就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋生まれの赤ちゃんの出産準備!必要な服やグッズ、注意したいこと

秋生まれの赤ちゃんの出産準備!必要な服やグッズ、注意したいこと

赤ちゃんの出産準備はワクワクしますよね。可愛いものを見たら着せてあげたくなりますし、便利そうなものがあったら使ってみたくなりますし。生まれてくる赤ちゃんのために、楽しみながら必要なものを準備してみましょう。秋に生まれる赤ちゃんのために必要な服やグッズ、注意することをまとめてみました。

秋生まれの赤ちゃんに必要なウエアについて

秋におすすめの肌着の種類と必要な枚数

これから生まれてくる赤ちゃんのために、何をどのくらい用意したらよいのか迷うところですよね。暑い夏が終わりかけた9月から寒くなり始める11月頃の秋に生まれる赤ちゃんのために、必需品の肌着を紹介します。

肌着には短肌着、長肌着、コンビ肌着の3種類あります。短肌着と長肌着にはスナップがついていませんが、コンビ肌着には股下にスナップがついています。

新生児は寝てばかりですが、足をバタバタさせることもありますから、動いて肌着がはだけにくいコンビ肌着がおすすめです。最も長い期間使える肌着でもありますね。

新生児はミルクや母乳の吐き戻しやおしっこ漏れでよく汚しますし、洗い替えを考えると、最低でも4~5枚あればよいでしょう。

残暑に対応できるよう肌着の素材を工夫して

9月は秋とはいえ、まだまだ暑いですよね。11月になれば寒くなりますし、暑さと寒さに対応できる素材の肌着を準備しましょう。

この時期の肌着の素材には、赤ちゃんの肌着によく使われている素材の「フライス」がおすすめです。リブ編みの木綿の生地で肌ざわりがよく、伸縮性や吸湿性も兼ね備えています。

暑さが続いている場合は、フライスより少し薄めの平織りの木綿生地の「天竺」や、さらさらした肌ざわりと乾きやすい「ガーゼ」がよいですね。汗の吸収性がよいですから。寒くなりかけている頃には、この上に洋服をきて調整するとよいですね。

ママが肌着を直接触ってみて、肌触りを確認してみましょう。ママが触って気持ちよいと思えれば間違いありません。

気温に合わせて調節できるベストや羽織り

暑い日には肌着だけで過ごせば十分ですが、寒くなってきたら肌着の上に洋服を重ねて着せてみましょう。生まれたばかりの赤ちゃんには短肌着とコンビ肌着を重ねるという方法もありますが、その後の成長を見込んで2wayオールやカバーオールの洋服をそろえておくと無駄がないでしょう。

秋は過ごしやすい季節ですが、寒暖の差がありますので、体温調節できるアイテムをそろえておくと便利ですよ。寒いときに簡単に着せられるベストやカーディガンなどがあると安心です。

生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節が上手にできませんから、ママが赤ちゃんの様子をみて調節しましょう。大人よりも赤ちゃんの方が基礎体温が高いですから、大人より一枚少ないぐらいがちょうどよいといわれます。

気温が下がり始める秋に必要な防寒グッズ

紫外線対策と防寒を兼ねた帽子

生後1カ月をすぎると外出もできるようになりますね。気温が下がり始めて、過ごしやすい季節ですが、紫外線対策もまだまだ必要な時期です。

赤ちゃんは髪の毛もあまり生えていませんから、紫外線が頭皮に届きやすいのです。日に当たればすぐに日に焼けて肌がカサカサになることもありますから、帽子をかぶって紫外線のダメージから頭を守りましょう。

赤ちゃんは体温調節機能が未熟ですから、頭からも熱が放出されやすくなっています。寒くなってきたら、帽子をかぶせることによって、体温の低下を防いであげることができるのです。

ですから、帽子は気温に合わせて素材を替えてかぶるとよいですね。頭を衝撃から守ってもくれますから、そろえておきたいグッズです。

着脱が簡単で便利なレッグウォーマー

赤ちゃんの足首から膝までを保温するレッグウォーマーも、温度調節しやすいグッズの一つです。色々な色や柄のものがあるので、つけているだけも可愛いですよ。

着脱がしやすいので、外に出るときや寒いときに履いていて、室内が温かいときには脱がせることも簡単にできます。大人でもそうですが、足元が温かいと全身が温かく感じますよね。

レッグウォーマーは毛糸、フリース、ガーゼなど色々な素材でできているものがあります。寒いときは少しもこもことした保温性の高い毛糸やフリースで作ったものがおすすめです。

大きさ選びも大切です。大きすぎてはすぐに脱げてしまいますし、きつすぎたら不快に感じてしまいます。程よい大きさのものを選びましょう。

ベビーカーでのお出かけに便利なフットマフ

秋生まれの赤ちゃんがベビーカーでお出かけできるようになったら、寒い時期になっていますね。外が寒いときは、ベビーカーに取り付ける「フットマフ」を使ってみませんか。

ベビーカーで寝てばかりいる赤ちゃんは寒いですよね。ベビーカーにブランケットをかければ温かいですが、足を動かしたり、風がふいたりして落ちてしまうと困りますよね。

そうしたときに便利なのが「フットマフ」です。体全体をすっぽりと包んでくれますので、足を動かしても落ちることはありませんし、温かいのです。「フットマフ」には色々な素材、デザイン、機能性のものがあります。

赤ちゃんのよだれや、飲み残しなどの汚れがつきやすいですから、清潔に保つためにも洗濯しやすい素材を選びましょう。

秋だからこそ気を付けたい家での過ごし方

気温の変化に注意!室温に気を配ろう

暑い夏の名残と寒い冬の間の秋は、気温の変化に注意したい季節でもあります。特に生まれたばかりの赤ちゃんは体温調整がうまくできませんから、周囲が暑ければ体温が高くなり、周囲が寒ければ体温が低くなってしまうのです。ですから、室温を適温にしておくことが大事です。

室温だけでなく、部屋の湿度も併せて気を付けたいですね。部屋の温度は、18~24℃に保つのが理想的です。湿度は40~60%を保ちましょう。部屋の中に気温と湿度が出る温度計をおいておき、随時確認できるようにしておくとよいですね。

朝晩の気温差がある時期ですから、エアコンや加湿器などを上手に利用しながら室温と湿度に気を配りましょう。きっと赤ちゃんも過ごしやすいと思いますよ。

朝晩の寒暖差に注意!布団を調節しよう

新生児は眠っている時間が人生の中で一番長いといわれています。ですから、赤ちゃんにとって、眠っている間に使う布団は重要ですよね。

大人よりも周囲の環境が体温に影響しますから、布団を調節して気持ちよく眠れる環境を作りましょう。秋は朝晩の寒暖の差が大きいですから、調節しやすい布団が理想的ですね。

調節しやすいように、バスタオル、毛布、タオルケットなどをうまく利用しましょう。赤ちゃんはあまり重い布団をかけてしまうと動きにくくなりますので、軽めの布団で布団の下で足などを動かせるようなものがよいですね。

寒いときはバスタオルと毛布、暑いときはバスタオルやタオルケットなどと調節してみましょう。赤ちゃんの様子をみながら判断するのです。

乾燥に注意!丁寧にスキンケアしよう

赤ちゃんの肌はデリケートです。赤ちゃんの肌は大人の半分ほどの厚さしかありませんし、雑菌など外部の刺激から肌を守るバリアー機能が弱いのが特徴です。

ただでさえ乾燥しやすい赤ちゃんの肌ですが、秋はさらに空気が乾燥し、気温も下がる季節です。そのような季節ですから肌の丁寧なスキンケアが大事なのです。

理想的なスキンケアは、肌を清潔に保って、しっかりと保湿をすることです。赤ちゃん専用のボディソープを泡立てて、やさしく洗います。お風呂から上がってからできれば5分以内に保湿剤を塗りましょう。保湿クリームやベビーオイルで構いませんよ。

保湿をしっかりとすることで、肌のトラブルを少なくすることもできますので、出産前にスキンケア用品も準備しておきましょう。

まとめ

秋という朝晩の寒暖の差がある時期に生まれる子のために、身の回りの物をそろえるのは色々と迷いますね。秋に適した肌着や、寒い冬を迎えるための防寒グッズなど適したものをそろえたいですね。

必要最低限なものをそろえておいて、赤ちゃんが生まれてから買い足していくのも一つの方法ですから、全部そろえないとと気負わなくても大丈夫ですよ。

赤ちゃんが身に着けるものだけでなく、家で心地よくすごせるように、少しずつ準備していけたら安心です。赤ちゃんが生まれてくるのが待ち遠しいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018