就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

パパの単身赴任は赤ちゃんに影響する?上手に対策して乗り切ろう

パパの単身赴任は赤ちゃんに影響する?上手に対策して乗り切ろう

パパの赴任先へ移動するときのコツとは

電車やバスで赤ちゃんと移動するコツ

パパの赴任先へは電車やバスを使って、長距離移動をするママも多いでしょう。赤ちゃんとの長距離移動は、ぐずったときの対応やほかの乗客への迷惑などの心配があります。そこで、電車やバスで赤ちゃんと移動するときのコツをご紹介しますね。

電車・バスともに、抱っこ紐があると赤ちゃんがぐずったときにすぐあやすことができます。ママと密着しているので、車内でも安心して過ごせる赤ちゃんも多いそうですよ。もし、ベビーカーを利用する際は、赤ちゃんへの安全面やほかの乗客への配慮をし、ラッシュの時間帯を避けるようにしましょう。

事前に移動ルートや時刻表などを調べておくと安心です。赤ちゃんがぐずったとき、途中下車するかどうかの判断がしやすくなりますよ。

新幹線を使って赤ちゃんと移動する際のコツ

パパの赴任先へ新幹線を使って移動するママもいるでしょう。新幹線を使って赤ちゃんと移動する際のコツを見てみましょう。

新幹線を利用する際は、事前に指定席の予約をしましょう。自由席よりも価格が高いものの、確実に座ることができる安心感があります。お盆や夏休みなどの長期休暇とかさなると、自由席は座ることができないことも考えられます。ママが赤ちゃんを抱っこしたまま新幹線で立ちっぱなしだと、目的地に着くまでに疲れてしまいますよ。

新幹線にはママと赤ちゃんが過ごしやすい座席があります。多目的室が近い座席はおむつ替えや授乳の際に便利です。また、席を立ちやすい通路側の座席は、赤ちゃんがぐずった際にすぐにデッキへ移動できるので、ほかの乗客への迷惑になりにくいですよ。

飛行機に赤ちゃん連れで搭乗するコツ

飛行機での移動は、電車やバスと違って一度乗ると目的地まで降りることはできません。その間、赤ちゃんには大人しく過ごしてほしいですよね。飛行機に赤ちゃん連れで搭乗するのにもコツがありますよ。

搭乗前、遊ばせて疲れさせたり搭乗直前に授乳をしたりすると、機内で寝てくれる赤ちゃんが多いようです。しかし、タイミングが難しく寝てくれない赤ちゃんもいますね。そのようなときのために、お気に入りのおもちゃやおやつなどを用意しておきましょう。

航空会社によって違いはありますが、赤ちゃん連れに優しいサービスを提供していることがあります。赤ちゃん連れの優先搭乗やおもちゃのプレゼントなどのサービスを上手に利用して、快適な時間を過ごしましょう。

まとめ

パパに転勤する可能性がある家庭は多いですよね。そのときの家庭環境やライフスタイルによって、単身赴任を選ぶパパもいます。

パパと離れることで、パパ見知りをしたり不安になって夜泣きが始まったりする赤ちゃんがいます。ひとりで育児をするママへの負担が大きくなることも心配ですね。パパは赴任先からできるだけ帰宅したり、ママと赤ちゃんでパパの赴任先に行ったりして、パパと赤ちゃんが触れ合う時間を作りましょう。

日頃から、コミュニケーションツールを使ってこまめに触れ合い、パパの単身赴任を乗り切りましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版