就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんにウォーターサーバーは必要?ママ目線で選ぶポイントとは

赤ちゃんにウォーターサーバーは必要?ママ目線で選ぶポイントとは

サーバー会社によって料金やサービスも違う

サーバー会社によって料金やサービスも違うので、しっかりチェックしてから申し込むことをおすすめします。

料金面では、サーバー本体のレンタル料、配送料、メンテナンス料、水の料金、電気代などを比較検討してみましょう。水のボトルが使い捨てタイプか、返却式かもチェックしましょう。そのほか、電気代を節約できるエコモードがあったり、騒音の少ないタイプのものもあります。

大事なのは、年間トータルでいくらになるのか?という視点です。初回の特典や、さまざまなキャンペーンなどにつられすぎると、本当にお得な会社を選びそびれてしまうかもしれません。料金以外にも、宅配は定期タイプかリクエスト式なのか、サポート体制は充実しているかなど、いろいろな観点から検討してみてくださいね。

コスト面も踏まえて考えよう

コスト面については、時間をかけて十分に検討することが大事です。

どのウォーターサーバーを選ぶにしても、市販のミネラルウォーターの方が安くすみます。ウォーターサーバーのボトルは12Lで1,500円前後が標準的(もちろん各社で差はあります)。1カ月に24L飲むとすると、月に3,000円前後。2Lのペットボトル6本入りの箱だと500円前後なので、月に2箱=24Lだと1,000円前後。約3倍のコスト差になります。

そのほか、電気代は月に300~1,000円ほど、サーバーのレンタル料が月1,000円ほど、メンテナンス費が1年で3,000~5,000円ほどかかるケースもあります。コストとメリットを天秤にかけて、検討してみてくださいね。

まとめ

これから赤ちゃんを産む妊婦さんや赤ちゃんがいるママは、赤ちゃんに飲ませる水をどうするべきか、悩んでしまいますよね。安全面や水を買う手間などを考えて、ウォーターサーバーを検討するママも多いと思います。

ウォーターサーバーには安全面や、常に温かい水が出てくるなどのメリットも多いですが、コスト面でペットボトルの水よりも割高になってしまいます。

ウォーターサーバーを契約するときは、サービスの内容や価格、デザインなどをよく比較して、あなたにぴったりの会社を選ぶことができたらよいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC