就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳の子どもと祝う結婚記念日。親子で素敵な記念日を過ごそう

4歳の子どもと祝う結婚記念日。親子で素敵な記念日を過ごそう

結婚式などの思い出ムービーを子どもと見る

結婚式などの思い出の詰まったムービーがあっても、普段はなかなか恥ずかしくて見ることがほとんどないかもしれませんね。また、子どもにも見せたことがない方が多いのではないでしょうか。

結婚式や新婚旅行などのムービーは、新婚で幸せいっぱいのパパとママの姿が見られる貴重な映像です。子どもと一緒に懐かしいムービーを見て、新婚のときの気持ちを思い出すのもよいですよ。

4歳ごろになると「パパとママ若いね」「ママドレス可愛いね」など、ムービーを見ているとたくさん感想を言ってくれるでしょう。パパとママだけでは見るのが恥ずかしくても、子どもも一緒に見ると笑いながら「このときは◯◯だったんだよ」と思い出話で盛り上がりそうですね。

サプライズを子どもに協力してもらおう

年に一度の結婚記念日に、サプライズを考えているパパやママがいるかもしれませんね。子どもが4歳になると色々とお手伝いができる年齢なので、サプライズに協力してもらって記念日を盛り上げましょう。

たとえば、パパが仕事から帰ってくるまでにお部屋の飾り付けやケーキ作りを手伝ってもらう、ママに買ったプレゼントを子どもからサプライズで渡してもらう、子どもと一緒に感謝の手紙を書く、パパと子どもが料理をママに作るなど、一緒にできそうなサプライズは色々ありますよね。

パパやママになると子どもにサプライズをすることがあっても、されることはほとんどなくなるので、結婚記念日はパパとママが主役になってお祝いを盛り上げましょう。

まとめ

子どもが小さなときは時間に余裕がなく、お手軽に結婚記念日のお祝いを済ませていた方も多いでしょう。4歳ごろになるとお出かけするのも楽になるので、結婚記念日に外食したり、旅行をしたりなど、子どもと一緒に記念日を楽しめますよね。

お家でお祝いするときは特別感を出すために、子どもと料理をする、結婚式のムービーを見るなど、思い出に残る記念日になるように工夫をしましょう。子どもと一緒にお祝いを楽しめると、さらに夫婦の絆が深まりますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事