就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳の爪切りは大仕事?正しい爪の切り方と子どもが嫌がらない方法

4歳の爪切りは大仕事?正しい爪の切り方と子どもが嫌がらない方法

爪切りを嫌がる子どもはたくさんいます。爪切りが怖いと思う子や拘束されるのが嫌な子など、子どもの爪を切るのに苦労しているママは多いようです。今回は、4歳くらいの子どもの爪切りについて、間違った切り方で起きるトラブルや、爪の正しい切り方、子どもが爪切りを嫌がらないようにする方法を紹介します。

爪の切り方を間違えると起きるトラブル

巻き爪のリスクがある

足の爪が巻き爪になってしまった経験はありますか?実は約7割の女性が足の爪に関しての悩みがあるというアンケート結果があり、悩んでいる理由の4割以上が巻き爪なのです。

巻き爪は、歩き方が悪かったり、足に合わない靴を履いていたりするのが原因になっていることもありますが、実は間違った爪の切り方をしているために巻き爪になってしまう人もいるのです。

爪には、爪を外に広げようとする力と、爪を巻こうとする二つの力が働いています。本来の爪の形は、そのバランスがきちんと保たれている状態です。

しかし深爪をしてしまったり爪を切る形を間違えてしまったりすると、力のバランスが崩れて巻き爪を起こしてしまうことがあるのです。

指先の機能がうまく使えなくなる

指先に固い爪があるのは、指先を保護することと指先に力を入れられるようにすることという理由があります。しかし爪を切りすぎて深爪をしてしまうと、その機能が損なわれてしまいます。

手の爪を切りすぎてしまうと、指先に力が入らないため、思うように物をつかめなくなります。すると細かい作業をすることが難しくなってしまいます。

足の爪の場合はというと、歩くときに指先にかかる力を支えきれなくなって、上手に歩けなくなってしまいます。速く走るときには、足の指先まで意識して力を込めるのですが、それがうまくできなくなってしまいます。

爪の切り方で、不器用になったり運動音痴になったりと、本来の力が発揮できず、子どもにとってマイナスになってしまうのはもったいないですよね。

見た目が悪くなり健康な爪が生えてこない

「爪の状態が悪いのは病気の兆候」といいますが、必ずしもそうとは限りません。深爪が原因で健康な爪が生えてこなくなってしまい、爪のピンクの部分がへったり、薄く割れやすくなったりします。

爪が長いと爪と皮膚の間にゴミが溜まるので爪を短く切っておきますよね。しかし切りすぎて深爪を繰り返してもゴミが溜まりやすくなってしまいます。

爪と指の間を見ると、指と皮膚をつなぐ薄い半透明なハイポニキウムという膜があります。深爪を繰り返すとハイポニキウムを傷つけてしまい、爪のピンクの部分が減ってしまいます。

傷ついた場所から減っていくので、白とピンクの境界線がガタガタになってしまい、見た目が悪くなってしまうのです。

爪の正しい切り方を知って試してみよう

爪を切るときに使いたい道具

赤ちゃんのときにはハサミで爪を切りますが、だんだん爪が固くなると大人が使うような爪切りに変えるのが一般的ですよね。しかし子どもは爪を切るときの音を怖がることも。

その音は爪にとってよいものではありません。お風呂あがりの爪が柔らかいときに切りましょう。

それでも怖がる子には、爪用の紙やすりもよいですよ。ささっとできてしまうので、じっとしていられない子どもにもおすすめです。

また、ネイルサロンや巻き爪の人が使用しているニッパータイプの爪切りもおすすめです。普通の爪切りで爪を切るときの音は、カーブした爪を伸ばして切っている音で、爪に負担がかかっています。

ニッパータイプの爪切りは、爪の端から小刻みに切るので、爪に負担をかけず、ママにもおすすめです。

端から少しずつ切り深爪にならないよう注意

爪を切るときは、端から少しずつ切っていきましょう。爪は指に沿ってカーブして生えているので、真ん中からパチンと一気に切ってしまうのはよくありません。爪が縦や横に割れてしまったり、爪の先端が薄く剥がれる二枚爪になってしまうことがあります。

また、爪の白い部分は1~2mm残すようにしましょう。白い部分を無くそうとすると、爪切りを爪と皮膚の間に押し当てて切ることになり、爪と皮膚をつなぐハイポニキウムを傷つけてしまいます。

正常な爪は、爪の先と指の先が同じ位置になっている状態です。もし自分の爪が指先より短い場合は、爪を深く切る癖があって、それが積み重なった結果の可能性があります。子どもの爪もそうなってしまわないよう、気をつけて切りましょう。

足の爪は「スクエアオフ」を意識する

足の爪は切り方を間違えると、巻き爪の原因になってしまいます。足の爪は手の爪と違って、指先と同じようにカーブを描いて切るのはよくありません。

足の爪を切るときには「スクエアオフ」という切りかたをします。これは、一番爪の強度が高い切り方です。

指の形にそってカーブにせず、まずはまっすぐ横に直線に切ります。角は切りませんが、このままだと引っかかって怪我をしてしまいますので、角を少しやすりで削ります。

上手な削り方は45度の角度で爪にあてて、ゴシゴシこするのではなく同じ方向にやすりを動かします。やすりは表と裏で粗さが違います。丁寧に仕上げるのであれば、先にやすりの粗い方で削り、細かい方で仕上げをしましょう。

4歳児が爪切りを嫌がらない方法とは

子どもの興味を爪からそらそう

子どもが大好きなDVDやテレビ番組の録画、youtubeに集中している間に切ってしまうのはいかがでしょう。すぐに切り始めるのが無理でしたら、子どもが映像に集中してから切ってみてくださいね。

爪切りをするとき限定のDVDを用意しているママもいるようです。歌が大好きな子は、一緒に歌を歌いながら切るのもよいですよ。

また、爪切りが嫌だという気持ちから心をそらすため、子どもが好きなキャラクターの爪切りを買ったり、爪切りを数個用意して自分で選んだ爪切りで切ったりすると楽しい気分になります。

おしゃれが大好きな女の子には、ネイル屋さんごっこをしながら爪を切るなど、爪をきれいに切ることはおしゃれの一つだと教えれば、爪切りが好きになるかもしれませんよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC