就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

カミカミ期の手づかみ食べのメリットは?食べやすいレシピとポイント

カミカミ期の手づかみ食べのメリットは?食べやすいレシピとポイント

離乳食が進むとだんだん大人の食事に近づいていきます。その頃になって気になるのが、子どもの手づかみ食べですね。自分から食べようとするのはよいのですが、テーブルの上がすごいことになって、掃除や後片付けが大変です。今回は、カミカミ期の手づかみ食べについてまとめていきます。

カミカミ期に手づかみ食べをするメリット

食べる意欲が増して食事に積極的になる

カミカミ期に子どもが手づかみ食べをするのは、スプーンやフォークが使えるようになるための過渡期の行動で、一時的なことだそうです。スプーンやナイフが使えるようになると自然になくなってくるので、そう目くじらを立てる必要もなさそうですよ。

テーブルの上の食事に自ら手を伸ばして食べるのは、食べる意欲が増してきて食事に積極的になってきた証拠です。掃除や後片付けが大変だからといって、子どもの手づかみ食べをやめさせるのは、逆に子どもの離乳食完了を遅らせることにもなりかねませんよ。

手づかみ食べは、子どもが自分で食事できるようになるための、大切なステップの一つなのですね。もし、自分で手につかんで食べようとする様子が見えたら、できるだけ自然にやらせてあげましょう。

食べ物の感覚が刺激になって発達を促す

手づかみ食べは、まず食べ物を目で見て、手につかみ、口へ持っていって食べる、という連続した動きです。この時期の子どもにとっては、実はとても高度なことなのです。

手づかみ食べをしていると、初めのうちは、途中でこぼしたり、潰したりして、何度も失敗してしまいます。しかし、失敗を繰り返していくうちに、少しずつ上手になっていきます。こうした体験は、感覚器官や運動器官の連動性を高め、力のコントロールや、距離感のつかみ方などを学ばせてくれます。

それだけではありません。食べ物に直に触れ、手を動かしながら食べることで、脳を刺激し、活性化させます。手づかみ食べをすることは、脳や感覚器官、運動器官などを、すべて連動しながら発達させてくれるのですね。

スプーンへの移行がスムーズにできる

手でつかんで、食べ物を口に運ぶという練習をすることで、スプーンやフォークなどへの移行がスムーズになるそうですよ。手づかみ食べは、そのための予行練習になっているのですね。

手づかみ食べをすることで、食べ物の種類によってかたさが違うことを知ります。テーブルと自分の口までの距離感も、うまくつかむことができるようになりますね。

あまり口に詰め込みすぎると飲み込むのが辛くなることや、食べ物のかみ方なども、手づかみ食べをしながら、少しずつ学んでいるのです。これらのことを、スプーンやフォークの使い方と一緒に練習するのでは、子どももパニックになってしまいますよね。

食へのハードルを下げておくためにも、手づかみ食べの時期は必要なわけですね。

手づかみ食べがうまくいくポイント

手づかみしやすい形やかたさを考えよう

手づかみ食べは、後の始末が大変ですよね。テーブルや床の上に食べ物が散乱してしまいます。

だったら、最初から手づかみしやすい形やかたさにしておきましょう。そうすることで、後の掃除がグッと楽になりますよ。省けそうな手間はアイデアを使って省きましょう。

まずは、子どもがつかみやすい大きさやかたさにしましょう。ご飯はおにぎりに、野菜はスティック状にします。柔らかすぎると崩れてしまいますので、適度なかたさのあるものにする必要がありますよ。

スープや汁物は、量を少なめに入れます。その方が、こぼしたときの片づけが簡単です。量が足りないようなら、後から継ぎ足してあげましょう。

海苔に巻いたり、丸めたり、焼き固めてしまう調理法も、こぼした後の処理が楽ですよ。

新聞紙やグッズを使って片づけやすい工夫を

食べ物以外のものにも、ひと工夫しておきましょう。後の掃除が楽になることが分かっていれば、子どもの食べこぼしにも心穏やかに対応できますよ。

食べる前に、こぼしそうな場所に、あらかじめ新聞紙や広告紙を広げておきましょう。いちいち準備するのは面倒なようにも感じられますが、掃除の手間を考えれば、うんと楽ですね。

専用のグッズもありますよ。「日本パフ ポケット付きお食事マット」は、食事マットに食べこぼし用のポケットがついていて、こぼれたものがポケットの中に収まるようになっています。

「Lullababy 吸盤付きボウル3点セット 」は食器の底に吸盤がついています。子どもが食器をひっくり返す心配がなくなりますよ。ふたつきなので、お出かけにも便利です。

遊び食べにならないようにルールを決めて

手づかみ食べは、成長のための大切なステップではありますが、食事ですからルールは必要です。

「ルールを決める」というと、なんだか堅苦しいような感じがしますが、ルールを決めておくことで「なにをしてはいけないのか」ということが、子どもにもはっきり分かります。

例えば、遊び食べ。食べ物に興味が出てくるのはよいのですが、食べ物を投げたり潰すことを楽しんだりすることがあります。それでは肝心の「食べる」ということができません。

そんなときには「遊び食べを〇分以上続けたら、お食事は終わり」と決めておき、様子をみて「じゃ、ごちそうさまね」と、さっと片付けてしまうのです。繰り返すうちに、子どもも「遊んでいると食べられなくなる」ことを理解するようになりますよ。

大人用も一緒に作れる簡単手づかみレシピ

ラップを使って簡単ひとくちおにぎり

ミニおにぎりをたくさん作って、冷凍保存しておくと、準備が楽になりますよ。ラップを使って、簡単に作れます。食べるときにはレンジでチンするだけです。

作り方は、まず、ふりかけなどをつかって、味つきのご飯を準備します。次に、広げたラップに、作った味つきご飯を薄く敷き詰めてゆきます。後は、ラップを筒状に巻いて、端から、ひとくちサイズにねじっていくだけです。

手づかみサイズの小さいおにぎりを、一つ一つ作るのは結構大変ですよね。このひとくちおにぎりを作っておくと、いつでもさっと子どもに食べさせることができます。ねじるだけなので、作るときも簡単ですね。

チャーハンなどのフライパンで調理したご飯でも作れますよ。中に小さめの具などを入れるとおいしそうです。

取り分けで作るじゃがいもおやき

じゃがいもを使った、簡単お焼きを作ってみましょう。手づかみできて、子どもにも食べやすいですよ。

まず、ひとくち大に切ったじゃがいもに、ゆでて柔らかくなった野菜を、細かく刻んで混ぜます。にんじんやほうれん草などがおいしいそうですよ。

混ぜたじゃがいもを、ひとくちサイズに成形していきます。子どもが好きそうな形にしてあげると、喜んで食べてくれるかもしれませんね。最後に両面をフライパンで軽く焼いて、できあがりです。

このじゃがいもお焼きのよいところは、大人の食事を作るついでに作れるところです。大人のポテトサラダを作る工程で、ゆでた野菜を別に取り分けておくことで、一緒に作れます。家族のご飯と一緒に作れれば、離乳食作りも楽になって、時間に余裕ができますね。

パパ用も一緒に!豆腐ハンバーグ

ヘルシーな豆腐ハンバーグなどはいかがでしょう?豆腐の入った和風ハンバーグです。パパ用も一緒に作っておくと、一度にすんで時短ですね。

まず、豆腐とひき肉をボウルに入れて混ぜてから、ひじきやかつお節、パン粉、片栗粉、サラダ油などをお好みで混ぜていきます。そのまま粘りが出るまで、頑張ってこねていきましょう。

ある程度粘りが出てきたら、形を整えます。子ども用はひとくちサイズ、大人用は大きめに作ります。後は、フライパンで焼き目がつくまで、ゆっくり加熱していきます。最後に水を加え、蒸し焼きにしたらできあがりです。

大きさを変えるだけで、大人用の食事の準備も一気に終わるところがよいですね。大人は、大根おろしを添えて、ポン酢をかけて食べると、絶品ですよ。

まとめ

カミカミ期の手づかみ食べは、見た目あまり行儀のよいものではないですよね。しかし手づかみ食べは、脳や感覚器官、運動器官の発達をうながし、スプーンやフォークの予行練習にもなる、大切なトレーニングなのです。

料理の仕方を工夫したり、アイデアグッズを使うことで、片づけを簡単に済ませることもできます。準備を万端にして、好きなだけ手づかみ食べをさせてあげたいですね。その方が、結果的には、離乳食完了後への移行がすんなりといけそうです。

保存のきくレシピなども活用して、うまくカミカミ期を乗り切って下さいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018