就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの秋は重ね着で心地よく!着回しに便利なアイテムを教えます

赤ちゃんの秋は重ね着で心地よく!着回しに便利なアイテムを教えます

秋は朝夕と昼間の気温差が大きい季節ですね。赤ちゃんは自力で体温調節ができないので、服を調節することで心地よく過ごせるようにしてあげましょう。では秋にはどんな服を着せたらよいのでしょうか。この記事では温度変化に対応しやすい重ね着のポイントや着回しに便利なアイテムを紹介していきます。

気持ちよく過ごせる秋の重ね着ポイント

空気の層が暖かい!重ね着で体温調節を

暑かった夏が終わり、涼しさを感じるようになると、必要以上に厚着をさせてしまいがちです。朝の肌寒さに慌てて生地の厚い肌着や服を着せると、もし昼間温度が上がったら暑くて不快な思いをさせてしまいます。

赤ちゃんは汗っかきです。涼しい季節でも暖めすぎるとすぐに汗をかきますし、肌着が濡れているのを放っておくと体温が下がってしまいます。

厚い服を1枚着せるよりも、重ね着で保温してあげましょう。重ね着は薄い生地同士の組み合わせでも服と服の間に空気の層ができるので暖かく感じますし、着脱も簡単です。

涼しい場所では多めに着せておき、暖かくなってきたら上に着せているものを脱がせることで体温調節してあげましょう。

保温性の高いやわらかい素材を選んで

肌が薄くてデリケートな赤ちゃんの肌に触れるものは綿が適しているでしょう。綿はやわらかくて肌触りがよいうえに、保温性にも優れています。

綿の中でも編み方や織り方によって夏に向いているものと秋からの季節に向いているものがありますので、涼しくなってくる秋には保温性の高いものを選びましょう。以下、秋に向いているものを紹介します。

・スムース
目が詰まっていてやや厚手の生地なので保温性が高く、肌触りもなめらかです。

・接結天竺
天竺を二重織りにしているため、保温性が高く通気性があります。軽くて肌触りもやわらかです。

・ニットキルト
キルティング加工したニットのため、伸縮性があり保温性にも優れています。秋の後半から冬にかけて活躍します。

もこもこする重ね着はベストで動きやすく

重ね着は体温調節に便利ですが、長袖を何枚も重ねると動きにくくなり、元気に動きたい赤ちゃんにとっては邪魔になってしまいます。また、着せる方も赤ちゃんの腕を何枚もの袖に通すのは大変ですね。

その点、袖がないベストならば赤ちゃんも動きやすく、長袖の上に着せるのも簡単です。忙しいときでも慌てることなく着脱できます。

かさばらないため持ち運びにも便利ですし、保温性にも優れています。リバーシブルや中綿入りなど、デザインも保温性も楽しめます。

気をつけたいのは、ベストは意外に汚れやすいことです。一見きれいに見えてもほこりや食べこぼしで汚れていたりしますので、できるだけ清潔に保ちましょう。

手洗いができるものを選ぶとお手入れが簡単です。

どれくらい着せる?秋の重ね着コーデの基本

3カ月を過ぎたら大人より1枚少なめでも

新生児はまだほとんど動かず体重も少ないため、寒くなると気温の影響を受けやすく、体温が下がってしまいます。このころは大人より1枚多いか同じ枚数を目安に着せます。

3カ月を過ぎると動きが活発になります。赤ちゃんは体温が高めなので、大人より1枚少なくても大丈夫です。

元気に動いているとき、お昼寝のときなど、赤ちゃんは汗をかきやすいものです。涼しくても背中は汗をかいていることがありますので、必要以上に厚着にしないようにします。

手足が冷たいと「寒いのでは?」と考えますが、赤ちゃんはまだ体温調節がうまくできないために手足が冷たいことがよくあります。すぐに服を着せるのではなく、まずは背中に手を入れて体の中心が冷えていないか確認しましょう。

0〜5カ月は肌着にカバーオールが基本

カバーオールは全身を覆ってくれるので暖かく、ねんねの時期のおむつ交換がしやすくなっています。中でもツーウェイオールはドレス型にもなるので、おむつ交換が多い新生児の頃から使えます。

新生児は汗取りも考えて短肌着を着せ、その上にドレス型のツーウェイオールを着せましょう。肌寒いときは短肌着とツーウェイオールの間に長肌着かコンビ肌着を追加します。

足を動かすようになると長肌着では裾がはだけてしまいますので、短肌着の上はコンビ肌着とカバーオールにしましょう。

3カ月を過ぎたら薄着でも大丈夫になってきますので、背中に触って適温を確認しながら短肌着を減らし、コンビ肌着にカバーオールの組み合わせにします。肌寒いときはベストで調節しましょう。

6カ月〜1歳は肌着にセパレートが便利

6カ月を過ぎると体を起こしている時間も長くなり、1人すわり、ハイハイ、つかまり立ちと移動ができるようになりますね。動き回りたい赤ちゃんにカバーオールを着せていると、ボタンを一つ一つとめるのが大変になってきます。

体を起こしていられるようになれば、上下が分かれているセパレートの服の方が着替えの時間を短縮できます。重ね着もしやすくなりますので、上手に体温調節しながら、コーディネートを楽しんでください。

服はセパレートにしますが、肌着だけはお腹が出ないように、股下でとめることができるボディースーツ型が安心です。ボディースーツにはねんねの多い時期に着せやすい前開きと、起きている時間が増えてから便利な頭からかぶるタイプがあります。

着回ししやすい!秋に便利な重ね着アイテム

お腹が出ない!着回し自由なロンパース

ロンパースはカバーオールと同じつなぎになっているので、お腹をしっかり保温してくれますし、抱っこで暴れたりハイハイをしても着崩れることがありません。ロンパースは股から下の部分がなく、カバーオールは足まで覆ってくれるものをさすことが多いようですが、はっきりした区別はなさそうです。

ロンパースは一見ふつうのシャツのようにも見えるため重ね着に向いています。ベストを重ねたり、ボトムにスカートとレギンスまたはパンツを合わせたり、着回しが自由にできますね。

涼しいときは重ね着にしておいて、暑くなったらロンパース一枚になってもかわいいという、何かと便利なアイテムです。また、重ね着風ロンパースならば一枚でコーディネートが完成します。

ハイハイも安心!動きやすいレギンス

レッグウォーマーは暖かくておむつ交換が楽ですが、ハイハイしているとずり落ちてしまうことがあります。レギンスはお尻まで包み込んでくれるのでハイハイも安心ですね。

やわらかな素材で履き心地もよいので、赤ちゃんも動きやすいでしょう。保温性もあるので涼しい秋にも便利なアイテムです。

夏に活躍したショートパンツやスカートをレギンスと合わせれば、秋になってからも使えます。生地の厚さや柄も豊富です。

また、レギンスとパンツが一緒になったレイヤード風パンツや、レギンスとスカートが一緒になったスカッツも便利です。特にレイヤード風パンツは、レギンスにショートパンツを履かせるよりも1枚少なくてすむので、おむつ交換のときに時間短縮できます。

ポンチョもかわいい!体温調節用のアウター

ポンチョはフード付きで袖のない羽織りものです。UV対策用のポンチョならば防寒対策だけでなく紫外線からも守ってくれます。

袖を通す必要がなく、さっと着せることができるので簡単に体温調節ができます。外出先で寝てしまったときにお布団代わりにかけたり、おむつ交換シートの代わりに敷いたり、羽織るという以外にも活躍します。

袖を通す必要がないので、サイズがこまかく決まっていません。成長の早い赤ちゃんですが、ポンチョはサイズを気にせず長く使うことができます。

もう一つ、赤ちゃん用ではありませんが、大人用のポンチョは防寒だけでなく授乳ケープとしても使えます。赤ちゃんを抱っこした上から一緒に羽織ればお互いの体温で一層暖かさを感じられます。

まとめ

涼しい季節も赤ちゃんは元気に動きます。できるだけ赤ちゃんの動きを妨げないような服を組み合わせて、心地よく活動できるようにしてあげましょう。

重ね着は体温調節に適しています。赤ちゃんが汗をかいていないか、寒くないか確認しながら、着るもので調節しましょう。

赤ちゃんの服は短期間でサイズアウトしますので、夏用の薄手の服も重ね着に活用して、必要な分だけ買い足すという方法もあります。着回しを上手に使って秋のコーディネートを楽しんでください。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018