就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと楽しむ英語の歌!効果やポイントと試してみたいCDやDVD

子どもと楽しむ英語の歌!効果やポイントと試してみたいCDやDVD

子ども向けの英語教材は、世の中にたくさんあふれています。英語を始めさせたいけれど、何から始めるべきか迷ってしまいませんか?今回は子どもが言葉を覚えるのに役立つ方法や、効果的に習得するポイント、ご家庭で気軽に試せるおすすめのCDやアプリなどをご紹介します。

英語の歌は子どもにどんな効果があるの?

親子で楽しめるから学習効果が大きい

小さな子どもは、歌うことや踊ることが大好きですよね。さらに大好きなママのすることには、自然と興味を示すものです。

子どもに英語を覚えさせたい、そんなときにおすすめなのが、「子どもと一緒に英語の歌で遊ぶこと」です。母語である日本語は、丁寧に文法を教えたりしなくても、子どもは日々の生活の中で、家族の会話などから自然と言葉を習得していきます。

英語の場合も、子どもが自然に英語に触れる機会を作ってあげることが大切です。リズムや音階のある歌ならば、楽しく聞いて無意識に覚えられるメリットがあります。

さらに、ママが楽しく歌うことで、子どもの歌いたい意欲も高まります。細かい発音などは気にせず、親子で一緒に英語を楽しむことからはじめましょう。

英語独特のリズムやアクセントが身につく

英語と日本語では、音のリズムがまったく異なります。子どもに英語独特のリズムを覚えさせるには、歌を使うと効果的です。

特に子ども向けの英語の歌は、歌詞に簡単な言葉が使われており、英語独特のリズムやアクセントをより分かりやすく表現しています。遊びながら繰り返し歌うことで、自然とそれらが身につけることができます。

英語に苦手意識のある大人がうまく発音できないような部分でも、子どもは聞こえるまま素直に声に出すので、驚くほどナチュラルに歌います。意味がまったく分かっていなくても、教え込む必要はありませんよ。

楽しく歌いながら、英語独特のリズム感とアクセントを身につけることができると、その後のスムーズな英語習得へと繋がることでしょう。

よく使われるフレーズが自然と自分のものに

日本の子どもは幼いころから、さまざまな童謡や手遊び歌などを歌い聞かされ、そこからどんどん言葉を吸収していきます。英語圏の子どもたちも、同じように歌をきっかけに英語を覚えていきます。

子ども向けの英語の歌の歌詞には、簡単な挨拶や動作、受け答えなどの日常でよく使うフレーズが多く使われています。サビの部分では、繰り返し同じ歌詞が使われていることも多く、自然と耳に残ります。

繰り返し歌ってフレーズを丸ごと覚えてしまうことで、難しい文法が分からなくても、意識せず声に出せるようになります。ポイントは発音が難しい部分があっても飛ばすのではなく、なんとなくでも声に出し、リズムとアクセントに注意して丸ごと歌いきることです。

成長のきっかけの子どもの“やりたい”が見つかる習い事を見つけよう

PR

「幼児教育」「水泳」「体操」「英語」など、子ども向けの教室は多様にある中で子どもに合った教室を見つけてあげたいとスクール探しに悩んでいるママも多いかと思います。今回は、子どもの持つ「個」を大切にしたプログラムを組む『仙台YMCA』をご紹介します。

英語の歌を親子で楽しむときのポイント

手遊びや体操など体を動かしながら歌おう

ちょっとした工夫で、子どもが英語の歌をより楽しみ、興味を持つきっかけになります。英語の歌にも、日本の手遊び歌と同じような振り付けが付いている歌があります。歌に合わせて体も一緒に動かすことで、ますます盛り上がり楽しい気持ちになります。

また、ただ聞くだけよりも、一緒に声に出して歌う方が、さらに体を動かしながら歌を歌う方が、より記憶にも残りやすくなります。これは、目や耳、口や手などより多くの感覚器官を使った方が、脳への刺激が強まり長く忘れにくくなるためです。

お決まりの振りが決まっていない歌でも、ママがリズムに合わせて手拍子したり、自由に踊るのも楽しいかもしれませんね。ぜひ、親子で一緒に全身を使って楽しんで下さい。

発音は気にせず楽しんで歌うことが大切

子どもが母語の日本語を習得する過程に、おぼつかない赤ちゃん言葉を話す時期があります。この赤ちゃん言葉は、注意して誤りを正そうとしなくても、成長にともない自然と正しい日本語が使えるようになるものです。

大人はただ子どもの気持ちを受け止めてあげるだけで、子どもはどんどん言葉を習得していきます。英語の場合も同じことがいえます。

大切にしたいことは、子どもの「英語で話したい」気持ちを育てることです。子どもが英語の歌を少しずつ声に出し歌い始めたら、たとえ発音がおかしくても注意する必要はありません。

同様にママ自身が英語の発音に自信がない場合も、遠慮せずに歌って問題ありません。子どもと一緒に、楽しむ気持ちを大切にしましょう。

子どもが英語で歌えたらしっかり褒めよう

楽しい映像や音楽、ママの楽しむ姿などを見て、子どもは少しずつ英語の歌に興味を持ち始めることでしょう。子どもが英語の歌を、歌い始めたときがチャンスです。

前項でもお伝えしたとおり、発音などは気にせず、できているところをどんどん褒めてあげてください。子どもはやる気が出ると、驚くべきスピードで成長していきます。

子どものやる気を伸ばすために、褒める機会を作ることも効果的です。パパやおじいちゃん、おばあちゃんなど、ほかの家族にみてもらい「上手だね」と、たくさん褒めてもらいましょう。

また、中には思うように英語の歌に興味を示さない子もいるかもしれません。そんなときでも無理強いせず、その気になるのを気長に待つ姿勢も大切です。

子ども向け英語の歌のCDやDVDとアプリ

アメリカの歌と文化に触れられるCD

アメリカを中心に、世界中で英語を学ぶ子どもたちに愛用されているおすすめのCDをご紹介します。小さな子どもに、初めて英語を触れさせたいときにおすすめしたいのが、「Wee Sing」シリーズです。

「Wee Sing」は英語圏の子どもたちに歌い継がれてきた童謡(マザーグース)や手遊び歌をはじめとする、人気の曲が1枚に50曲ほど編集されています。CDには楽譜と歌詞、手遊びの説明が書かれている本がセットになっており、教材としても優秀な一品です。

日本の子ども向けに学習用として編集された歌とは違い、母国の子どもたちが遊んでいる歌なので、内容は少し難しく感じるかもしれません。文化に触れる感覚で聞き流すだけでも、心地よく感じられることと思います。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版