就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新千歳空港でベビーカーを使うなら?子連れ旅行を快適にする情報

新千歳空港でベビーカーを使うなら?子連れ旅行を快適にする情報

子どもと北海道旅行を計画中のパパやママは「ベビーカーは飛行機に持ち込んで大丈夫なの?」「新千歳空港は子連れでも快適に過ごせるところ?」など、色々と不安になりますよね。ここでは、快適に子ども連れの旅行を楽しめるように、新千歳空港でのベビーカーの利用や子ども連れに嬉しいサービスなどをご紹介します。

ベビーカーを機内に持ち込むときの豆知識

持ち込むならサイズ制限と手荷物数に注意

北海道など、飛行機で旅行先に行く場合は、ベビーカーを持って行けるのか心配になりますよね。

ベビーカーはJALやANA、LCCなど、どの会社も機内に持ち込みができる荷物の大きさの制限を下回るものでなければ持ち込みは不可です。一般航空のJALやANAの場合、100席以上の飛行機は幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内、100席未満は幅55cm×高さ40cm×奥行20cm以内なら持ち込み可能です。

このサイズ以内に折りたためるなら、国内線のみ持ち込みできます。また、機内に持ち込める手荷物数に注意が必要です。機内に持ち込める手荷物は1人一つまでなので、ベビーカーを持ち込むと子どものお世話グッズが入ったマザーズバッグを持ち込みできなくなりますよ。

手荷物カウンターで預けることもできる

機内にベビーカーを持ち込みできなくても、自宅~空港までの間や空港内でベビーカーを活用したい方も多いですよね。しかし、ほとんどのベビーカーは機内に持ち込めないため、ベビーカーを空港で預ける必要があります。

ベビーカーは、空港内の手荷物カウンターで預けましょう。ベビーカーはほとんどどの会社も基本的に無料で預かってくれます。

「あらかじめ予約をしないと預かってもらえないのでは?」と不安になる方も多いと思いますが、事前予約は特に必要ないのでチェックインするときにベビーカーを預けるようにしましょう。搭乗時間ギリギリだと焦ってしまうので、ベビーカーを預ける時間なども考えて時間に余裕を持って行動してくださいね。

手荷物として預けるときの注意点

手荷物カウンターに預けるベビーカーですが、手荷物として預けるときはいくつかのことに注意しましょう。

・ベビーカーにつけている付属のアクセサリーは事前に外しておく(おもちゃ、ドリンクホルダー、フックなど)
・名前と連絡先を書いたタグをつけておく
・破損や汚れが不安な場合は、専用のカバーや保護カバーをつけると安心

搭乗前は混み合うときも多いので、事前におもちゃなどのアクセサリー類を外したり、名前や連絡先を書いたタグをつけたりしておきましょう。

万が一破損した場合は、JALやANAだと受け取りから7日以内であれば修理対応してもらえます。しかし、手続きに時間がかかることもあるので、保護カバーをつけて自分で破損を防ぐのも大切ですよ。

新千歳空港で ベビーカーを利用するには

空港ベビーカーの貸出と返却は案内所へ

無事に飛行機に乗って新千歳空港に着いてからも、空港内で食事をしたりお土産を買ったりなど、空港で楽しむ方も多いですよね。しかし、ベビーカーは搭乗前に預けているため、荷物を持ったまま子どもを抱っこして移動となるとパパやママも大変です。

小さな子どもとの移動の負担を減らせるように、新千歳空港の案内所ではベビーカーの貸出があります。国内線2階のセンタープラザにある案内所と国際線2階・3階の案内所でベビーカーが借りられますよ。

50台くらいのベビーカーの貸出があるため、「子どもがぐずって移動が大変」というママは、まずは国内線2階のセンタープラザの案内所に行くとよいでしょう。返却も案内所でしてくださいね。

各航空会社にも貸出用ベビーカーがある

空港では搭乗手続き後の手荷物カウンターで、機内に持ち込む荷物以外を預ける必要があります。基本的にベビーカーを持ち込むことはできないので、ここからは持参したベビーカーは使えません。

ここから、飛行機に乗るまでに時間があったり、手荷物が多かったりすると、子どもを抱っこしたままというのは大変ですよね。しかし、安心してください。各航空会社にも無料の貸出用ベビーカーがあります。空港内はもちろん出発直前の搭乗口まで利用することができるので安心です。

大手航空会社だと、JALでは「JALスマイルカウンター」、ANAでは「スペシャルアシスタンスサービスカウンター」にあります。格安航空会社のスカイマークでは、チェックインカウンターで貸出しています。

到着先の新千歳空港に手配することも

新千歳空港を出発するときは、ベビーカーの貸出を利用することができました。では、旅行先から帰ってきたときはどうだろうということが気になりますよね。

到着空港で利用できなければまた子どもを連れての移動が大変です。持参したベビーカーがあっても、到着ロビーで預けた荷物を受け取るまでには時間がかかることもあるでしょう。そんなときでも、出発空港で事前にベビーカーの貸出を手配しておくことで、到着ロビーですぐに使えるよう用意してくれるので安心してください。

飛行機の乗り継ぎがある場合でも、初めの出発空港で目的地までの貸出用ベビーカーの確保を手配することができます。貸出用ベビーカーの数には限りがあるので、出発空港には早めに到着して手配しておくとよいでしょう。

新千歳空港は子ども連れでも楽しい!

ベビーカーを利用したまま飛行機を見よう

空港での楽しみといえば間近で見られる飛行機ですよね。新千歳空港にはベビーカーを利用したまま飛行機を見られる場所があります。それは3階のフードコート前の展望スペースです。

展望スペースには大きな窓が設置されていて、遠くまで広がる滑走路や大きな飛行機を間近で見ることができます。まるで搭乗待合室からの眺めと同じような大迫力ですよ。窓際に立って飛行機と一緒に撮影するのもおすすめです。飛行機の離着陸や出発前の外部点検の様子など、なかなか見られない滑走路の様子を楽しみましょう。

室内なので雨の日でも安心です。フードコートには飛行機を眺めながら食事ができるイートインスペースもあるので、そちらでゆっくりしながら眺めるのもよいですよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事