就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが寝るときは注意が必要!寝る場所や服装などでの注意点

赤ちゃんが寝るときは注意が必要!寝る場所や服装などでの注意点

赤ちゃんを寝かせるときに、添い寝をするご家庭が多いのではないでしょうか。近くで寝てくれていると安心ですが、寝る場所や寝かせ方によって、注意しなくてはいけないことがあります。赤ちゃんを安全にかつぐっすりと寝かせるために、寝るときの注意点を確認しておくことが大切です。ぜひ、最後まで読んでくださいね。

赤ちゃんが寝るときに注意すること

うつ伏せ状態で寝かせないこと

寝るときは、うつ伏せで寝ているというママやパパも多いのではないでしょうか。うつ伏せ寝は、野生の動物たちもしているように、動物本来の自然な寝方です。人間もうつ伏せで寝たほうが、呼吸が楽になり血行もよくなります。

赤ちゃんのうつ伏せ寝も、睡眠の質がよくなり深い眠りにつけます。また、吐きにくくなったり、頭の形が変形しにくくなったりします。

しかし、うつ伏せ寝はよいことだけではありません。顔をうまく横に向けられずに、窒息してしまうことがあります。また、原因は解明されていませんが乳幼児突然死症候群(SIDS)の可能性を高めてしまうといわれています。特に寝返りをする前やし始めは、うつ伏せ状態で寝かせないように気をつけてくださいね。

顔の上に布団がかからないようにする

0歳児の不慮の事故での死亡の中で、最も多いのが窒息死です。その中で、就寝中の事故が1番多いとされています。

うつ伏せ寝での窒息を注意するのはもちろんのこと、赤ちゃんを仰向けで寝かせていても顔の上に布団がかからないように注意しましょう。

手足をバタつかせて掛け布団の中に潜り込んでしまったり、掛け布団を引っ張り上げてしまったりします。重い掛け布団を赤ちゃんに使っているときは、顔の上にかかってしまうと口や鼻を圧迫してしまい窒息する可能性が高くなるので特に気をつけてくださいね。

赤ちゃんに使う掛け布団は、薄手のものか軽い赤ちゃん用の羽毛布団がおすすめです。冬場は、厚手の掛け布団になりがちですが、重くなりすぎないように工夫するとよいですよ。

ソファーなどで寝かせない

寝てしまった赤ちゃんを一時的にどこかに寝転がらせたいときに、床は可哀想だからとソファーや大人のベッドに寝かせてしまうこともあるでしょう。寝ているから大丈夫と思い、ちょっとした家事や片付けをするためにソファーなどの高いところに寝かせてしまうのは危険です。

寝返りをし始める前の赤ちゃんでも、不意に寝返ってしまうことがあります。寝返りが上手にできるようになっている子なら、寝ている間に何度も寝返りをするでしょう。いつ寝返りをするかは予測できないので、少しだけと思っても目を離さないようにしましょう。

落下して怪我をしては大変です。ベビーベッドや赤ちゃん用のクッションなど、普段の赤ちゃんの定位置を決めておくと安心ですよ。

パパやママとベッドや布団で寝る際の注意点

ベッドで一緒に寝るときに気をつけること

赤ちゃんとベッドで一緒に寝るときは、硬めのマットレスを使いましょう。大人用のものは、柔らかく体にフィットするものが多いですが、柔らかいマットレスで寝かせると体や顔が埋もれてしまい窒息の可能性が高くなります。

掛け布団は、赤ちゃん専用を用意しましょう。ベビー布団というわけではなく、大人と別のものを使えばよいです。大人と同じものだと、暑かったり重かったりします。また、大人が寝ている間に布団を顔まで引っ張りあげ、赤ちゃんが埋もれてしまうこともあります。

寝かせるときは、落ちないように壁側、または落下防止の柵があるところがよいでしょう。

ベビーベッドがある家では、大人のベッドにくっつけるように置くと添い寝のように寝られるのでおすすめですよ。

布団で一緒に寝るときに気をつけること

ベビー布団などで寝かせていても、手足をバタバタさせて掛け布団をはいでしまい、何も掛けていないなどということが多いですよね。それで大人と同じ布団で寝かせることもあるかと思います。

敷布団で一緒に寝るときもベッドと同様に埋もれさせないことが大切です。敷布団ならベッドとは違い、布団の枚数を増やしやすいですよね。赤ちゃん用に敷布団を新しく用意することをおすすめします。

また、布団周りに物を置くのは避けましょう。まだ動き回れない子でも、何かの拍子に周りに置いてある物を触ってしまうことがあります。倒れてきてぶつかったり、誤飲してしまったりすると大変です。危険だなと思うものはよけておき、寝室はすっきりとしておきましょう。

赤ちゃんと添い寝をするときに注意すること

添い寝での死亡事故は、大人の圧迫による窒息死が多いといわれています。赤ちゃんと添い寝をするとき、大人が赤ちゃんに覆いかぶさらないように注意しましょう。

赤ちゃんが寝たのを確認してから寝るようにしましょう。ママの方が赤ちゃんの動きや変化に気づきやすいので赤ちゃんの隣に、パパはママの隣か別の布団で寝るのがよいですよ。

添い乳をする際は寝ないことが肝心ですが、万が一寝てしまったときの対策を忘れずにしましょう。体が赤ちゃんの方に倒れないように枕で支えるなど工夫をしてくださいね。

また、布団と壁などのちょっとした隙間に寝返りをしてはまったり、落ちてしまったりすることがあります。隙間は作らないように、寝るスペースを作っていきましょう。

赤ちゃんが寝るときの服装で注意すること

お腹が冷えないようにしよう

赤ちゃんは寝ながら手足をバタバタするので、掛け布団をしても数時間後には掛かっていないことがほとんどです。夏場は薄手の服で寝かせることが多くなるので、赤ちゃんが動くことで、はだけやすくなります。気づいたらお腹を全開にして寝ていた、などということも日常的にあるでしょう。

赤ちゃんは、まだ寒いや暑いなどということをうまく表現できません。涼しいくらいだと泣きもせずに寝ていることもあるので、ママが気づかないうちにお腹を壊してしまうこともあります。下痢をしておむつから漏れたりするとママも大変ですよね。

薄手のお洋服で寝るときや寒くなってきたときは、赤ちゃん用の腹巻がおすすめです。肌着の上から腹巻をすると、肌着がはだけにくくなりお腹も冷えないのでよいですよ。

汗をかいたらこまめに着替えよう

赤ちゃんは、体温調整がうまくできないために部屋や外気の温度の影響を受けやすいです。また、体温が高いので寝ているだけでもかなりの汗をかきます。

夏でも冬でも、赤ちゃんが快適に眠れるように、室温を調節していると思います。でも、ママがどんなに気を使っていても、赤ちゃんは汗をかくものです。大人が快適に過ごせる気温でも、赤ちゃんの肌着があせでびっしょりなどということもありますよね。

寝汗で体を冷やしてしまい、風邪をひいては大変です。汗をかいているなと思ったら汗を拭き、こまめに着替えをさせましょう。その際に服の枚数などを調整するとよいですよ。

ぐっすり寝ている赤ちゃんを着替えさせるのはかわいそう、というママは「汗取りパッド」の使用がおすすめですよ。

着せすぎないように気をつけよう

季節にもよりますが、昼と夜で気温差があります。昼間と同じような服装で夜寝かせていると、寝汗をかき体を冷やしてしまう原因にもなります。

冬の寒い時期に、手袋や靴下で手足もしっかりと温めて寝かせるママもいるかと思います。手足は、赤ちゃんにとって体温調整を行う場所なので、手足まで覆ってしまうと体の熱をうまく逃がすことができなくなります。

大人よりも体温の高い赤ちゃんですから、少し寒いかなと思う程度の服装がちょうどよいです。汗のかき具合、顔が火照っていないかなど観察して、着せすぎにならないように気をつけましょう。

汗をよく吸い取ってくれる肌着と腹巻やスリーパーなどをうまく使って、寒すぎず暑すぎずの寝やすい温度調整をしてあげてくださいね。

まとめ

大人は自分で寝やすい体勢や寝やすい布団を選べますが、赤ちゃんは体勢はもちろんのこと洋服や布団の調節ができません。うつ伏せ寝を好む赤ちゃんが多いですが、寝返りが1人でできるようになるまでは、仰向け寝になるように体勢を戻してあげてくださいね。

添い寝は赤ちゃんの気持ちを安定させるためにもよい方法ですが、一緒に寝る際の注意点は忘れないように気をつけましょう。赤ちゃんが寝ているときの様子をしっかりと観察して、気持ちよく寝られる温度管理や環境作りをしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018