就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

クワガタの捕まえ方を知ろう!採集できる時期や注意点をご紹介

クワガタの捕まえ方を知ろう!採集できる時期や注意点をご紹介

子どもに人気のクワガタを捕まえるならいつ頃がベストなのでしょうか?この記事ではクワガタの上手な捕まえ方を紹介しつつ、採集中に気をつけたいこともまとめてみました。夏休みの風物詩ともいえる昆虫採集で子どもと一緒にたくさんの思い出を作りましょう!

クワガタの活動時期や生息場所を知ろう

いつぐらいの時期から採れるの?

クワガタを捕まえることができる時期はいつ頃からなのでしょうか?実はクワガタと一口にいってもその種類は様々で、種類によって採集できる時期が少しずつ違います。

オオクワガタ…6~9月、ヒメオオクワガタ…8~10月、ヒラクワガタ…5~10月、コクワガタ…5~10月、ノコギリクワガタ…6~9月、ミヤマクワガタ…6~8月

ここに紹介している以外にもクワガタの仲間はたくさんいます。基本的に生息している地域によって気温差もあるので少しづつ違いはあるものの、クワガタは早ければ5月から採ることができます。一般的には6月の下旬から7月の中旬くらいがクワガタ採集のピーク期で、これを過ぎるとカブトムシが占拠し始めるようです。

活動し始める時間帯は?

クワガタは夜行性なので、活発に活動するのは基本的に日が沈んで暗くなってからです。だいたい20時~22時頃、樹木で樹液を吸っている姿などが多く見られます。

本来は、その時間帯に採集できるのがベストですが、子どもを夜遅くに連れまわすのもなかなかむずかしいですね。そこで、おすすめなのは朝の早い時間。早朝の5時~6時ぐらいの明るくなりだした頃でもまだ活動している姿は見ることができます。

あまり明るくなるとカラスなどの鳥がクワガタをエサとして食べに来るのでクワガタは隠れ始めてしまいます。隠れる場所は洞窟や樹皮の裏側が多いです。

子どもと一緒にクワガタを捕まえるなら夜明けの時間帯がポイントとなりそうですね。

どんな場所に生息しているの?

クワガタは木が生い茂っているようなうっそうとした山の中にはほとんど生息していません。逆に人間がある程度管理しているような風通しのよい雑木林に生息していることが多く、住宅街にみられる小さな林でも、条件が整っていれば姿を見ることができます。

そして、次にポイントとなるのが木の種類です。クワガタはコナラやクヌギ、ヤナギといった背の高い落葉広葉樹に生息しています。そして、こうした木の樹液をエサとしているので樹液が出ている木であることがポイントです。

ちなみに広葉樹ではないマツ、スギ、ヒノキなどの針葉樹は防虫や殺菌などの効果作用があるので、クワガタだけでなく昆虫全般の姿があまり見られません。雑木林でも針葉樹が多い場所にはあまりいないということですね。

トラップを使ったクワガタの捕まえ方

甘い果物で誘惑!バナナトラップ

クワガタをおびき寄せるため、身近なもので簡単に作れるバナナトラップをご紹介します。

【材料】バナナ、砂糖、焼酎、ドライイースト

まず、バナナの皮をすべてむいてからバナナを2cm程度の大きさに切ります。バナナはわざわざ包丁を使わずとも、手で割いてもよいので子どもと一緒にできますね。次に、バナナ全体に砂糖と焼酎を適量振りかけます。さらにドライイーストも適量振りかけたら、全体がなじむようによく混ぜましょう。

全体が混ざったらチャック付きのビニール袋に入れます。そのまま発酵を促すために直射日光の当たる場所に放置しましょう。半日程度で袋がパンパンになるくらい膨らむので、時々空気を抜いてくださいね。このバナナトラップを数日かけながらじっくりと発酵させて、強烈な甘酸っぱいニオイを引き出しましょう。

こうして完成したバナナトラップはストッキングに入れて木に縛り付けたり、直接木の幹に塗ったりして仕掛けが完了です。夕方に仕掛けておけば日暮れ後に、甘いニオイにおびき寄せられたクワガタの姿がたくさん見られることでしょう。

クワガタの習性を利用!ライトトラップ

もともと昆虫は紫外線や蛍光灯の灯りなどの白っぽい光に集まるという習性を持っています。この習性を利用した採集方法がライトトラップです。

【必要な道具】水銀灯・LED・白色蛍光灯などの光源、白い色の大きな布(シーツや幕など)

仕組みは簡単で、白い大きな布を広げてそれに光を当てて光におびき寄せられたクワガタを捕まえるというもの。ここで注意したいのは、強風の日や雨の日は避けること。虫が活動を控えているのであまり姿を見られないからです。光の効果が薄れてしまうので月明かりの強い日も避けましょう。

設置ポイントは昆虫が光めがけて飛んでこられるようにあまり木の生い茂っていない開けた場所がよいでしょう。木が生い茂っているような山の中ではせっかくの光が遮られてしまいますし、光に向かって昆虫が飛んできても途中でほかの木に着地してしまうこともあるからです。

このライトトラップは主に業者や昆虫マニアがよく使うトラップです。なかなか大掛かりで初心者にとってはハードルが高いところもありますが、その分、効果は絶大!一度はトライしてみたい仕掛けです。

クワガタを採集する際に注意すること

ハチやヘビ、ムカデなどに注意!

クワガタ採集のために林や森に行くと、クワガタ以外の生き物にも数多く出会うでしょう。その中でハチやヘビ、ムカデ、マダニなどの毒を持った生き物には注意が必要です。ハチの中でも猛毒を持つスズメバチはときとして死亡事故も起こすほど危険な生物です。

スズメバチはクワガタと同様に樹液もエサとしますので、樹液の出ている木に近づくときはスズメバチの存在にも気をつけましょう。

クワガタ採集するときには肌を露出しないよう帽子をかぶり、長袖長ズボンの服装で行くことを基本としてくださいね。また、外に出るときは汚れの目立たない黒系の服を選ぶママも多いかもしれませんが、ハチや蚊は黒い色を攻撃する習性があるため、できれば白っぽい色の服を選びましょう。

雨の日や風が強い日は避ける!

効率よく昆虫採集するには適したタイミングがあります。

ライトトラップの説明でも少しふれていますが、風が強い日は昆虫採集には適していません。強風の中では虫たちも吹き飛ばされまいと木にしがみついています。木を揺すれば落ちてくるクワガタも強風の日は活動を控えるのでなかなか落ちてきません。

視界の悪い雨の日も、強風の日と同様に虫たちも活発に動きません。また、木を揺すってクワガタを落としたとしても雨音に紛れてクワガタが落ちてきた音が聞き取りにくいので、雨の日は昆虫採集に不向きです。

そもそも子どもを連れて強風の中や足元の悪い雨の中、林や森に出かけると転んでケガをしたり風邪をひいたりするリスクも高まるので、天気のよい日を選びたいですね。

モラルと自然環境を守ること!

仕掛けたトラップをそのまま放置するのはとんでもない迷惑行為です。バナナトラップやライトトラップを仕掛け、クワガタを捕まえた後は自然環境を守るためにもきちんと後片付けをしましょう。

また、ここではくわしく説明していませんが、クワガタの幼虫を捕まえる朽ち木割り採集という方法があります。名前の通り、朽ちた木を割って中にいる幼虫を捕まえるやり方です。これはむやみに行うと生き物たちの住処をいたずらに破壊することになります。手当たり次第にクワガタや幼虫を捕まえることがないようにしましょう。

クワガタ採集は夜間に行う場合もありますが、時間帯を考えて近隣住民の方の迷惑にならないようにモラルを守った行動をしたいですね。

まとめ

6~7月の暖かい時期に活発に活動をはじめるクワガタ。この時期には雑木林をのぞくだけでその姿が見られるかもしれません。危険がないように注意しながら、上手にトラップを利用して子どもと一緒にクワガタを捕まえてみましょう。

ただし、クワガタを捕るときに「自分たちさえよければそれでよい」という考え方は絶対にNGです。もちろん、これは昆虫採集だけに限ったことではありません。子どものお手本となるように節度を守ってクワガタ採集を楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018