就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

意外と知らない!1歳までの赤ちゃんのお祝い行事の時期と内容

意外と知らない!1歳までの赤ちゃんのお祝い行事の時期と内容

お宮参りやお食い初めなど、初めての赤ちゃんが生まれたママパパは、お祝い行事をしっかり行いたいと考えますよね。しかし、聞いた事はあるけど、いつ、何をしたらいいのかわからない方が多くいると思います。今回は、赤ちゃんが生まれて1歳の誕生日を迎える間のお祝い行事を紹介していきます。

出産後は、赤ちゃんのお祝い行事が目白押し

赤ちゃんの成長を祝う行事は何がある?

七五三や成人式のように年齢の節目には、お祝いをする習慣が古くから日本にはあります。中でも0歳〜1歳の時期は「お七夜」「お宮参り」「お食い初め」「初節句」「初誕生」といった行事が1年の間に多数あります。

赤ちゃんの行事には、生まれた日からの日数で設定をされていることが多くあります。しかし、初節句は、赤ちゃんの性別によって行事の日付が決まっており、女の子が3月3日「桃の節句」、男の子が5月5日「端午の節句」となっています。

この時期の行事は、子どもの成長祝い、祈願など様々な意味が込められたイベントとなりますので、子どもの成長の報告も兼ねて、両家の祖父母や知人を集め盛大に行うこと家庭が多くあります。

いつお祝い行事をすればいいの?

大切な赤ちゃんのお祝い事、お宮参りやお食い初めの日程を知らなかったり、出産や育児が忙しく、忘れていたなんてことがないように事前にチェックしておきたいのが行事の日付。

【1歳までの行事の日付の計算の仕方】
・お七夜/生まれてから7日目
・お宮参り/生まれてから1か月目
・お食い初め/生まれて100日目
・初誕生/生まれて1年目
・初節句/生まれて最初の3月3日(女の子)か5月5日(男の子)

また、赤ちゃんの生年月日を打ち込むだけで、お宮参り等の行事の日程を計算してくれる便利なサイトもあります。赤ちゃんの育児で大変な時期ですので、直前になってバタバタしない為にもスケジュールを確認しながら準備を進めていきましょう。

地域独自のお祝い事もあります!

全国で共通している上記のお祝い事以外にも、各地域に伝わる赤ちゃんの伝統行事もあります。そんな地域ならではの行事の一部をピックアップして紹介します。

・みつめのぼたもち(茨城県)
赤ちゃんが生まれて3日目に行うお祝い事です。一般的なぼたもちよりも大きなサイズのお餅を母親の母乳の出が良くなるようにということで食べることと、親戚やご近所さんに赤ちゃんが生まれたというお知らせの役割を担っているといわれています。

・タンカーユーエー(沖縄県)
赤ちゃんが満1歳の誕生日を迎えて行う「タンカーユーエー」。お仏壇に泡盛や料理を供えて家族や親戚でお祝いとお金、そろばん、本、筆、赤飯、はさみ(女の子の場合)並べ、何を取るかで子どもの将来を考える行事になります。

0歳時に行う3つの伝統行事を紹介

生後7日目の名付けを祝う「お七夜」

赤ちゃんの行事で一番はじめに行うのがお七夜です。お七夜とは、生後7日目に健やかな成長祈願と赤ちゃんの名前を披露する命名式を一緒に行います。

お赤飯や鯛の尾頭付き、筑前煮などお祝い事の際に食べる、祝い膳を食べながら赤ちゃんの誕生を祝います。食事に関しては、退院して間もないためお寿司やケータリングなどで対応をする家族もいます。

ママとパパが願いや思いを込めてつけた赤ちゃんの名前を親戚などに披露するのが命名式。略式の命名書が一般的で、半紙に右から親の名前と続柄、命名と子どもの名前、赤ちゃんの生まれた日の順で書きます。

退院後すぐのため、ママの体調を考慮して夫婦だけでゆっくりとお祝いするケースもあります。

生後1か月目に行う健康を祈願する「お宮参り」

お宮参りは健やかな成長を生まれた土地の神様、産土神様に参拝するため近くの神社などにお参りにいきます。生後1か月が恒例となっていますが、正式には男の子が31日目女の子が32日目となります。また、気候が厳しい時期のある地域、ママや赤ちゃんの体調によっては、日程を変えて行うケースもあるようです。

正式なお宮参りは、赤ちゃん、父親、父方の祖父母となっており、赤ちゃんは祖母が抱いていきます。しかし最近は、赤ちゃん、両親、父方と母方の両祖父母が参加して行うのが一般的になっています。また、赤ちゃんの服装は、母方側から送られた祝着を着せます。男の子は熨斗目模様、女の子は友禅模様となっており、間違えないようにしましょう。

生後100日目に行う食の祈願「お食い初め」

一生食べ物に困らずに生活できますようにという願いが込められた行事「お食い初め」。赤ちゃんが生まれて100日目に行うお祝い事です。平安時代から行われており、もともとは生後50日にお餅を食べさせていたものが、江戸時代から現在の形に変わったといわれています。

お食い初めで必要なものは、食べ物と食器、歯固めの石(子ども用の食器にのるサイズの小石)になります。メニューは、和食の基本「祝い膳」になります。

生後100日では離乳食も始まっておらず、祝い膳を赤ちゃんは食べることができませんので、その場にいる最年長の人が、赤ちゃんの口元へ箸で運び食べさせるふりをします。また、食べさせ役は赤ちゃんと同性の最年長となります。

子どもの成長を祝う初節句と誕生日の楽しみ方

女の子の伝統行事3月3日のひな祭り

女の子が生まれて初めての3月3日が初節句のひな祭りとなります。ひな祭りの元となった上巳の節句は、厄払いや邪気祓いとした伝わった男女共通の習わしでした。それが、江戸幕府の時代から3月3日に日付が固定され、さらに雛人形を飾ることから、女の子の健やかな成長を願うひな祭りになった伝統的なお祭りです。

雛人形は、立春を過ぎた頃を目処に飾りましょう。住居環境により七段飾りのような豪華な雛人形が置けないという方には、お内裏様とお雛様の手の平サイズのかわいい雛人形でお祝いすることもできます。特に初節句は、祖父母や親戚なども呼び盛大に食事会を行い子どもの成長をお祝いする方も多くいます。また、初節句が生後間もない場合は、翌年に繰り越すこともあるようです。

男の子の成長を願う5月5日の端午の節句

5月5日の端午の節句(こどもの日)が、男の子を祝う日になったのは武家社会になってからで、厄払いに使う菖蒲(ショウブ)が「尚武」「勝負」に通じ、菖蒲の葉が剣をイメージさせることからだといわれています。そのため武者人形、兜飾り、こいのぼりをかざり男の子の健やかな成長と出世を祝う日となっています。

一般的には春のお彼岸を過ぎた頃に内飾りの五月人形と鎧兜、外飾りのこいのぼりを飾りお祝いをします。当日か先日夜に、両親や知人を招き、柏餅やちまき、ごちそうでおもてなしをします。また、厄払いとしてお風呂に菖蒲の根や葉を入れた菖蒲湯に入る家庭も多くいます。ペーパークラフトでの兜を作ったり、ベランダ用のこいのぼりを飾ったりと家庭にあったお祝いを楽しみましょう。

誕生日とハーフバースデーを楽しもう

初めての誕生日はママパパも感激の1日になりますね。昔ながらの習わしで1歳の誕生日に一升餅を用いた祝い方があります。食べ物に一生困らない等の願いを込めて、一升餅を風呂敷に包んで子どもに担がせて歩かせたり、踏ませる「踏み餅」などをしてお祝いをします。他にも、フォトスタジオで記念撮影や手形や足型を使ったアートなど色々な方法で1歳の記念をお祝いをしています。

また、6か月をお祝いするハーフバースデーも広まっています。離乳食が始まったり、寝返りを打ち出したりとどんどん成長する子どもをお祝いする意味があります。離乳食でケーキを作ったり、寝相アートで思い出の写真を撮ったりしてお祝いする方が多くいます。

まとめ

出産、子育てにバタバタとしてしまう0歳の時期ですが、赤ちゃんの成長を感じることのできる行事はママパパだけでなく祖父母との交流が図れる機会となります。また子どもも、自分が将来大きくなった時に、当時の写真を見て自分が小さい頃にこんなことをしていたのかと振り返れたり、その時の思い出話に花を咲かせることも出来ます。準備など色々と大変ですが、一生に一度しかない大事な行事を家族みんなで楽しんではいかかでしょうか?

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

羽根田 圭司

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • ハハノワ-ママに「ありがとう」を伝えるイベント