就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

忙しい共働きでも保育園の役員はできる?メリットと仕事の両立方法

忙しい共働きでも保育園の役員はできる?メリットと仕事の両立方法

保育園の役員といえば忙しくて大変なイメージがあり、役員を引き受けることに不安を感じているママは多いのではないでしょうか?そこで、今回は忙しい共働きママでも仕事と保育園の役員を両立させる方法や、保育園の役員をするメリットなどについてご紹介します。

仕事と保育園の役員を両立する方法

役員が忙しいのは行事があるとき

忙しい共働きママにとって、保育園の役員になることは負担に感じることが多いようです。しかし、保護者の負担を考えて職員が行事の企画から運営まで行っている保育園もあります。

保育園の役員の主な活動内容は園によって異なりますが、一般的には年に数回開催される役員会への出席と園の行事の運営やお手伝いです。幼稚園や小学校の役員と比べれば活動は少なく、忙しくなるのは行事があるときで比較的仕事との両立は可能といえるでしょう。

保育園によって異なりますが、役員が関わる行事には運動会やお遊戯会、バザーなどがあります。お花見会や餅つき大会などの季節ごとのイベントなどを開催している保育園もあります。これらの行事での役員の関わり方は園によって異なります。

役員の仕事を一人でかかえこまない

仕事と保育園の役員を両立させるためには、自分一人で役員の仕事をかかえこまないようにしましょう。どのママやパパも忙しいのは同じです。お互いに協力し合って活動することが大切です。

もし自分にはできそうもないことを頼まれてしまったら、周りのママや先生に正直に伝えた方がよいでしょう。安易に引き受けてしまうと、自分を苦しめるだけではなく周りにも迷惑をかけてしまいます。

また、役員になったからといってすべての行事に参加する必要はありません。どうしても都合が悪いときには、ほかの役員のママと交代することもできます。

役員の仕事は一人でかかえこまず、誰かに相談することで負担感は少なくなります。どうせ役員を引き受けるなら、楽しみましょう。

パパとママで協力して乗り切る

パパとママで協力して乗り切ることも、仕事と保育園の役員を両立させるためには必要です。役員の中にはママ一人でがんばっている人もいますが、パパとママが協力し合った方が楽しく活動できます。

役員の仕事の中には、運動会やバザー、餅つき大会など、パパの協力があると助かるイベントがあります。平日は仕事が忙しくて役員の活動に協力できなくても、土日のイベントであればパパでもママと協力して参加をすることができますよね。

また、表立った役員の活動に参加できなくても、ママをサポートすることはできます。ママが役員の仕事で忙しいときには、パパに家事や子どもの世話を手伝ってもらいましょう。家事や育児をパパに覚えてもらうよいきっかけになります。

保育園の役員をするとメリットがある

先生へ気軽に子どもの相談ができる

保育園の役員を引き受けると大変さはありますが、いくつものメリットもあります。その一つが、先生へ気軽に子どもの相談ができることです。

役員でないママは、担任の先生としか関わりが持てないことがほとんどです。それも、保育園の送迎のときが中心で、お互いに忙しくて子どもの相談をゆっくりする時間がほとんどありません。

その点、役員になると担任の先生はもちろん、園長先生を始めとして多くの先生との繋がりができます。保育園に出かける機会が増え、園での子どもの様子を直接見たり、いろいろな先生から子どもの様子を詳しく聞いたりすることができるのもうれしいですね。

また、保育園の先生との距離が縮まるので、相談事があるときには先生に気軽に話をすることができるようになります。

子どもの行事に貢献できた達成感がある

保育園の役員をする二つ目のメリットは、子どもの行事に貢献できたという達成感を味わえることです。特に、大きな行事を終えた後の連帯感と充実感は、ほかでは得がたい喜びがあったという感想を持つ役員の声を耳にします。

行事の当日は、子どもたちが楽しんでいる姿を直接見ることができます。その日のために役員として準備をしてきた当事者の一人ですから、子どもたちの活動に貢献できたという実感はより一層強いものがあります。

地域の子ども会や自治会での人間関係が希薄になりつつある今、保育園での役員としての活動は達成感を味わうことのできる貴重な場となっています。このような達成感を味わったママの中には、次の年も役員を引き受ける人がいるくらいです。

子どもに一生懸命頑張る姿を見せられる

保育園の役員をする三つ目のメリットは、子どもに一生懸命頑張る姿を見せられるということです。家庭の中で日ごろ見ているママの姿とは違って、役員として頑張るママの姿は子どもにとってはうれしく、保育園での生活が楽しくなるきっかけにもなります。

始めは役員という面倒な仕事を押しつけられたと渋々参加をしていたママの中には、子どもの喜ぶ姿を目にして積極的に参加をするようになった人がいます。子どもにとっては、ママが行事のスタッフとして近くにいることは、とてもうれしいことのようです。

仕事で忙しいママにとって保育園の役員は絶対にやりたくないと思うのは当然ですが、少しでも時間が作れるのであれば、チャレンジすることをおすすめします。

保育園の役員は人間関係を広げるチャンス

役員のママと話す機会が増える

幼稚園では送迎時間がほぼ同じで、子どもを幼稚園に預けた後にママたちがバス停や幼稚園の近くで話している光景をよく見かけます。また、茶話会などママ同士の交流の場が多いので、ほかのママたちとの人間関係を作りやすいようです。

一方、保育園のママたちは登園の時間やお迎えの時間がそれぞれ違います。ですから、ママ同士で話す機会がほとんどありません。

しかし、保育園の役員になるとほかのママと顔を合わせることが多くなり、話す機会が増えていきます。特に園の行事に携わることで、多くのママとの人間関係が広がっていきます。

人付き合いが苦手なママでも、役員としての活動であれば話題に困ることはありません。無理することなく、ほかのママたちと話すことができます。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事