就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どものストローマグの基本の「き」。買い替え不要のマグの選び方

子どものストローマグの基本の「き」。買い替え不要のマグの選び方

サーモスの「真空断熱ストローマグ」

水筒で有名なサーモスの販売している、ステンレス製の魔法瓶タイプのストローマグになります。魔法瓶なので飲み物の温度が変わらず、暑い時期などは冷たい飲み物を飲むことができます。

ストローが抜けにくいので、子どもがストローを引っ張っても大丈夫です。上フタはワンタッチで開閉でき子どもが成長すれば自分で開けることができます。

ハンドル付きタイプと無しタイプがあるので、子どもの成長に合わせて使い分けが可能です。部品も細かく分解でき、丸洗いできるので清潔に保てます。

底にはシリコンが使われているので、落下しても傷つきにくいのがうれしいですね。トレーニング用せんユニット(別売り)につけかえればストローマグを卒業しても長く愛用できます。

コンビの「テテオ マグストローバルーン」

風船みたいな丸っぽい形状にハンドルが付き、300mlと容量が多めのストローマグになります。つかまり立ちをはじめる9カ月頃から使えます。

「カチッとキチッと漏れにくい」をコンセプトに作られている「ラクピタ構造」でシッカリと飲み物が漏れるのを防いでくれます。飲み口とハンドルが斜めになっているので、赤ちゃんがくわえやすく、かつ持ちやすくなっているのが特徴ですよ。

顔を上に向ける必要がない分、赤ちゃんはとても楽に飲み物を飲むことができます。ストローが細く飲み物が少しづつ出てくるのでちょっとずつ飲みたい子どもにはピッタリですね。

煮沸、電子レンジ、薬液による消毒除菌が可能です。ストラップがついているので持ち運びにも便利です。

まとめ

哺乳瓶やスパウトを卒業した子どもたち。成長に合わせて、ストロー飲みの練習に便利なのがストローマグです。

毎日使うものだからこそ、漏れにくく、子どもが使いやすくママもお手入れが簡単にできるものを選びたいですね。手軽に飲めるストローマグがあれば外出先や、離乳食の際の水分補給がとても楽になります。

おすすめしたもの以外にも色々な種類のストローマグがありますので、子どもにピッタリのものを選んであげてくださいね。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND