就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

うちの赤ちゃんは立つのが早い?早く立てる赤ちゃんの特徴と注意点

うちの赤ちゃんは立つのが早い?早く立てる赤ちゃんの特徴と注意点

待ちに待った赤ちゃんの立っちの瞬間。ママは我が子の成長を嬉しく思いますね。でも喜んでばかりはいられなくて、赤ちゃんが転ばないように注意しなくてはいけません。つかまり立ちをしはじめるのはだいたい生後7か月頃ですが、それより早い子も。ここでは立っちの早い子の特徴と、気をつける点を考えてみましょう。

赤ちゃんが立つまでの成長過程とは?

赤ちゃんは全身の筋力をつけながら成長する

生まれて間もない赤ちゃんはほっそりした腕と足をしていて、筋肉はほとんどついていません。それからおっぱいやミルクを飲んで、寝て、起きて、泣いて、動いたりしているうちに、徐々に筋肉が発達してきます。

ぐらぐらした首で抱っこするのも危なっかしかった赤ちゃんが、3カ月もすれば首がすわり、抱っこもしやすくなります。赤ちゃんの成長は早く、5カ月頃には寝がえりをうち、6、7カ月にはお座りもできるようになり、ハイハイをしはじめたかと思えば、いつの間にかつかまり立ちをして、気がつけば立っち。そして生後1年頃になれば歩き出します。

赤ちゃんは体を自由に動かしたくて毎日がんばっています。筋力をつけることが大事な成長の一つであり、動くことにより五感も発達していくのです。

つかまり立ちをするのは生後7か月頃から

赤ちゃんがつかまり立ちをはじめるのは、だいたい生後7カ月頃からです。早い子なら生後6カ月頃から、遅い子なら10カ月頃からはじめる子もいます。

つかまり立ちとほぼ並行してハイハイもしますが、赤ちゃんによってハイハイする量にかなり差があります。ハイハイが好きでよくする子と、つかまり立ちの方が好きでハイハイをあまりしない子がいるからです。

赤ちゃんの理想的な成長のしかたは、転倒の危険のあるつかまり立ちを早くするより、安全なハイハイをある程度して筋肉がついてから、つかまり立ちすることだそうです。でも立つのが好きな赤ちゃんは、早くからつかみ立ちしてしまうので、おぼつかない足で立つ赤ちゃんを、ママはヒヤヒヤしながら見守ることになるのですよね。

ひとり立ちをするのは平均で生後10カ月頃

つかまり立ちの後に、ひとり立ちをします。生後10カ月頃にする子が多く、早い子なら8カ月頃、遅い子なら1歳頃にする子もいるようです。

ひとり立ちは、つかまり立ちをしているときに偶然できることもあります。つかまり立ちしながら夢中になっておもちゃで遊んでいたら、気がついたら手が家具から離れて、自分の足だけで立っていたり、ママの声の方に振り向いた瞬間、ひとり立ちしていたり。足の筋肉が発達して、バランス感覚もついてきたら、自然にひとり立ちできるようになるのです。

ひとり立ちにはバランス感覚も必要です。体のわりには大きな頭をしている赤ちゃんは、バランスの取りにくい体型です。少し体の方向を変えただけでもバランスを崩すので、ママは注意して見ていましょうね。

立つのが早い赤ちゃんの特徴とは?

体重が軽い赤ちゃんは早く立つ傾向がある

体重が軽い赤ちゃんは身軽なので、早く立つ傾向にあります。身軽だからよく動く、動けば筋肉もついてさらに動きやすくなるという循環ができるのですね。

体重が軽い、重いは、日々の食事の内容や、赤ちゃんの食欲にもよるでしょう。ママやパパ、おじいちゃんやおばあちゃんからの体型の遺伝もあるかもしれません。

体重が軽くても重くても、成長曲線の範囲内なら心配はいりませんし、赤ちゃんはぽっちゃりとしているのが普通ですよね。体が重いから立つのが遅いのだろうかと気にせず、むちむちの手足やしもぶくれのほっぺたが可愛らしい乳児期の育児を楽しんでください。どの赤ちゃんも、自分のペースで成長しながら、徐々に体系が変わっていきますよ。

好奇心旺盛な赤ちゃんは早く立つ傾向がある

赤ちゃんの内面も、立つという行為に関係しています。好奇心旺盛な子は、立ってみたいという気持ちが強く、立つためによりがんばるようです。

床に寝転んだ状態から見える景色と、立った状態から見える景色はまったく違います。立つと物がより立体的に見えますし、遠くまで見渡せますね。好奇心のある子は、それがおもしろくて立ちたがるようです。

好奇心は、もっと知りたいという探究心にも繋がっていきます。「これ何?」「どうして?」となんでも質問する時期もその後やってきますが、うまく探究心を伸ばしてあげることは子どもの将来のためにもなります。赤ちゃんが動き回ったり、子どもの質問攻めにあったり、ママは苦労もしますが、大切に伸ばしてあげたいですね。

早く立つのも個性の一つ!温かく見守って

体重が軽かったり重かったり、好奇心が強かったり弱かったり、立つという行為一つを見ても赤ちゃんの個性があらわれています。赤ちゃんの成長は、健診でも動きに関するチェック項目が多いので、動きがよかったり、立つのが早い子の方がよいように見られがちですが、通常の範囲内ならどちらがよいとも悪いともいえないのです。

ハイハイをたくさんしてから立つ子は、筋肉が発達しているので安定感があって、転ぶことが少ないですし、慎重に物事すすめていけるタイプかもしれません。ハイハイをあまりせずに立った子は、尻もちをついたりして苦労も多いですが、それでも負けずに新しい発見をしたいという気力のある子なのかもしれません。

どちらもその子の素晴らしい個性、温かく見守ってあげましょうね。

赤ちゃんが早く立ったときに気を付けること

早く立った赤ちゃんはバランスを崩しやすい

赤ちゃんはバランスの取りにくい体型をしています。早くに立つと、足腰があまり強くなく、筋力も少ないので、余計に頭を支えるのがむずかしいです。ママは特に気をつけて見ていてあげましょう。

立つ前は、ちょっと用事したいからと、ママは赤ちゃんをベビーサークルの中に入れて、ささっと用事を済ますことができたのですが、つかまり立ちするようになってからは、サークルの柵を握って立ち上がってしまうので、転ばないか心配で放っておけなくなりますね。

立つのが好きで好奇心いっぱいの赤ちゃんには、歩行器がおすすめです。転ばずに歩き回れるので赤ちゃんは満足しますし、遊んでくれているあいだに、ママは用事を済ませることができますよ。

立ってからもハイハイで移動するよう促して

立つことができるようになっても、ハイハイを促して筋肉をつけるのもよいでしょう。ハイハイは転倒の危険が少ないですし、安全に筋肉を発達させることができます。足腰の筋肉がつけば、立つ姿勢が安定しやすく、転倒の可能性が低くなりますよ。

赤ちゃんがハイハイしてくれるよう、ママが一緒にハイハイを使った遊びをしてみましょう。つかまり立ちできる家具がない場所を選んで、座っている赤ちゃんに「おいで」と声をかけたり、好きなおもちゃを見せてあげたりして、赤ちゃんを誘います。赤ちゃんはママのところに行きたいけど、立って行く手段がないので、ハイハイで動こうとするでしょう。

ハイハイで遊んでいると筋肉がついてハイハイしやすくなりますし、ハイハイ好きになるかもしれませんよね。

転んでも怪我をしないよう室内環境を整える

立った姿勢から転んでも怪我をしないような環境にしてあげましょう。よくつかまり立ちする場所には、床にクッションをおいて、万が一倒れても衝撃が少ないようにしておきます。

角のある家具はカバーをつけて丸くして、頭を打ち付けても怪我をしないようにしましょう。今はお店で専用のカバーも販売されていますよね。ガラス製の扉なども、体重をかけたら割れるかもしれませんので、赤ちゃんが触らないようにしましょう。

ゴミ箱など、赤ちゃんがつかまると動いて倒れてしまいそうなものもほかの場所へ。引き出しは赤ちゃんがつかむと引き出されて、後ろに転倒するかもしれません。テープをはったり、専用の便利グッズで対処しましょう。危険と思われるのものは、できる限りなくしていきましょうね。

まとめ

赤ちゃんの運動能力は著しく発達します。でもみんな同じスピードで成長するのではなく、早い子もいれば遅い子もいます。それはその子の個性であり、それぞれによいところがあるでしょう。

早く立ちはじめた子は、まだ筋力もバランス感覚も未熟なので、ママがより注意して見ていてあげましょうね。ときにはハイハイで一緒に遊んで、ハイハイを促してあげるのもよいでしょう。部屋の中を安全な環境にして、赤ちゃんが持ち前の好奇心で楽しく遊べるようにもしてあげたいですね!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018