就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

パパの単身赴任は赤ちゃんに影響する?上手に対策して乗り切ろう

パパの単身赴任は赤ちゃんに影響する?上手に対策して乗り切ろう

赤ちゃんの誕生を喜んでいたのもつかの間、パパに転勤の辞令が出ることがあるかもしれません。パパが単身赴任をすることになった場合、赤ちゃんにどのような影響があるのかが気になりますよね。単身赴任のパパと赤ちゃんが触れ合えるように対策を立てて、子育てを乗り切りましょう。

パパの単身赴任で想定されること

赤ちゃんがパパ見知りをする可能性がある

生後6カ月ごろから人見知りが始まることが多いといわれています。生活環境や家族構成などによって違いがあり、生後3カ月ごろから人見知りが始まる赤ちゃんもいれば、それがまったくないという赤ちゃんもいます。

人見知りと同じ時期にパパ見知りが始まることもあります。パパ見知りとは、赤ちゃんがパパを見て泣き出したりパパの抱っこを嫌がったりして、パパへの人見知りをすることです。普段、単身赴任でパパと過ごす時間が少ない赤ちゃんは、パパ見知りをする可能性がありますよ。

パパ見知りを克服するには、パパと赤ちゃんがたくさんの時間を一緒に過ごすことが大切です。パパが帰省する機会が少なくパパ見知りがおさまらなくても、諦めずに赤ちゃんと触れ合う時間を大切にしましょう。

赤ちゃんが夜泣きしたり不安定になる

ママや赤ちゃんは、パパがいない生活が始まると寂しさや不安を感じることがあるでしょう。まだ話すことができない赤ちゃんの場合、夜泣きが始まったり心が不安定になったりするかもしれません。

今まで一緒に暮らしていたパパが急にいなくなると、不安になる赤ちゃんは多いようです。とくに、赤ちゃんの身の回りのお世話をこまめにしたり一緒に過ごす時間が多かったりしたパパの場合は、赤ちゃんの寂しい気持ちが夜泣きや心の不安定さに表れるのだそうです。

また、パパが不在の間はママがひとりで育児をすることになります。ママは、自分ひとりで育児ができるのか不安になるのではないでしょうか。それが赤ちゃんに伝わり、不安になって夜泣きをすることがあるのだそうですよ。

ワンオペ育児でママの負担が増大する

最近、よくに耳する「ワンオペ育児」は、単身赴任や仕事の残業などで夫婦のどちらかに育児の負担が掛かっている状態のことをいいます。パパがいない生活では、ワンオペ育児でママの負担が増大することになるでしょう。

ワンオペ育児ではママがひとりで育児や家事をします。赤ちゃんの身のまわりのお世話をしたり一緒に遊んだりする合間に、掃除や洗濯、ごはん作りをしたりしますよね。そうすると、ママの一日はあっという間に終わってしまうでしょう。一日中、赤ちゃんと過ごしていたので誰とも会話をしない日があり、孤独感にさいなまれるかもしれません。

また、パパがいない分まで育児を頑張ろうとしたり赤ちゃんにとってよいママでいようとしたりする義務感が、ママの心の負担になってしまうのです。

単身赴任のパパが赤ちゃんと触れ合う方法

顔を見て話せるツールを利用しよう

ママや赤ちゃんが遠く離れた単身赴任のパパと一緒の時間を過ごすことは、なかなか難しいですよね。頻繁に会いに行くには、時間もお金もかかります。単身赴任先では、パパは仕事が忙しくて家族との時間を持つことが難しいかもしれません。

単身赴任のパパと赤ちゃんが触れ合うには、お互いに顔を見て話せるツールを利用するとよいですよ。パパは赤ちゃんの顔を見て名前を呼んだり話し掛けたりしましょう。そうすると、赤ちゃんはパパを身近に感じて安心できるでしょう。

以前は、メールや電話などが主流でしたが、現在はスマホのアプリやパソコンを使ったコミュニケーションツールが発展しています。これらを上手に使って単身赴任のパパと触れ合いましょう。

休暇はできる限り帰宅して赤ちゃんと会おう

赤ちゃんとパパが触れ合う時間を大切にしたい場合、パパは休暇が取れたらできる限り帰宅して赤ちゃんに会いましょう。実際に会うと、赤ちゃんとパパの距離がぐんと縮まりますよ。

休暇で帰宅した初日などは、普段は会うことができないパパに対して、パパ見知りをするかもしれません。しかし、数日たつとパパ見知りがなくなったりパパと一緒にいたいと思ったりする赤ちゃんが多いようです。

また、パパは離れていた間の赤ちゃんの成長を間近で感じることができます。赤ちゃんの成長は早いので、驚くほどできることが増えているかもしれませんよ。赤ちゃんを抱っこしたりお風呂に入れたりするなど、積極的にお世話をしてスキンシップを取りましょう。赤ちゃんの成長を夫婦で語り合ってもよいですね。

ママと赤ちゃんで赴任先へ遊びに行こう

パパが仕事で忙しく、なかなか休暇を取ることができない場合は、ママと赤ちゃんで赴任先へ遊びに行くとよいでしょう。いつもは自宅でパパを待つことが多い赤ちゃんが、自分が会いに行くとなるとドキドキしますね。

普段から、ママは赤ちゃんにパパの話をしておきましょう。パパが家族のために赴任先で仕事を頑張っていることや赤ちゃんに会いたいと思っていることなどを話しておくと、パパに会いに行くことが楽しみになりますよ。事前にパパには連絡をしつつ、赤ちゃんには「パパびっくりするかな」などと言ってサプライズを装うのも楽しいですね。

また、パパの仕事の都合がよい日に合わせて遊びに行くようにしましょう。パパの負担にならない日を選ぶと心から再会を楽しめますよ。

パパの赴任先へ移動するときのコツとは

電車やバスで赤ちゃんと移動するコツ

パパの赴任先へは電車やバスを使って、長距離移動をするママも多いでしょう。赤ちゃんとの長距離移動は、ぐずったときの対応やほかの乗客への迷惑などの心配があります。そこで、電車やバスで赤ちゃんと移動するときのコツをご紹介しますね。

電車・バスともに、抱っこ紐があると赤ちゃんがぐずったときにすぐあやすことができます。ママと密着しているので、車内でも安心して過ごせる赤ちゃんも多いそうですよ。もし、ベビーカーを利用する際は、赤ちゃんへの安全面やほかの乗客への配慮をし、ラッシュの時間帯を避けるようにしましょう。

事前に移動ルートや時刻表などを調べておくと安心です。赤ちゃんがぐずったとき、途中下車するかどうかの判断がしやすくなりますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC