就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6歳の子が夢中になれる!オススメの外遊びと屋内遊び

6歳の子が夢中になれる!オススメの外遊びと屋内遊び

6歳児にオススメな遊びやスポットは?6歳は好奇心旺盛で身体も動かしたい時期。自然いっぱいの環境で楽しめるアクティビティや雨の日の室内遊び場などをご紹介します。子どもの成長の助けになる知育玩具や外遊びで人気のおもちゃにも注目。

6歳児ってこんなに成長しています

成長や発育など6歳児の特徴

小学校入学を前にした6歳児は、心身の成長によって遊ぶ内容も変わってきます。生活面では幼稚園、保育園に通い早寝早起きの規則正しい生活が身につき、集団での決め事や友達とコミュニケーションもとることができるようになる年齢です。物事についての良い悪いの分別も理解出来つつあり、遊びもルールを用いて遊びだします。考える力の成長とともにボールを投げたり、リズムに合わせて踊ったりと運動する能力も向上します。

心身の成長や発達には個人差がもちろんあり、運動が得意な子もいれば、心の優しい子もいます。子どもの成長具合を計りながら、遊びという楽しい分野でも子どもの個性を感じ、それぞれの子どもに合った遊びを一緒に探してみましょう。

全身を使って走ったり飛んだり

6歳を過ぎると走り回ったり、飛び跳ねたりの全身運動がなめらかになっていきます。ボールを蹴りながら走ったり、跳び箱を跳んだりするなど動きがダイナミックになっていきます。バランス感覚に優れている子は、補助輪なしで自転車に乗れたり、一輪車に乗ったりできるようになってくる時期です。ただ、補助輪なしで自転車に乗る年齢は運動神経にも関係するので個人差があります。

全身を使った運動と共に手を使った動きも器用になります。器用になることで遊具やおもちゃなど道具を使った遊びの幅が広がり、内容も変わってきます。また、集団遊びも活発になりはじめ、ごっこ遊びなどの役割やルールがある中でお友達と協力し合う遊びにも興味を持ちます。

発想力が豊かになり遊びを考える

幼稚園や保育園などでの集団生活の中で約束事やルールを覚え、友達と一緒に遊ぶ楽しさを共有することを求めだします。その中で物事の良い悪いを理解し、見たものや経験したことをどんどん吸収し、色々と自分で考えて行動をはじめます。

手先の動きが滑らかに使えるようになりだし、ハサミやホッチキスなどの道具も上手に使いこなせるようになることで、切る・貼るができるようになりモノを作って、工作遊びを通じ表現することに楽しさを感じ夢中になる子もいます。

そのような製作活動は、想像力や表現力、意欲性を高めるため子どもの健やかな成長にも役立ちます。また、友達やママを笑わせようと、テレビで見たお笑い芸人のマネをするのも思考力の発達を示す行動の一つとなります。

体いっぱい使う6歳児にオススメの遊び

自然を楽しめるアクティビティ

いつもと違った自然いっぱいの環境で楽しめるアクティビティ。子どもだけでなく大人も楽しむことができ、キッズ向けのプランも用意されています。複数人で行え、6歳児も安心して楽しめる遊びをご紹介します。

【ラフティング】
ゴムボートを使って川下りを楽しめるレジャースポーツ。子ども向けプランは、川の流れも激しくない穏やかなコースが多いので親子で楽しめます。

【パラセーリング】
モーターボートからロープで繋がれたパラシュートに乗って海の上を飛ぶマリンスポーツ。複数人で乗れ、小さな子も気軽に体験ができます。

【カヌー・カヤック】
海や湖などを漕ぎながら自然を感じることができます。安定感がある転覆しにくいタイプでの体験が多く、ゆったりと水の上を散歩できます。

公園で楽しめる人気の遊び道具

バランス感覚が発達し、動きが大きくなる年齢になると外での遊び方の幅が広がってきますね。ボールを蹴ったり、投げたりする以外で楽しめる遊び遊具を紹介します。転んでしまうリスクもありますので、ヘルメットや膝・肘あてをしてケガの予防をしておきましょう。

【リップスター・エスボードetc.】
一般的なスケートボードとは違い、体をひねりながら進むスケートボード。子ども用のサイズもあり、全身を使って乗りバランス感覚を養います。

【キックボード・キックスケーター】
子どもに定番の乗り物は、ハンドルが付いており安定するためすぐに乗ることができます。三輪、二輪もあり、子どもに合ったものを選択できます。

外遊びの際に注意したいポイント

すべり台やジャングルジムなど公園の遊具で遊ぶ中で、またレジャー施設など自宅ではできない遊びの中で、思わぬ事故が起こる場合があります。幼児の場合は保護者が目を離した時に発生するケースが多く、遊具からの転落やブランコを横切って事故になるケースが多いようです。

事故を防ぐために保護者の方は、近くで見守るようにしましょう。また、子どもたちは遊びに夢中になってしまうので、熱中症や脱水症などの予防のため、適度に休憩をして水分をとるように勧めてあげてください。

【外で遊ぶ時の服装チェック】
・パーカーなど首回りにひもがあるものを避ける
・上着の前を開けっ放しにしない
・遊ぶときはマフラーやひも付き手袋、かばんを外させる
・脱げないように足に合った靴を履かせる

屋内で楽しむ6歳児にオススメの遊び

雨の日や寒い日でも動き回れる遊び場

雨の日や寒い日が続いた時など体いっぱいに遊び回りたい子どもに人気の遊び場所と言えば屋内遊園地。ふわふわ遊具やボルダリングなどがあり活発に動く子に最適です。大型ショッピングモール内にあることが多いこともあり、子どもはパパに任せてママはゆっくり買い物を楽しむこともできます。

その他にキッズカフェもよいでしょう。お店にもよりますがアスレチックを併設しているカフェもあり、子どもが遊んでいる間は、ママはゆっくりお茶を楽しめます。

無料で楽しみたい方は近くの児童館を探してみましょう。広々した多目的ホールがあるようなところでは、簡易遊具などを用意しているところも多く自由に遊ぶことができます。同じ年齢の子どもがいるママとの交流の場としても利用できます。
32 件

ライター紹介

羽根田 圭司

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC