就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園の送り迎えに困ったらタクシー!園児だけで乗れるタクシーとは

保育園の送り迎えに困ったらタクシー!園児だけで乗れるタクシーとは

ママが妊娠中や下の子がまだ小さいとき、雨が降ったとき、保育園の送り迎えができなくて困ったということもあるでしょう。そのようなときに保育園までの送り迎えを頼める人がいたら心強いですね。園児だけを乗せて保育園に送迎してくれる子ども用タクシーがありますよ。園児だけで乗れるタクシーの詳細をご紹介します。

送り迎えに便利な子ども用タクシーとは?

園児だけでも保育園まで乗車できる

子ども用タクシーは、子育てに関する知識を学んだドライバーが、ママや子どもを指定した場所まで送り届けてくれるタクシーです。妊婦、ママと子ども、子どもだけのコースがあるようですから、園児だけで保育園まで乗せて行ってもらうことができるのです。

普通のタクシーのように乗りたいときに電話をしても利用することはできず、事前に登録と予約をする必要があります。園児だけで乗ることができる年齢はタクシー会社によって多少違うようですが、3~12歳が多いようです。

事前登録をしておけばいつでも利用することができますから便利ですね。全国にあるわけではありませんので、住んでいる地域に子ども用タクシーがあるのか調べてみましょう。

雨の日の送り迎えや赤ちゃん連れに大活躍

ママが妊娠したり、赤ちゃんが生まれて子どもが増えたりすると、保育園や幼稚園の送り迎えや習い事の送り迎えも大変です。保育園や幼稚園に持っていく荷物や、赤ちゃんのお世話に必要なものも持って、赤ちゃんも連れて行くとなるとママは送迎だけで疲れてしまいます。

雨の日になると、子どもを濡らさないように、安全に行くようにと目を配らないといけませんからさらに大変です。そんなときに、子ども用のタクシーがあれば大助かりです。

お金はかかってしまいますが、大変なときは利用したらママは楽ですね。特に雨の日は同じことを考えるママが多いですから、タクシーを捕まえるのが大変です。普段からタクシー会社に登録しておくことで来てもらいやすくなることもありますよ。

子ども用タクシーの利用方法をチェック

子ども用タクシーの利用方法は基本的なことは同じですが、会社によって多少利用方法が違います。どの会社も利用するための事前登録は必要です。

なかには事前に面談するというところもありますし、引き渡し承諾書を保護者と施設側で書かないといけない会社もあります。子どもを一時的に預かるのですからきちんとしているのですね。

登録がすんだら、あとは利用したい日や事前に電話をかけて予約をします。当日予約ができないところもありますから注意しましょう。

担当者を指定することもできますが、指定料を取る会社もありますし、担当者が決まっているところもあります。事前に利用可能な子ども用タクシーがあるかを確認して、利用方法もチェックしましょう。

子ども用タクシーを使うときの注意点とは

思い立ったとき急には乗れない

子ども用タクシーを普段は利用していなくても、急に雨が降ってきたときや、ママの体調が悪いときなどに使いたくなることがありますよね。普通のタクシーであれば空車があれば急に呼んでも乗ることはできますが、子ども用タクシーは思い立って急に乗ることはできません。

子ども用タクシーは事前登録しないと乗れませんし、もともとの数が少ないですから急に乗りたくても空いていないということもあるでしょう。園児を1人で乗せるわけですから、責任をもった対応をするためにも急に乗せることは難しいことなのでしょうね。

いつか使いたいと思っているママは、念のために事前登録しておくと安心です。日頃から利用できるように準備することが必要なのですね。

短時間の利用でも高額になる場合もある

会社によって利用料金は違ってきます。利用する時間によって料金が決まっている時間貸与制の場合は30分2,500円~が多いようです。

予約料金が300円ほどいる場合や、ドライバー指定料が1,000円ほどかかる場合、会員登録料が3,000円ほどかかる場合など、会社によっていろいろな料金設定がありますから、事前に調べてみることが必要ですね。

普通のタクシーと同じ料金設定の場合もありますから、さまざまですね。特別なときだけ使うのであれば多少高額でも使うことができますが、使用する機会が多ければ安い会社を探すのも大事ですね。

料金とともに子どもを安心して任せられるドライバーがいるところを見極めて利用したいですね。

状況によってはタクシーを呼べないことも

いつもは徒歩や自転車を使って保育園に通園しているママも、雨が降ったらタクシーを使うという場合があるでしょう。雨が降ったら保育園への送迎は大変ですからね。

天気予報を見て雨が降りそうな日の前日に予約をしておけば、時間どおりにタクシーが来てくれるでしょうが、当日の朝にタクシーを予約したくてもタクシーが空いていないということもあります。

また、月曜日も保育園の荷物が多い日になりますから、タクシーの争奪戦になりやすいですよ。月曜日は必ず使うと決めておくのであれば、固定して予約しておくとよいですね。

状況によってはタクシーを呼べないこともありますから、そうしたときにどうすればよいのかも考えておく必要がありますね。

保育園の送り迎えを代行できるタクシー3選

全国のタクシー会社が加盟の子育てタクシー

「一般財団法人全国子育てタクシー協会」を知っていますか?子育てタクシーは、この協会が認めた優良会社とドライバーのみが「子育てタクシー」と名乗り加盟できるのです。

全国各地でサービスを提供していますから、住んでいる地域に加入している会社があるか調べてみましょう。コースは四つあり、子どもだけで通園するサポートをしてくれるコースをひよこコースといい、保育園まで送ってくれ送迎が終わると電話をしてくれますからママも安心です。

料金は加盟している会社それぞれで違ってきます。会社によって全コース送迎料とタクシー運賃だけのところや、走行距離や走行時間によって変わってくるところもありますから、事前に調べてみましょう。

特別料金なしな子どもサポートタクシー

九州や関西を中心に実施している地域が限られていますが「子どもサポートタクシー」もあります。子ども1人のみの送迎を請け負ってくれる年齢は、3~12歳が対象ですから保育園の送り迎えもしてくれます。

24時間365日で対応してくれ、子育てシッター養成講座を受けたドライバーが運転をしてくれます。子育てに関する研修を受けて、子どもに対する知識がある人が対応してくれるのですから安心して預けることができますね。

利用料は、通常の運転料金だけで対応してくれますからママも大助かりです。保育園にはママからタクシーで行くことを事前に伝えておく必要があり、スムーズに園児を引き渡せるようにするのですね。送り届けてからママに連絡を入れてくれるので安心です。

見守り機能で安心の国際興業キッズタクシー

大阪の一部の地域で運営している「国際興業キッズタクシー」も、園児だけでの保育園の送迎をしてくれます。タクシー配車「モバくる」でお客様情報を入力してから、利用したい日の前日17時までに予約をします。

運行時間は7~24時、予約をするのは24時間対応しています。料金は、時間制運賃で30分までごとに2,520円になります。チャイルドシートは1台目は無料で貸し出ししてくれますが、2台目以降は500円が必要になります。

見守り機能がついていて、タクシーに乗ったところ、降りたところなどをリアルタイムで確認できますよ。かかった料金は後日、月ごとにまとめて口座から引き落とすことができますので、子どもにお金を持たせる必要がなくて安心です。

まとめ

仕事をしているママの朝は、することがたくさんあって忙しいですよね。保育園の送迎は決められた時間内に子どもを連れて行かなくてはいけませんから本当に大変です。

雨が降ったり、妊娠中で辛かったり、赤ちゃんがいたりで送迎ができないときに、園児だけで乗れるタクシーを使ってみると便利ですよ。事前に登録しておけばいつでも利用できますから安心です。

タクシーを使うのは気が引けるママもいるかもしれませんが、ママが大変なのは周りのママもわかっています。安心して利用してみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj