが、散歩はこの二つを同時に行えますね。深い眠りは、子どもの身長や脳などの成長を促す「成長ホルモン」の分泌を増やします。

特に22:00~2:00の時間帯は「成長ホルモン」が増えます。また「メラトニン」は朝、日光を見てから約13~15時間で分泌されますので、散歩は寝つきをよくしてちょうどよい時間に、深く眠るためにもよい方法といえます。

散歩といってもどうしたらいい?

ママも子どもも無理のない計画を立てる

幼児の歩行距離の目安は、年齢に1kmをかけたくらいだといわれます。2歳なら2km、3歳なら3kmほどになりますね。

けれども、歩行距離は目安なので、あまり嫌がる場合は早めに切り上げたり、子どもが疲れているようなら、ときには抱っこして帰ったりすることも必要です。子どもは体調に正直なところがありますし、無理に歩き過ぎて散歩が嫌いになると、せっかくの運動の機会が減ってしまいますよね。

子どもと散歩すると道草が多いので、時間の余裕が必要です。散歩のために外出するだけでなく、「買い物の往復」「幼稚園の送り迎え」などで、ついでに散歩を行うと、日常に取り入れやすいかもしれません。そのときは子どもが歩くのに無理がない距離で、時間に余裕をもって出かけましょう。

散歩をしながら親子の会話を楽しもう

散歩をすると、自然に子どもといろいろな話ができます。たとえば幼稚園で起こった嬉しかったことや嫌だったことを、食卓などで面と向かっていえない子でも、散歩しながらふと話すことがあるのです。

散歩中ならママは、子どもの話に集中できます。まだ言葉が少ない子なら、散歩の中で出会う、お店や犬や猫、木や草花などあらゆることを言葉で教えることができます。

「イチョウの葉っぱは黄色いね」「からすが鳴いてるよ。おうちに帰るところかな?」など、たくさんお話しましょう。また、子どもの興味を引き出すこともできますよ。

「どうして夕方になるとお空が真っ赤になるんだろうね?」などと質問を投げかければ、子どもはその言葉をきっかけに空に興味をもつかもしれません。

色々なものを見て触れてみよう

子どもと散歩すると、興味のあるものに釘付けになるような道草が多いですよね。けれどこの道草が子どもの好奇心を育て、感性を豊かにします。

子どものペースに合わせて歩くと、石や草花をいじってみたり、昆虫を捕まえてみたりして、いろいろなものに触りたがりますが、子どもがなにかに集中しているときは、頭の中をフル回転させて観察し考えながら、新しい発見をしている時間です。危険なものや動物の排せつ物など不衛生なもの以外は、見守ってあげましょう。

もちろん物を口に入れたがる子は、ママが気を付けます。「いくつ花を見つけられるかな?」「今日はおじぎ草を探しに行こう」などと、子どもの好きなものからテーマを決めて散歩するのも、好奇心をくすぐるよい方法です。

散歩に行くときに気を付けてほしいこと

靴のサイズが子どもに合っているか

幼児期は成長が早いので買い替えが大変ですよね。けれど小さい靴は足の発達によくないですし、大きい靴は動きにくいので行動が制限されがちです。

幼児期はおよそ3カ月ごとに靴のサイズが変わりますのでその都度合った靴を用意しましょう。子ども靴は以下の点に注意します。

・つま先の部分が広めで指が動く
・かかと周りがしっかり作られている
・靴底が硬すぎず、指の部分が曲がるもの
・足の甲の部分に靴がフィットしている

足指が曲がらないと、ふくらはぎなどの筋肉が発達しづらく、転びやすく疲れやすくなります。かかとの骨の発達も大切で、成長不足だと足の変形などにつながります。お店に一緒にいくのが大変な時期もありますが、試し履きをしてママがチェックできるとよいですね。

安全に配慮して交通ルールを守ろう

小学校になれば、自分で登下校するようになります。そのときに大切なのは安全ですよね。ママと一緒に歩くこの時期に、子どもが安全に道を歩けるように、交通ルールや、狭い道や横断歩道などの危険な場所を安全に歩く方法も教えていきましょう。

一緒に散歩すると、子どもがあちこち動き回ったり、集中すると周りが見えなくなったりして冷や冷やすることもあります。安全のために車や自転車で移動してしまいがちですが、できる範囲で一緒に歩いて、しっかり手をつなぎながら安全に歩く練習することも必要です。

ときには、散歩中にママが知り合いにばったり会って話が弾むこともあります。そのとき子どもが道に飛び出すなどの危険なことをしないように、目を離さないことも大切ですね。

子どものペースに合わせ体調の変化に注意

子どもとの散歩で目的地を設定した場合、時間がかかったり、到着しなかったりすることもあります。イライラして「早くしなさい!」などというと、子どもが散歩中に育んでいる好奇心や観察力に水を差してしまいがちです。

なるべく子どものペースに合わせられるように、時間をやりくりできるとよいですね。少し大きくなったら、子どもと一緒に行先や道順、到着時間などを決めると、目標に向かって楽しく散歩ができるかもしれません。

子どもは背が低いので、地面の近くを歩き地熱の影響を受けやすい上に汗をかきやすく、夢中になっているときは特に、自分で体調の変化に気づけません。ママが暑いときは帽子をかぶせることや、こまめな水分補給などに注意して、体調をよく観察しながら散歩しましょう。

まとめ

忙しい毎日の中で、ゆっくり散歩するのが難しいときもありますが、できるだけ子どもと楽しく散歩できるとよいですね。子どもはママと一緒にいるのが大好きなのです。

まだ小さな子との散歩は大変なことが多いですが、成長とともに落ち着いてきて、道で出会うお店や草花のことから日常思っていることまで、たくさんお話できるようになります。ママと子どもの秘密のできごとや場所などができるかもしれません。

散歩中はほかのことは一時忘れて子どもと一緒に楽しむと、ママのストレス解消にもなりますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018