就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の気になる癖!子どもの気持ちを知りうまく関わるコツ

幼児期の気になる癖!子どもの気持ちを知りうまく関わるコツ

幼児期の癖は心のサインといわれています。爪を噛んだり、まばたきなどの癖を頻繁に見かけると、ママやパパは気になってしまいますよね。気になる癖にはどんな気持ちが隠されているのか、どのように関わっていけばよいのかなどを分かりやすく紹介していきます。

幼児期によくみられる癖とその特徴

指しゃぶりや物を口に入れる行為

妊娠中のエコーで赤ちゃんが指しゃぶりをしている姿を見たことのあるママもいるのではないでしょうか。お腹にいるときから始まる指しゃぶりは赤ちゃんにとって自然な行為なのでしょう。

指しゃぶりや物を口に入れる行為は年齢によって意味が違ってくるようです。乳幼児のころはものを確認する学習行為、1~2歳のころは眠いときや退屈しているときに多く見られます。3~5歳のころは、不安なときや緊張したときに安心を得たり、心を落ち着かせたりするためにします。

最近は無理に止めさせる必要はないという意見も多くありますが、歯や顎の発達に影響を与える可能性がありますので、6歳を過ぎても指しゃぶりをしているようなら医師への相談をおすすめします。

性器を触る、または自慰行為

子どもが性器を触ったり、自慰行為をしたりしている姿を見て、動揺してしまうママは多いようです。他人に相談しづらく悩んでしまうこともあるでしょう。

幼児期の場合は、顔を紅潮させ呼吸が荒くなるようなことがあっても、大人のような性的行為を連想し、性的欲求を満たそうとしているものではありません。

男児、女児関係なく、性器の周りに温かさや圧迫感を感じると安心感が得られます。たまたま手が性器に触れ、心地よさを感じたことがきっかけになることがほとんどです。

不安を感じ、安心感を得るためや気持ちを落ち着かせるために行為をしている可能性があります。見つけたときは叱ったりせず、興味をほかにそらすよう誘導し、抱きしめるなど安心感を与えてあげましょう。

無意識に動いてしまう癖、チック症

首をかしげるような動きやまばたき、鼻を頻繁にフンフン鳴らすなどの行動が増え、心配になり医師に相談するママやパパは少なくありません。

チック症は大まかにいうと「癖のようなもの」で自分の意思に関係なく動きや声を発します。最近では子どもの10~20%にチック症の症状が見られるといわれ、珍しいものではありません。チック症には、一過性のものや慢性のもの、一定の動きや声を発するものなどさまざまなものがあります。

チック症は体と心の成長過程で起こるもので、多くの場合は一過性で1年未満で症状が消えていきます。それ以上長引く場合は慢性チック症と呼ばれます。

ストレスを感じやすい・人見知りの子がなりやすい傾向があり、家族の理解と協力で症状が治まることがあります。

気付いて!癖のウラにある子どもの気持ち

緊張やプレッシャーを感じている

癖は子どもの性格や精神状態によって違います。もし、以下のような癖が見られたら緊張やプレッシャーを感じているかもしれません。

・ぎゅっと目をつむるのを繰り返す
・目をパチパチするようなまばたきを頻繁にする
・首や肩をゆする 
・鼻をフンフンと鳴らす
・喉が詰まったような咳ばらいをする

チック症の症状にも当てはまるまばたきは3歳ころから、鼻を鳴らす癖は5歳ころから始まり、女の子より男の子に多い傾向があります。

指摘をしてしまうと余計にプレッシャーを感じる可能性がありますので、そっと肩や手に触れたり、声をかけたりして気をそらしてあげましょう。

チックの症状は環境の変化が原因となることがあるので、最近変わったことがないか考えてあげてください。

不安やさみしさ、かまってほしい気持ち

不安や寂しい気持ちがあるときは、以下のような癖が現れることがあります。

・爪を噛む
・唇を噛む
・髪の毛を抜く

不安やさみしさが背景にある場合の指しゃぶりの癖は1歳ころから、唇を噛むようになるのは3歳ころ、爪噛みは5歳ころから始まるといわれています。

安心感を得るためにママのおっぱいを吸っていたように、爪噛みや唇を噛むことも口唇欲求行動の延長上にあるものだと考えられています。服の首や袖を噛んでしまうのも、それに当てはまります。

深爪するほど常習的に噛んだり、髪を抜いたりする自傷行為は、親の関心が欲しい、欲求不満や苛立ちを抱えているなどが原因となっています。

また、弟や妹ができる、引っ越しなどの環境の変化が影響している場合もあります。

リラックスしているときに起こることも

癖はネガティブな精神状態なときにだけ現れるわけではありません。リラックスしているときに起こる癖もあるのです。

例えばボーっとテレビを見ていたり、布団に入り寝入る前に性器を触ることです。本人は無意識にそこに手がいくことが多いのですが、触ると気持ちがよいので続けてしまいます。

体も頭もリラックス状態にありますので、止めるタイミングもなかなかありません。見つけたときは「恥ずかしいから止めなさい」と怒ったりすると、悪いことと認識し隠れてやるようになってしまうかもしれません。

ママのいうことが分かる年であれば「大事な部分を汚い手で触ると痛くなることがあるんだよ」などと、きちんと説明してあげましょう。

幼児期の癖、子どもにうまく関わるコツ

子どもの気持ちをくみ取り代弁してあげる

子どもは上手に自分の気持ちを言葉で表したり、ママやパパに伝えることができません。子どもの癖は、そのときの精神状態や気持ちなどを表していることが多くあります。

子どもが癖という形でママやパパに伝えようとしていることを分かってあげられず放置してしまうと、子どもの心はますます不安定な状態になってしまうかもしれません。

例えば、親に不安な気持ちを持っていることに気づいてもらえずそのまま成長していけば、自分に自信が持てなくなってしまい消極的な性格になってしまうかもしれません。

癖はママやパパに対して気づいて欲しいというサインの意味もあります。ママはそんなサインに気づいて、子どもの気持ちをくみ取り「これが不安なのかな?」と代弁してあげられるとよいですね。

子どもがほかに夢中になれるものを提案する

一度癖になったものを止めさせるのは簡単ではありません。親は時間をかけて辛抱強く付き合っていく必要があります。

癖の原因は、寂しい、不安、ストレスを感じている、退屈しているなどさまざまですよね。そこでおすすめなのが、なにか夢中になるものを見つけてあげることです。夢中になってなにかに取り組んでいるときは、子どもはそのことに集中し不安やストレスを感じません。

なにかを押し付けたり、特別なものであったりする必要はありません。好きな絵本や図鑑を探してみたり、好きなキャラクターのものを集めるなど簡単にできることから始めてみましょう。

なにか作ることや体を動かすことに夢中になれれば、できたときの達成感が生まれ、自信に繋がるのではないでしょうか。

ほかの方法で安心感と心地よさを提供する

ママの二の腕や耳たぶを触る、お気に入りのタオルを握りしめたり噛んだりするなど、安心感と心地よさを得る方法は子どもによってさまざまです。

悪いことではないと分かっていても、できればやめさせたいと思う癖は、自分の性器を触ったり、自慰をすることではないでしょうか。

子どもにはその行為に対して罪悪感がないので「ここを触ると気持ちがよくなるんだよ」などと、誰かにいってしまうことがあるかもしれません。

そんなとき、ママやパパは一生懸命説明をして止めさせようとするより、自慰の代わりに安心感と心地よさを感じられる方法を提案してみてはどうでしょうか?

ぬいぐるみを抱きしめる、フェイクファー、ベルクロなど好きな感触のものを代わりに触るのもおすすめの方法です。

まとめ

子どもの気になる癖は愛情が足りないからではないかと、自分を責めてしまうママもいると思います。子どもは感受性の強い子、打たれ強い子、弱い子などそれぞれです。同じように愛情をかけても、兄弟で受け取りかたが違うこともあるでしょう。

また、家庭だけに原因があるとは限りません。保育園や幼稚園に通っている場合は、先生に園での様子を聞いてみてはどうでしょうか。

まずは、子どもと向き合い、スキンシップを多く取ってみてください。それでも改善されず、ママの心配が大きくなってしまったら、医師などに相談することをおすすめします。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018