就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが生まれ上の子が嫉妬?上の子がパパやママにとる困った行為

赤ちゃんが生まれ上の子が嫉妬?上の子がパパやママにとる困った行為

下の子の誕生によって、上の子が赤ちゃん返りをするという話はよく聞くと思います。赤ちゃん返りへの対応については、2人以上子どもがいるママにとっては気になる問題ですよね。ここでは、上の子の赤ちゃん返りの現われとしての行為と、その対処について、紹介します。

上の子が嫉妬してとる主な行為とは?

夜泣きをするようになって何度も起こされる

もう夜泣きはしなくなったはずの上の子が、下の子の妊娠中または出産後に突然夜泣きが再開するケースがあります。これも、赤ちゃん返りの一種といえます。

今まで独り占めできていたママが、下の子の出産にともない、自分1人のママではなくなってしまいます。いくら上の子優先で過ごしていたとしても、少なからず上の子に我慢をさせてしまうことがあって当然ですよね。

日中はお兄ちゃん、お姉ちゃんとして頑張っていても、実は不安や寂しさを感じており、それが夜泣きという形で現れることがあります。下の子の夜間授乳もあり、ママは大変かもしれませんが、抱きしめてあげるなどのスキンシップを大切にし、安心させてあげられるとよいですね。

それまでできていたことができなくなる

年齢によっては、上の子は自分のことはもう大体自分でできるから、あまり手がかからないだろうと思っているかもしれません。しかし、いざ下の子が生まれてみると「ママやって!できない!」というようになることもあります。

これも、典型的な赤ちゃん返りの一つです。上の子がある程度大きくなっていると、ついついママは下の子にかかりきりになりがちですよね。とはいえ、まだまだママに甘えたい気持ちも残る上の子が、ママに振り向いてもらう手段として、「ママやって!」となってしまうのです。

特に年齢が離れている場合は、赤ちゃん返りはしないだろうと決めつけないようにしましょう。「お姉ちゃん、お兄ちゃんだから」といわずに、たまには思いっきりママに甘えさせてあげられるとよいですね。

赤ちゃんに暴力をふるうようになる

赤ちゃん返りの主な行為の中には、赤ちゃんに対する暴力もあります。赤ちゃんにも危険がおよぶし、暴力はいけないしで、ついついきつく叱ってしまうこともあり、ママも対応に悩むと思います。

赤ちゃんへの暴力は、ママをとられてしまった嫉妬心や寂しさの表れでもあります。下の子に暴力をふるってしまった場合は、反射的に怒鳴ったり、お仕置きとして叩いたりしないようにしましょう。

「暴力はいけないこと」「叩いたら相手は痛い思いをすること」はしっかりと伝える必要があります。そのうえで、日常生活で上の子へのスキンシップを意識的に増やすなどして、上の子の嫉妬心を和らげてあげましょう。「あなたも昔は赤ちゃんだったんだよ」と伝えることもおすすめですよ。

嫉妬する上の子に親がしてあげられること

パパは家事を手伝いママの時間を作る

赤ちゃん返りの原因は、大好きなママをとられてしまったことによる嫉妬心や寂しさです。上の子のケアとして、意識的にスキンシップの時間をとることが大切です。

頭ではそうわかっていても、実際は頻回授乳やこまめなおむつ替えが必要な赤ちゃんの対応に時間がとられ、うまく上の子のケアができないママも多いと思います。そんなときは、パパに家事や下の子のお世話をお願いして、上の子との時間を作りましょう。

ついつい、家事や赤ちゃんのお世話はママの方が慣れているから、とパパに上の子のケアをお願いしてしまいますが、上の子はママがとられてしまうことに嫉妬していることがあります。あくまでも、ママと上の子の時間を意識的に作るということがポイントです。

ママは上の子を怒らず優しく接してあげる

上の子の赤ちゃん返り対策としては、「上の子を怒らず優しく接すること」です。ただでさえ忙しい育児の中で、赤ちゃん返りをする上の子に、ついつい「もう◯歳でしょ」などといってしまうこともあるかと思います。

赤ちゃん返りとして現れる行動は、ママに構って欲しいという気持ちの表われでもあります。もちろん、暴力をふるったときなどはいけないことだといって聞かせる必要はあります。しかし、寂しさから甘えてきたときに怒ってしまっては、逆効果になってしまうかもしれません。

ときには甘えを受け止めて、少し年齢が下の子に接するような気持ちで上の子の気持ちを受け止めてあげましょう。大好きな気持ちを伝えて、ぎゅっと抱きしめてあげることも大切です。

上の子が一人っ子でいられる時間をつくる

下の子が寝ている間を上の子との時間に充てたり、パパに下の子のお世話を任せて上の子の時間を作ったりしても、やっぱり下の子と一緒にいる限り、ママを完全に独り占めできるわけではありませんよね。そんなときは、ママと2人っきりでお出かけする「一人っ子時間」を作ってあげましょう。

1日でも、数時間でも、可能な範囲で構いません。下の子のお世話をパパや家族にお願いして、上の子が行きたい場所にママと2人でお出かけするのです。そのときはなるべく上の子のリクエストに応えてあげられるとよいですね。

そのときに、「いつも下の子のお世話で我慢をさせてしまっているけど、ママはあなたのことが大好きだよ」と伝えてあげるのも効果的ですよ。

上の子の嫉妬と困った行為はいつまで続く?

上の子が嫉妬する時期は1カ月~1年以上

上の子が嫉妬する時期にはもちろん個人差があります。一般的には、1年程度で少しずつ嫉妬心もおさまってきます。半年頃から、少しずついつもの様子に戻ってくることが多いようです。

また、嫉妬し始める時期についても、赤ちゃんが生まれてすぐに赤ちゃん返りが始まる子もいれば、少し経ってから赤ちゃん返りが始まる子もいます。最初に赤ちゃん返りがなかったとしても、嫉妬心を抱かずに下の子を受け入れてくれたのかな、と思って上の子のケアをしないでいると、しばらく経ってから突然赤ちゃん返りが始まるかもしれません。

さらには、一度赤ちゃん返りが終わったと思っても、少し経ってから再び赤ちゃん返りがぶり返してしまうこともあります。

上の子が6歳でも嫉妬することがある

赤ちゃん返りは2~3歳頃の子どもがなるというイメージがあるかもしれません。確かに、上の子と年齢が離れていると、赤ちゃん返りはなく頼りになるお姉ちゃん、お兄ちゃんとしてふるまってくれる子も多いのは事実です。

しかし、上の子が6歳程度であっても、赤ちゃん返りをする子はいます。たとえ赤ちゃん返りという言動に現れていなかったとしても、年が離れているということは、今まで長年独り占めできていたママが、突然独り占めできなくなってしまうということでもあります。

年が離れていると、ついつい上の子に厳しく接してしまいがちですが、少なからず嫉妬や寂しさを感じていると考え、上の子へのケアを忘れないように意識しておくとよいでしょう。

間違った対処法をすると長引くこともある

赤ちゃん返りの対処法として、「上の子優先で」ということがいわれています。そのことはわかっているつもりでも、実際は手のかかる下の子の育児に忙しい中で、上の子が甘えてくると、なかなか実行できないこともありますよね。

上の子の赤ちゃん返りは、ママを困らせようと思ってやっているのではなく、「ママにこっちを見て欲しい」という気持ちの表れです。「下の子は赤ちゃんなんだから」と上の子ばかりを我慢をさせるような対処法を続けていると、ママの愛情が下の子だけに取られてしまったと感じてしまうことに繋がります。

そのときは大変かもしれませんが、ママに愛されていることを実感させてあげることが、赤ちゃん返りの解消への近道になりますよ。

まとめ

上の子の赤ちゃん返り問題は、2人以上の子どものいるママにとっては、頭を悩ませる問題だと思います。ただでさえ手のかかる赤ちゃんのお世話に加え、上の子の赤ちゃん返りがあると、まるで赤ちゃんを2人同時に育てているかのようで、ママの負担も大きくなります。

しかし、上の子にとっても、下の子の誕生は精神面での負担が大きいものです。赤ちゃん返りを乗り越えて、少しずつ頼りになる立派なお姉ちゃん、お兄ちゃんになっていきます。上の子の寂しさにより添いながら、家族一丸となって乗り越えられるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR