就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼稚園の先生とうまく付き合おう!コミュニケーションのコツとは

幼稚園の先生とうまく付き合おう!コミュニケーションのコツとは

幼稚園の先生とうまくコミュニケーションがとれると、子どもの園での様子をより多く聞けるなどといったメリットがあります。しかし、先生と話をしたくても「どのようにコミュニケーションをとったらよいか分からない」とお困りのママも少なくありません。ここでは幼稚園の先生とうまく付き合うコツを紹介したいと思います。

コミュニケーションをとるメリットとは

幼稚園での子どもの様子を聞くことができる

子どもの園での様子はママは見ることができません。「何をして遊んでいるのかな」「お友だちとうまくやっているのかな」など気になることはたくさんありますよね。しかし、いつも忙しそうにしている先生を見ていると、子どもの園での様子を聞いてみたいと思っても、遠慮してしまい聞くことができないというママもいると思います。

でも、ママが子どもの様子を聞くことは当然の権利ではないでしょうか。臆せずに、どんどん先生に質問してみましょう。先生も快く教えてくれることでしょう。

タイミングが合わなかったり、幼稚園バスを利用していたりする場合は、園に電話をかけてみてるとよいでしょう。先生のお手すきの時間にゆっくり話すことができるかもしれませんよ。

育児の相談に乗ってもらうことができる

幼稚園に行くようになって、お友だちとのトラブル、登園拒否、トイレトレーニングなど悩むことがあるかもしれません。このようなときも、育児の専門家である先生に相談してみるのもよいでしょう。

特にお友だちとのトラブルは、相手のママに直接連絡するのは避けましょう。直接連絡してしまうと、親同士のトラブルに発展する可能性があるようです。まずは園に相談してみることをおすすめします。

そのほかにも、登園拒否、トイレトレーニング、好き嫌いなどの問題は、幼稚園とお家で連携して解決して行くほうがスムーズな場合もあります。園での様子を知って、対応できることもありますし、先生に相談することで解決の糸口が見つかることだってあるのです。

幼稚園への要望を伝えやすくなる

たとえ自分で納得した幼稚園でも、改善してほしい点や、先生に考慮してもらいたい点が出てくるかもしれません。そんなとき、「わがままをいってはいけないな」などと不満や疑問を溜め込まないようにしましょう。

基本的にはどの先生も、子どもの健やかな成長を一番に考えていると思います。そのために、保護者からの要望や疑問などを聞くことは、先生にとっても、有益な情報となることも多いようです。先生は子どものお家での様子を知ることができませんし、先生だって勘違いすることはあるでしょう。ママのモヤモヤした疑問も、先生の考えを聞いたり話し合ったりすることで解消するかもしれません。

このような先生とのやりとりも、気軽にできるような関係を築いていけたらよいですね。

幼稚園の先生と信頼関係を築くポイント三つ

普段から積極的に声をかける

どんな話題でもよいので、積極的に先生に話しかけてみましょう。

ママも1人ひとり性格が異なりますよね。誰にでもフレンドリーにできるママはまだしも、初対面の相手と何を話したらよいのか分からなかったり、苦手意識を持っていると話しかけづらかったりするのではないでしょうか。しかし、話してみることで、先生の性格や気持ちを理解できるようになり、わだかまりや苦手意識が解消することもあります。

話す話題は些細なことで構いません。天気の話など世間話でもよいですし、育児の悩みや子どもの家での様子を伝えてみるのもよいでしょう。たとえ、会話が続かなくても気にせずにトライし続けることで、お互い話しやすい関係性を築くことができると思いますよ。

批判ではなく要望として伝える

要望があれば、我慢せずに先生に伝えたほうがよいのですが、伝え方には注意や配慮が必要です。

例えば、子どもが怪我をしてしまったとき、「なんでちゃんと見ていてくれなかったんですか?」などと先生を批判するような態度や口調はNGです。「うちの子はやんちゃなので、もう少し気にかけていただくことはできますでしょうか?」などと、要望としてできるだけ丁寧な伝え方を心がけましょう。

もしかしたら、先生にも要望などがあるかもしれません。その場合は、ちゃんと先生の話に耳を傾けましょう。もし、それでも納得いかない場合は、園に相談してみるのもよいでしょう。その場合も、先生を批判するのではなく、「ほかの先生の意見も聞いてみたかったので」などと柔らかく伝えるのがポイントです。

先生が傷つく言葉を使わないよう気をつける

人として、誰かが傷つく言葉を使わないというのは基本的なことですが、あなたはそんなつもりがなくても、先生を傷つけてしまうかもしれません。ここでは、保護者がいってしまいがちな、先生が傷つく言葉を紹介します。

「先生になって何年目ですか?」
幼稚園には若い先生も多いと思います。若い先生にとって、このような言葉は嫌味に聞こえてしまうことがあるようです。

「先生には子どもがいないから分からない」
若いからというだけではなく、子どもがいない理由はさまざまです。実際にそう思ったとしても、先生を傷つけてしまう可能性があります。

このほかにも、「◯◯先生は◯◯だったのに」などと比べる言葉も避けたほうがよいでしょう。

先生とのコミュニケーションは連絡帳が便利

家での様子を知ってもらう

幼稚園に行く機会があまりなかったり、話をするタイミングがなかったりする場合は、連絡帳が先生とのコミュニケーションツールとして役に立ちます。

子どもは楽しそうに過ごしていても、幼稚園では多少なりとも緊張して過ごしていることが多いようです。そのため、お家でしか見せない顔があることも珍しくありません。先生は幼稚園での様子しか見ることができないので、お家でどのように過ごしているかは貴重な情報になります。

連絡帳には、お家でどんな遊びをしているのか、どんなことで機嫌が悪くなったか、休日どのように過ごしたかなどを書いてみるとよいでしょう。先生に子どものことをよりよく知ってもらうことができますし、先生と子どもとのコミュニケーションツールにもなります。

体調不良について些細なことでも伝えておく

体調不良、生活のリズムの変化など、些細なことでも伝えておくとよいでしょう。

「熱が出た」「お腹が痛いといっていた」などといった明らかな体調不良のほかにも、「昨日はいつもより寝る時間が1時間おそくなってしまった」「朝ごはんをほとんど食べなかった」や、たとえ深刻な様子ではなくても、お友だちとケンカになったと子どもが教えてくれた場合など、些細なことでも、連絡しておくことをおすすめします。

子どもは、このような大人にとっては些細なことでも、生活の様子が変化したり、機嫌が悪くなってしまったりすることがあります。先生も何も知らないと対応が難しくなってしまいますが、保護者に知らせてもらうことで、迷わずに適切な対応ができることもあるのです。

先生へ感謝の気持ちを伝える

「幼稚園に行くようになって◯◯ができるようになった」「いつも細やかに子どもの様子を伝えてくれる」、ママにとって先生の存在は心強いものですよね。運動会などイベントの後など、先生に感謝の気持ちを伝えてみませんか?

幼稚園の先生に対して感謝の気持ちは、直接伝えられればよいのですが、タイミングが合わないときもあると思います。「わざわざ電話をするのも…」と思ったときは、連絡帳を使って伝えてみましょう。先生も改めて感謝の気持ちを伝えられることで、やる気も出ると思いますし、努力を保護者に認めてもらえることは嬉しいものです。

そのほかにも、怪我の対応をしてもらったときや、トラブルの後に対応してもらったときなども、改めて一筆お礼の言葉があるとよいでしょう。

まとめ

今回は、幼稚園の先生とうまく付き合う方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

保護者と先生が一緒になって子どもの成長をサポートすることができたらよいですよね。そのためにも、些細なことでも連絡し、疑問や要望はしっかりと伝えることが必要だということが分かりました。

そのときは、先生を不快な気持ちにさせる言葉は避け、先生の意見もしっかりと受け止める姿勢をもちましょう。子どものために、先生と気持ちのよい関係を築くことができたらよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj