就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

近年の幼児を取り巻く環境の変化。問題点と今後の家庭における対策

近年の幼児を取り巻く環境の変化。問題点と今後の家庭における対策

年々変化していく幼児を取り巻く環境。育児に夢中で環境の変化にまで関心がいっていない人もいるのではないでしょうか?近年の幼児を取り巻く環境を知ってみましょう。その中で何が問題になっているのか、家庭はどのような役割を果たしたらいいのか、理想的な家庭環境にするための対策は何があるのかをまとめてみました。

幼児を取り巻く環境の変化とその要因 

幼児の育ちの環境の変化と社会的背景

少子化は近年ますます進んでいます。子どもが少なければ、親が子どもを通して地域の人と接する機会も減ることになります。

それに加えて、働き方や家族の単位が変化し、核家族も増えています。「母がいつもお世話になっています」「お孫さん大きくなったわね」などという世代間を超えた交流の機会が減り、人間関係の希薄化にもつながっているといえるでしょう。

従来のような「成人すれば働いて結婚し、子どもを産み育てるのが家庭のあるべき形」という固定観念にとらわれない生き方を選ぶ人が増えていることも、少子化、人間関係の希薄化に拍車をかけているのかもしれません。

幼児を取り巻く環境は、こうした少子化や人間関係の希薄化などの影響を受けているのです。

環境の変化1 【地域社会の教育力の低下】

幼いうちに人間関係の基礎を学ぶことで、大人になっても抵抗なく人とかかわることができます。ところが少子化が進んでいることで、子どもたちは子ども同士で遊んだり、ケンカをしたり、仲直りしたりという人間関係の基礎を学ぶ機会が減っています。

近年、子どもを巻き込む事件が起こっていることなどから、知らない大人とかかわらないよう親が子どもに伝える傾向があります。地域の大人も気軽に話しかけることをためらい、結果、地域の人とあいさつを交わしたり、いけないことをしていたら注意される、ということも少なくなりました。

今の子どもたちは、子ども同士にせよ、対大人にせよ、人とのかかわりが減っているのです。地域社会の教育力が低下しているといえるでしょう。

環境の変化2 【家庭の教育力の低下】

少子化、核家族化が進み地域の人間関係も希薄になっている中、社会的孤立を感じて援助を求められず、育児ストレスを抱えている親も増えているようです。精神的に余裕がない状態ですね。

また、共働きの夫婦が増え、子どもに手をかける時間が減少している現状もあります。これは時間的な余裕がない状態といえますが、同時に精神的にも余裕がなくなってしまいますよね。

精神的にも時間的にも余裕がない状態になることで、本来家庭で教えるべき「基本的な生活習慣、人に対する信頼感、他人に対する思いやり、社会的マナー」など生活で必要なことを教えられなくなってしまうのです。

こうした様々な要因が絡み合い、家庭の教育力の低下につながっているのでしょう。

幼児期における教育の重要性と家庭の役割

幼児期における教育の重要性

長い人生の中で、幼児期が最も急速に発達する時期といわれています。体の発達はもちろんですが、知性面、感情面、人間関係のかかわり方もこの時期に急速に成長していくとされています。

幼児期は急速に発達をしながら、人間形成の基盤を作っているともいえます。だからこそ、この時期に生活や遊びという具体的で直接的な体験をすることが大切なのです。様々な経験を積み重ねて人は成長しますが、それも基盤がしっかりしていてこそ身につくものではないでしょうか。

この人としての基盤を作ることを「教育」というわけです。子どもは放っておいても育つかもしれませんが、幼児期がこれからの人生を大きく左右する時期と考えると、幼児期における教育が重要なことが分かります。

家庭環境と幼児の性格との関連性

子どもの性格は、親からの遺伝と環境が影響して形成されるといわれています。遺伝はどうにもなりませんが、環境は親の心構えで左右されるともいえます。

子どもにとって一番身近で影響が大きい環境は、親の育て方になるでしょう。たとえば、親が子どもに対して結果だけを気にして成果を認めないと努力の大切さが分からない子になる可能性が高く、親が過保護になりすぎると子どもは自己中心的な性格になりやすいといわれます。

親は家庭で必要な教育をする存在であり、子どもの性格形成に影響を与える存在でもあるのです。親は自分の子どもを一人の人間として尊重することが、のびのびとした自律した子どもに育てる育て方ともいえるでしょう。

幼児教育における家庭の役割

幼児教育は子どもが過ごす様々な場面で行われ、家庭での教育も重要になります。親が子育てすることを通して、人とかかわるうえで大切な信頼関係を築くことになります。

親が安定した対応で愛情をもって子育てをすることで、信頼関係は形成されてきます。信頼関係が築けたら今度は「しつけ」が始まるのです。

「しつけ」は社会生活に適応できるように必要なことを教えていくことであり、褒めて伸ばすかかわりが大切になります。それが子どもの意欲を伸ばすことにもなるのです。

子どもに愛情をもってかかわれば、例え怒られても子どもは理解してくれます。家庭は人生において必要なことを学ぶ役割もありますが、子どもが安心していられるのも家庭の役割になるでしょう。

幼児の環境改善のために家庭でできる対策

子どもとのコミュニケーションを大切に

家庭での教育環境が低下している場合、まずは親が子どもとコミュニケーションをとってみましょう。親が子どもを理解しようとする姿勢は、子どもにとって「自分に関心を向けてくれる」と伝わることになります。その親の姿勢を感じることで、子どもは安心するのです。

コミュニケーションはお互いのことを理解しあうことですが、子どもの全部を知るのは難しいでしょう。子どものすべて知るというより、親が子どもに「関心を寄せている」思いが伝われば十分なのです。

その親の姿勢で子どもが安心することで、親子の信頼関係をより強い関係にしていってくれるでしょう。親子で触れ合う時間が減少している、という家庭環境でもコミュニケーションがそれを補ってくれるかもしれませんね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC