就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児に昼寝は必要?よくある悩みや考えかた、昼寝の見極めポイント

5歳児に昼寝は必要?よくある悩みや考えかた、昼寝の見極めポイント

5歳になり、もうすぐ小学校に入学ですね。今までは当たり前のように昼寝をしていた子どもも、この時期になると子ども自身が昼寝をしたがらなかったり、昼寝はするけど夜の寝付きが悪くなったりなど、昼寝に対して疑問を抱くママも増えると思います。そこで今回は5歳児の昼寝問題についてお話しします。

5歳児によくある昼寝にまつわる問題

保育園で昼寝をしたがらない

子どもが保育園で「昼寝をしたくない」とぐずることありませんか?5歳になると体力もついてくるので、昼寝をしたがらないケースも増えてきます。

しかし保育園では昼寝の時間はほぼ必須のところが多く、ほかの子どもたちが昼寝している間にひとりだけ起きて騒ぐと、ほかの子どもたちが眠れず迷惑になってしまいますよね。また、昼寝の時間に保育士たちが休憩をすることもあるので、眠らないからといって起きたままにしておくわけにもいきません。

眠らなくても、その時間はほかの子どもたちと一緒に体を横にして静かに休むようにさせるなど、対応が必要になってきます。どうしても昼寝を嫌がる場合は、先生に相談してみたり、それでも解決しないなら昼寝のない幼稚園への転園も視野に入れてみましょう。

昼寝をすると夜寝付つくのに時間がかかる

午後に長時間昼寝をする習慣がついていると、夜になかなか寝付けず、寝るまでに時間がかかってしまうというケースも多いと思います。寝かしつけに時間がかかってしまうと、ママも家事をスムーズに済ませることができず、困ってしまいますよね。

子どもによっては、たっぷりと昼寝をしてしまうと夜23時ごろまで眠れないというケースもあるようですよ。昼寝をする場合はなるべく早い時間にさせ、夜の就寝に影響がないよう気を付けることが必要です。

保育園に通っている場合は、昼寝をしなくても大丈夫か、もしくは30分程度で起こしてもらえるかどうかなど相談してみてもよいですね。保育園によっては年長クラスになると調整してくれることもあるようです。

昼寝後に大泣きすることがある

保育園もしくは自宅で昼寝をした後に大泣きしてしまうこと、ありませんか?夜泣きはよく聞くものの、昼寝後に大泣きするなんてあまり聞かないので不安に思ってしまうママも多いかもしれません。

原因としては、昼寝後目を覚ましたらそばにママや保育士がいないので、不安に感じてないてしまうことや、目を覚ましたら夢と現実がごちゃ混ぜになってしまい、軽いパニックを起こして泣いてしまうことなどがあげられます。

昼寝後に大泣きしてしまう場合は、優しく背中をとんとんしながら話しかけてあげるもしくは抱きしめてあげると、子どもも次第に意識がはっきりして安心しますよ。昼寝後に大泣きしても子ども本人は覚えていないことが多いようです。

5歳児の昼寝は必要?昼寝に対する考えかた

長時間の昼寝は夜に影響するので避ける

長時間の昼寝は、夜の睡眠に大きな影響を及ぼしてしまうので避ける方がよいでしょう。5歳になると、午前中の昼寝はなくなり、午後の昼寝のみしている子どもが多いと思いますが、午後の昼寝も午後3時までに終わらせる方がよいですよ。

午後3時以降に2時間以上の昼寝をしてしまうと、夜寝る時間になってもなかなか寝付けることができずに、子どもだけでなくママも辛くなってしまいます。夜寝る時間が遅くなると、必然的に朝起きる時間も遅くなってしまい、生活リズムも乱れてしまいます。

午後に昼寝をする場合は、できるだけ30分以内におさめるようにしましょう。保育園に行っている場合「昼寝は30分以内でお願いできますか」と、一言お願いしてみるのもよいですね。

就学に備え昼寝はしないほうがいい

5歳といえば、もうすぐ小学校。就学したときの生活リズムについて考えなければなりません。小学校が始まると、朝8時から午後3時ぐらいまで授業があり、その間は勉強に集中する姿勢が身についていなければなりません。

しかし昼寝をする習慣がついていると、学校のリズムに慣れるまでは、午後の授業中に眠たくなってしまったり、先生の話に集中することが難しくなってしまったりします。よって5歳になったら昼寝をさせないほうがよいという説もあります。

夜は早く寝かせるようにし、できるだけ深くぐっすりと眠れるように部屋を暗くし、居間のテレビの音が入ってこないように気を付けてあげたいですね。子どもが寝る時間にパパが帰宅する場合は、あまり邪魔しないように協力してもらいましょう。

睡眠も個性!5歳でも昼寝が必要な子も

体の成長は子どもによって異なるので、一概に「5歳になったら昼寝をしてはいけない」と決めつけることはできません。昼寝が必要ない子どもいれば、午後少し寝ることでエネルギーを蓄えるタイプの子どももいます。

昼寝が必要なタイプの子どもが急に昼寝をしなくなってしまうと、夜寝るまでの時間疲れてぐずってしまい、お風呂や夕食を済ませるのが難しくなるかもしれません。また、普段昼寝が必要ない子どもでも日によっては昼寝が必要なときもあります。

無理に「昼寝はさせない」と決めるのではなく、子どもの成長具合と状況によって調整してあげるようにしたいですね。ママが子どもの生活リズムや体調を考慮し、昼寝をしたほうがよいのか見極めてあげる必要がありますよ。

5歳児、昼寝が必要か見極めるポイント

朝、早起きができるか

わが子に昼寝が必要なのか判断しにくいこともあると思います。まず朝、早起きができるか様子を見てみましょう。

朝はできるだけ8時前には起きるようにしたいですね。朝の光を浴びるとセロトニンという神経伝達物質が作られます。

そして夜になるとセロトニンを原料とした、睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンが多く分泌されます。メラトニンは体の免疫力を強化する役割を担っているので、できるだけ夜はぐっすりと眠り、メラトニンの分泌をうながすことが大切です。

このように、子どもの健やかな成長のためには朝早起きすることはとても大切です。朝起きるのが遅い子どもの場合は、朝早く起きれるように少しずつ生活リズムを整えてみましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC