就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママに人気のセラピストとは!目指すメリットや子育てとの両立のコツ

ママに人気のセラピストとは!目指すメリットや子育てとの両立のコツ

主婦向けの支援制度がある職場を選ぼう

サロン運営をしている企業の中には、主婦向けの支援制度やママ向けの支援制度が充実している職場もあります。セラピストとしての実績を積むために、まずはすでにあるサロンで働きたいというときには、支援制度が充実したサロンを選ぶことがおすすめです。

民間資格を取得するのも高額な費用が必要で、ママの中には受講費用が支払えないという悩みを持つ方もいますよね。首都圏を中心として日本全国に出店している「Re. Ra. Ku」というサロンの場合、セラピストとして働くための知識や技術を学べる研修を無料で受けられる制度があります。このようなサロンであれば、資格がない状態でもセラピストを目指せます。働く時間も、働く人の都合に合わせてくれるそうですよ。

職場の上司や同僚への気遣いを忘れずに

ママへの支援制度が充実している職場だからといっても、すべてが自分の都合によい状態で働けるわけではありません。自分がお休みをすればそれだけ職場の人には迷惑をかけることになりますよね。

日ごろから職場の上司や同僚に対してしっかりと気遣いをしていれば、子どもの急な発熱などでお休みをしたいときに、快く休ませてもらえます。しかし、いつも自分優先、子ども優先でいると「毎回あの人だけずるい」と同僚の不満がたまることもあるでしょう。

サロンで働くためには、ひとりの社会人としての常識や気遣いが必要です。職場で良好な人間関係を築いてこそ、ママが働きやすい環境を整えられるということを理解して行動するようにしましょう。

まとめ

セラピストは人の心や体を癒す知識や技術を持つ人です。自分自身や家族、子どもにとってもセラピストとしての知識や技術は役立ち、ママが目指すにはよい仕事といえますね。

働く場合、短時間勤務も可能ですし独立開業もできる仕事です。ただし、十分な知識や技術を持つ裏付けとして、民間資格を取得することがおすすめです。

ママがセラピストとして働くときにはママを支援する制度があるサロンを選ぶと働きやすいですよ。そのときは周りへの気遣いも忘れないようにしましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC