就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児に昼寝は必要?よくある悩みや考えかたと昼寝の見極めポイント

5歳児に昼寝は必要?よくある悩みや考えかたと昼寝の見極めポイント

5歳になり、もうすぐ小学校に入学ですね。今までは当たり前のように昼寝をしていた子どもも、この時期になると子ども自身が昼寝をしたがらなかったり、昼寝はするけれど夜の寝つきが悪くなったりするなど、昼寝に対して疑問を抱くママも増えると思います。そこで今回は5歳児の昼寝問題についてお話しします。

5歳児によくある昼寝にまつわる問題

昼寝をすると夜寝つくまでに時間がかかる

午後に長時間昼寝をする習慣がついていると、夜になかなか寝つけず、寝るまでに時間がかかってしまうというケースも多いと思います。寝かしつけに時間がかかってしまうと、ママも家事をスムーズに済ませることができず、困ってしまいますよね。

子どもによっては、たっぷりと昼寝をしてしまうと夜11時ごろまで眠れないというケースもあるようですよ。昼寝をする場合はなるべく早い時間にさせ、夜の就寝に影響がないよう気をつけることが必要です。

保育園に通っている場合は、昼寝をしなくても大丈夫か、もしくは30分程度で起こしてもらえるかどうかなど相談してみてもよいですね。保育園によっては年長クラスになると昼寝が無い、あるいは個人的に調整をしてくれることもあるようです。

昼寝後に大泣きすることがある

保育園もしくは自宅で昼寝をした後に大泣きしてしまうこと、ありませんか?夜泣きはよく聞くものの、昼寝後に大泣きするなんてあまり聞かないので不安に思ってしまうママも多いかもしれません。

原因としては、昼寝後目を覚ましたらそばにママや保育士がいないので、不安に感じて泣いてしまうことや、目を覚ましたら夢と現実がごちゃ混ぜになってしまい、軽いパニックを起こして泣いてしまうことなどがあげられます。

昼寝後に大泣きしてしまう場合は、優しく背中をとんとんしながら話しかけてあげるもしくは抱きしめると、子どもも次第に意識がはっきりして安心しますよ。昼寝後に大泣きしても子ども本人は覚えていないことが多いようです。

5歳児の昼寝は必要?昼寝に対する考え方

長時間の昼寝は夜に影響するので避ける

長時間の昼寝は、夜の睡眠に大きな影響をおよぼしてしまうので避ける方がよいでしょう。5歳になると、午前中の昼寝はなくなり、午後の昼寝のみしている子どもが多いと思いますが、午後の昼寝も午後3時までに終わらせる方がよいですよ。

午後3時以降に2時間以上の昼寝をしてしまうと、夜寝る時間になってもなかなか寝つけることができずに、子どもだけでなくママも辛くなってしまいます。夜寝る時間が遅くなると、必然的に朝起きる時間も遅くなってしまい、生活リズムも乱れてしまいます。

午後に昼寝をする場合は、できるだけ午後3時までに終わらせるようにしましょう。

就学に備え昼寝はしないほうがよい

5歳といえば、もうすぐ小学校。就学したときの生活リズムについて考えなければなりません。小学校が始まると、朝8時から午後3時ぐらいまで授業があり、その間は勉強に集中する姿勢が身についていなければなりません。

しかし昼寝をする習慣がついていると、学校のリズムに慣れるまでは、午後の授業中に眠たくなってしまったり、先生の話に集中することが難しくなってしまったりします。よって5歳になったら昼寝をさせないほうがよいという説もあります。

夜は早く寝かせるようにし、できるだけ深くぐっすりと眠れるように部屋を暗くし、居間のテレビの音が入ってこないように気をつけたいですね。子どもが寝る時間にパパが帰宅する場合は、協力してもらいましょう。

睡眠も個性!5歳でも昼寝が必要な子も

体の成長は子どもによって異なるので、一概に「5歳になったら昼寝をしてはいけない」と決めつけることはできません。昼寝が必要ない子どももいれば、午後少し寝ることでエネルギーを蓄えるタイプの子どももいます。

昼寝が必要なタイプの子どもが急に昼寝をしなくなってしまうと、夜寝るまでの間に疲れてぐずってしまい、お風呂や夕食を済ませるのが難しくなるかもしれません。また、普段昼寝が必要ない子どもでも日によっては昼寝が必要なときもあります。

無理に「昼寝はさせない」と決めるのではなく、子どもの成長具合と状況によって調整してあげるようにしたいですね。ママが子どもの生活リズムや体調を考慮し、昼寝をしたほうがよいのか見極めてあげる必要がありますよ。

1日を通して睡眠リズムを整えよう

そもそも必要な睡眠時間はどれくらい?

これまで5歳児の昼寝の必要性についてお話してきましたが、そもそも5歳児に必要な睡眠時間はどれくらいなのかご存知でしょうか?年齢が上がるにつれて、必要な睡眠時間は短くなりますが、5歳児はママパパと同じ睡眠時間では十分とはいえないでしょう。

必要な睡眠時間はその日の体調によっても異なりますが、5歳であれば11時間程度といわれています。これより短い家庭は生活リズムそのものを見直す必要があるかもしれません。

近年では、幼児教育の注目も高まり、早くから習い事を始めている子どもも多いですよね。しかし、そのせいで帰りが遅くなり、夜型の生活になって子どもの大切な睡眠時間を減らしていては本末転倒ですよ。

休日も生活リズムを崩さない

ママやパパも休みの日くらいはと、昼前まで寝ていたり、夜更かししたりしていると子どもの生活リズムが崩れる原因になってしまいます。休みの日くらいはという気持ちはわかりますが、5歳はまだ自分で睡眠や時間のコントロールをすることが難しいので、なるべく平日と同じリズムで過ごすように心がけましょう。

保育園や幼稚園に通っている家庭であれば、起床時間や就寝時間だけでなく、昼寝の時間や食事をする時間もなるべく合わせるようにしましょう。こうすることで休み明けの負担も少なくなりますよ。

また、幼児期に生活リズムがきちんと身についていれば、将来たとえ崩れてしまうことがっても立て直しやすいといわれています。休日も規則正しい生活を目指しましょう。
32 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事