就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

うちの赤ちゃんは立つのが早い?早く立てる赤ちゃんの特徴と注意点

うちの赤ちゃんは立つのが早い?早く立てる赤ちゃんの特徴と注意点

赤ちゃんが早く立ったときに気を付けること

早く立った赤ちゃんはバランスを崩しやすい

赤ちゃんはバランスの取りにくい体型をしています。早くに立つと、足腰があまり強くなく、筋力も少ないので、余計に頭を支えるのがむずかしいです。ママは特に気をつけて見ていてあげましょう。

立つ前は、ちょっと用事したいからと、ママは赤ちゃんをベビーサークルの中に入れて、ささっと用事を済ますことができたのですが、つかまり立ちするようになってからは、サークルの柵を握って立ち上がってしまうので、転ばないか心配で放っておけなくなりますね。

立つのが好きで好奇心いっぱいの赤ちゃんには、歩行器がおすすめです。転ばずに歩き回れるので赤ちゃんは満足しますし、遊んでくれているあいだに、ママは用事を済ませることができますよ。

立ってからもハイハイで移動するよう促して

立つことができるようになっても、ハイハイを促して筋肉をつけるのもよいでしょう。ハイハイは転倒の危険が少ないですし、安全に筋肉を発達させることができます。足腰の筋肉がつけば、立つ姿勢が安定しやすく、転倒の可能性が低くなりますよ。

赤ちゃんがハイハイしてくれるよう、ママが一緒にハイハイを使った遊びをしてみましょう。つかまり立ちできる家具がない場所を選んで、座っている赤ちゃんに「おいで」と声をかけたり、好きなおもちゃを見せてあげたりして、赤ちゃんを誘います。赤ちゃんはママのところに行きたいけど、立って行く手段がないので、ハイハイで動こうとするでしょう。

ハイハイで遊んでいると筋肉がついてハイハイしやすくなりますし、ハイハイ好きになるかもしれませんよね。

転んでも怪我をしないよう室内環境を整える

立った姿勢から転んでも怪我をしないような環境にしてあげましょう。よくつかまり立ちする場所には、床にクッションをおいて、万が一倒れても衝撃が少ないようにしておきます。

角のある家具はカバーをつけて丸くして、頭を打ち付けても怪我をしないようにしましょう。今はお店で専用のカバーも販売されていますよね。ガラス製の扉なども、体重をかけたら割れるかもしれませんので、赤ちゃんが触らないようにしましょう。

ゴミ箱など、赤ちゃんがつかまると動いて倒れてしまいそうなものもほかの場所へ。引き出しは赤ちゃんがつかむと引き出されて、後ろに転倒するかもしれません。テープをはったり、専用の便利グッズで対処しましょう。危険と思われるのものは、できる限りなくしていきましょうね。

まとめ

赤ちゃんの運動能力は著しく発達します。でもみんな同じスピードで成長するのではなく、早い子もいれば遅い子もいます。それはその子の個性であり、それぞれによいところがあるでしょう。

早く立ちはじめた子は、まだ筋力もバランス感覚も未熟なので、ママがより注意して見ていてあげましょうね。ときにはハイハイで一緒に遊んで、ハイハイを促してあげるのもよいでしょう。部屋の中を安全な環境にして、赤ちゃんが持ち前の好奇心で楽しく遊べるようにもしてあげたいですね!
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版