就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児に昼寝は必要?よくある悩みや考えかたと昼寝の見極めポイント

5歳児に昼寝は必要?よくある悩みや考えかたと昼寝の見極めポイント

1日を通して睡眠リズムを整えよう

そもそも必要な睡眠時間はどれくらい?

これまで5歳児の昼寝の必要性についてお話してきましたが、そもそも5歳児に必要な睡眠時間はどれくらいなのかご存知でしょうか?年齢が上がるにつれて、必要な睡眠時間は短くなりますが、5歳児はママパパと同じ睡眠時間では十分とはいえないでしょう。

必要な睡眠時間はその日の体調によっても異なりますが、5歳であれば11時間程度といわれています。これより短い家庭は生活リズムそのものを見直す必要があるかもしれません。

近年では、幼児教育の注目も高まり、早くから習い事を始めている子どもも多いですよね。しかし、そのせいで帰りが遅くなり、夜型の生活になって子どもの大切な睡眠時間を減らしていては本末転倒ですよ。

休日も生活リズムを崩さない

ママやパパも休みの日くらいはと、昼前まで寝ていたり、夜更かししたりしていると子どもの生活リズムが崩れる原因になってしまいます。休みの日くらいはという気持ちはわかりますが、5歳はまだ自分で睡眠や時間のコントロールをすることが難しいので、なるべく平日と同じリズムで過ごすように心がけましょう。

保育園や幼稚園に通っている家庭であれば、起床時間や就寝時間だけでなく、昼寝の時間や食事をする時間もなるべく合わせるようにしましょう。こうすることで休み明けの負担も少なくなりますよ。

また、幼児期に生活リズムがきちんと身についていれば、将来たとえ崩れてしまうことがっても立て直しやすいといわれています。休日も規則正しい生活を目指しましょう。

大人が睡眠リズムを整える工夫を

前述のように、5歳はまだ自分で生活リズムをコントロールすることは難しく、大人の生活リズムに染まりがちです。まずは大人がリズムを整えることも大切ですよ。

また、寝る前にはスマホやテレビの画面を見ることはよくないと耳にしたことのあるママもいますよね。子どもは大人よりも様々な刺激を敏感に感じ取ってしまいます。そのため、寝る前にスマホやテレビなどの強い刺激を受けると、脳が興奮状態になり、睡眠に影響を与えるといわれています。

夜に良質な睡眠が取れなければ、日中眠たくなり、いつまでも昼寝が必要になってしまいます。小学校に入学すると日常的に昼寝をすることは難しいので、今から昼寝のいらない睡眠リズムを作っていきたいですね。

5歳児、昼寝が必要か見極めるポイント

朝、早起きができるか

わが子に昼寝が必要なのか判断しにくいこともあると思います。まず朝、早起きができるか様子を見てみましょう。朝はできるだけ8時前には起きるようにしたいですね。朝の光を浴びるとセロトニンという神経伝達物質が作られます。

そして夜になるとセロトニンを原料とした、睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンが多く分泌されます。メラトニンは体の免疫力を強化する役割を担っているので、できるだけ夜はぐっすりと眠り、メラトニンの分泌をうながすことが大切です。

このように、子どもの健やかな成長のためには朝早起きすることはとても大切です。朝起きるのが遅い子どもの場合は、朝早く起きれるように少しずつ生活リズムを整えてみましょう。

夕方から夜にかけてぐずらないか

夕方から夜にかけて子どもがぐずることありませんか?もし心当たりがある場合は、子どもは眠たくてぐずっていることがほとんどなので、午後に短い昼寝をしてみましょう。

もしくは夕飯時にぼーっとしていたり、眠たそうにうとうとしていたりする場合も昼寝が必要です。毎日夜は早く寝て、朝は早く起きるという規則正しい生活を心がけているのにもかかわらず、午後眠たそうな場合は、しばらく30分程度の短い昼寝を続けるようにしましょう。

成長とともに、次第に30分の昼寝も自然と必要としなくなってきます。子どもの体がそのときなにを必要としているのか、そばにいるママが判断することが大切です。30分以上寝てしまう場合は、そっと起こしてくださいね。

昼寝をしても夜ぐっすり眠れるか

昼寝をすると、夜の寝つきが悪くなる場合は、昼寝はあまり必要ではありません。昼寝をすることによって生活リズムが狂ってしまいます。しかし昼寝をしても夜ぐっすり眠れる場合は、その子にとって昼寝が必要だと判断してもよいでしょう。

普段は昼寝をしない子でも、朝早くから体を思い切り動かした日などは、疲れ果てて昼寝をすることもあります。それでも疲れているときは、いつもより早い時間から眠ってしまうこともあるので、このような場合には昼寝をした方がよいでしょう。

このように普段昼寝をしない子どもでも、ときには必要なケースもあるので、子どもの様子を見て柔軟に判断することが大切ですよ。

まとめ

今回は、5歳児に昼寝は必要かどうかについてお話ししましたが、いかがでしたか?3歳ぐらいまでは昼寝をしていた子どもでも、4歳ぐらいになると昼寝の回数も減り、時間も短くなってきます。

昼寝の間にいつも家事を済ませていたママにとって、昼寝がなくなるのはちょっと辛く感じてしまうかもしれませんが、昼寝をしなくなるということは、それだけ子どもの体力もついてきたということです。

昼寝が必要なときは、短い昼寝を午後早い時間に済ませるようにし、就学に向けて子どもの生活リズムを整えていくようにしましょう。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版