就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

抱っこをせがむ子どもの気持ちを知ろう!対処法と抱っこのメリット

抱っこをせがむ子どもの気持ちを知ろう!対処法と抱っこのメリット

抱っこで得られるママと子どもへのメリット

いとおしさが増し親子間の絆を深める

大人でも抱きしめられたら、安心することはありませんか。赤ちゃんなら抱っこされることで泣き止みますよね。小学生くらいの子どもが泣き暴れているときも、抱っこすると泣き止んで落ち着きます。

抱っこは心地よいだけでなく、とてもよい効果があります。不安やストレスを軽減し、安心を与えます。成長ホルモンの分泌を促進し、集中力ややる気が出ます。社会性を育み優しい子に育つなど抱っこの効果は絶大です。

また、子どもが求めるときに抱っこをすると、親子間の絆を深めます。しっかりスキンシップを取ることで、お互いがいとおしく幸せな気持ちになりますよ。

抱っこは愛情を伝える素敵な手段です。年齢に関係なく、子育てには積極的に取りいれたいですね。

質のよい睡眠をもたらしママの肌が綺麗に

抱っこは精神を安定させます。子どもの心が安定することで、ママのストレスも軽減されます。そしてママ自身も子どもを抱っこすることで、気持ちよく精神的に癒されるのです。

また、抱っこするという行為が母親としての役目をこなしているという安心感にもつながります。子どもを受け入れることで、ママ自身も優しくなれるのですね。

このような安心感は、ストレスを軽減してよい睡眠をもたらします。よい睡眠が取れると元気になって肌が綺麗になるので、ママにとっては嬉しいことですね。

どうしてもストレスが多くて子どもを抱っこできないときは、定期的にパパにママを抱きしめてもらうのもおすすめです。そうすれば、ママはきっと優しくなれますよ。

たくさん抱っこされた子は自立が早い

いつまで抱っこすればよいのかは子どもによってそれぞれです。子どもが求める限りは、いつまでも抱っこしてあげるのがよいでしょう。子どもがもっと大きくなって抱っこを拒否してくるようになると、それはそれで寂しいものです。

抱っこによって甘えん坊になるなど成長を妨げるようなことはありません。子育てに抱っこは必要で、抱っこによって自立が促されます。それは抱っこが子どもを受け入れる愛情表現であるからです。

したがって、たくさん抱っこされた子どもの多くは自立が早いです。自立が早いということは、親も楽になりますね。幼いうちの抱っこはしんどいときも多いですが、長い子育てにおいては抱っこは短い間でもあります。しっかり抱っこしておくと、後で子育ても楽になりますよ。

まとめ

子どもにとって抱っこは精神安定のようなもので愛情確認でもあります。不安だったり精神的な疲れだったり眠かったりと、ママに安心を求めて抱っこをせがんでいます。

そして成長するにともない、抱っこはしなくても大丈夫になってきます。子どもは健気で可愛いですね。親が子どもにできることは、成長を見守りときに手を差し伸べることであり、抱っこすることも大切ですね。

家族みんなで抱き合いスキンシップを取って、素敵な未来を築いていきましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版