就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが笑うとかわいい!笑顔を引き出す遊びやおもちゃを紹介

赤ちゃんが笑うとかわいい!笑顔を引き出す遊びやおもちゃを紹介

小さくって丸くって、赤ちゃんはただ見ているだけでも癒される存在。そんな愛らしい赤ちゃんが笑ってくれたら…ママはもっともっと愛おしくなって、幸せな気持ちになれますよね。赤ちゃんの笑顔を引き出す遊びやおもちゃを知って、コミュニケーションを楽しみましょう。

赤ちゃんの笑う時期や理由を知ろう!

働きかけに反応して笑うのは3カ月ごろから

生まれたばかりの赤ちゃんでも、「生理的微笑」といって笑ったような表情を作ることがあります。これは赤ちゃんが周囲に「かわいい」と思ってもらうため、本能的に笑顔になるためのものです。

ママやパパなど、周りからの働きかけで笑顔になる「社会的微笑」が見られるのは、生後約3カ月ごろから。ママの顔が見えたときや授乳タイム、気持ちがよいときなどに笑顔が見え始めます。

だんだんと「いないいないばぁ」のようなお気に入りのコミュニケーションに対して、はっきりと笑うようになるでしょう。ただし、赤ちゃんが笑う時期にも個人差があるので、遅いからといって過剰に心配する必要はありませんよ。ママをじっくり観察している時期なのかもしれません。

笑顔は赤ちゃんのコミュニケーションツール

赤ちゃんはまだ言葉でコミュニケーションをとることができません。そのため周囲へのアピールは主に「泣く」という手段でおこないます。

不快な気持ちは泣くことで伝えられますが、「嬉しい」「気持ちがいい」「楽しい」といったプラスの感情を伝えるときは「笑顔」がコミュニケーションツールとなります。赤ちゃんが笑うと、不思議と周りも笑顔になってしまいますよね。

赤ちゃんの笑顔が引き出せれば、それは赤ちゃんからの「ママ、幸せだよ」というメッセージともいえるでしょう。言葉でのコミュニケーションができない時期だからこそ、ママやパパの表情、声色、匂いなどすべてを感じ取って笑顔に変えているのです。赤ちゃんからのメッセージを見逃さないようにしたいですね。

たくさんのスキンシップが赤ちゃんを笑顔に

よく笑う赤ちゃんは家族だけでなく周りのみんなを幸せな気持ちにしてくれますよね。知らない人でも赤ちゃんの笑顔を見て「かわいいね」と言ってもらえたら、ママも嬉しかったり誇らしかったりするでしょう。

よく笑う赤ちゃんにするポイントの一つが「スキンシップ」にあるといわれています。特にママとの肌のふれあいが赤ちゃんの情緒を安定させ、心身の成長を促します。愛情をたくさん受けて育つ赤ちゃんは、機嫌がよかったり笑顔が多かったりするでしょう。

また、スキンシップを取ることは赤ちゃんだけでなくママの心の安定にも影響します。赤ちゃんとふれあうことでママのストレスが軽減することも期待できるのです。ママが笑顔だと、赤ちゃんも笑顔になるという相乗効果も生まれますね。

遊びで赤ちゃんの笑いを引き出そう!

タオルやハンカチでいないいないばぁ

赤ちゃんを笑わせるテッパンの遊びといえば「いないいないばぁ」ですね。「こんな簡単なことでこんなにも笑ってくれるなんて!」と嬉しくなって、つい何度もやってしまいます。

手のひらで顔を隠すのもよいですが、おすすめはタオルやハンカチなどの布を使ったいないいないばぁ。ひらひらとした動きが赤ちゃんの興味を引くようで、予想以上に笑ってくれます。頭の上から顔を隠すように布を垂らし、お辞儀をする要領で布を落として「ばぁ!」と顔を見せます。

4、5カ月くらいの赤ちゃんなら、声をあげて笑ってくれるでしょう。赤ちゃんとママの顔の間を布で遮り、至近距離で「ばぁ!」と布をめくるのもかなり笑ってもらえます。笑い過ぎてミルクの吐き戻しをしてしまう子もいるので注意してくださいね。

「鏡に映る自分」には赤ちゃんも興味津々!

お座りできるようになり、周りがよく見えるようになってくると「鏡」を気に入る赤ちゃんも多いですね。4、5カ月ごろでは、まだ鏡の中に映っているのが自分であるという認識はほとんどできていません。

向かい合っている「誰か」が自分と同じように動くので、「誰?」「なにしてるの?」と、単純に興味が湧いているのです。「おもしろい!」と思って笑うと、鏡の中の誰かも笑う…。それを見てまた笑う…。というふうにして、鏡を見せるとじっと見つめたり笑ったりする赤ちゃんが多いようです。

周りに興味が出てきた証でもあるので、成長を感じることができるでしょう。赤ちゃんが鏡を触ったり舐めたりすることもあるので、角のない大きめなものを使うと安全ですよ。

適度な振動も楽しい!ふれあい遊び

しっかりと首がすわる4カ月頃からは、ママやパパとふれあいながら身体をつかって遊ぶのが楽しいですよ。歌をうたったりリズムよく揺らしたりすることは赤ちゃんにとって、とてもよい刺激になります。

〈おすすめのふれあい遊び〉
・長座(脚を延ばして座る)の姿勢で、膝の上に赤ちゃんを乗せて「おうまさん」のリズムでゆっくりと膝を上下させる
・長座の姿勢で膝の上に赤ちゃんを乗せ、「バスにのって」の歌をうたって身体を左右に揺らす
・赤ちゃんのわきの下に手を入れて支え、「あんよ」するように足を左右交互に前に出す

どの動きも注意すべきは「ゆっくり優しく」という点です。赤ちゃんを強く揺さぶることは大変危険なので気を付けてくださいね。

赤ちゃんを笑わせるおもちゃやグッズ

音で笑顔を引き出す手作りおもちゃや太鼓

おもちゃコーナーに行くとたくさんの種類があって、どれを買おうか迷ってしまいますよね。赤ちゃんのおもちゃは、使う期間が短いわりに意外と高価なものが多いのが難点です。

新しいおもちゃを買わなくても、手作りのおもちゃで赤ちゃんの笑顔を引き出すことは十分できますよ。材料が少なくて簡単に作ることのできるおもちゃは「ペットボトルのガラガラ」です。音に敏感な赤ちゃんは、触るだけで音が鳴るガラガラにきっと興味を示すでしょう。

小さめなペットボトルの中にビーズや小石などを入れてから、キャップが開かないようにテープやボンドで固定します。油性マジックで顔や柄を描けば完成です。また、空のミルク缶や段ボールを太鼓に見立てて遊ぶのも、たくさん音が出て楽しいですよ。

動きで笑顔を引き出す人気のおもちゃ

お座りして手で小さなおもちゃを掴めるようになったら、「スロープ」からボールや車を落とすおもちゃがおすすめです。「転がる」「落ちる」を繰り返しながら下に向かって降りていく様子に、赤ちゃんは興味津々。何度も何度も繰り返し遊び続ける赤ちゃんも多いおもちゃです。

0歳から、5、6歳くらいまでの子どもでも夢中になることができるおもちゃなので、長く遊べるというのが嬉しいところ。高価ではありますが、木製のものがぬくもりがあって人気です。

動きのあるおもちゃといえば、昔から変わらず好まれるのが「起き上がりこぼし」です。赤ちゃんの弱い力でもゆらゆらと揺れ、必ず元の位置に戻ってくれるので安心して遊ぶことができます。

心地よい感触に笑顔になるぬいぐるみ

ぬいぐるみが大好きな赤ちゃんも多いですね。触り心地のよいぬいぐるみは、赤ちゃんが大きくなってからも、遊びやねんねのお供になるかもしれませんよ。

「ふわふわ」「もこもこ」など、心地よい感触に赤ちゃんも思わず笑顔になってしまうでしょう。ぬいぐるみを選ぶ際は、触り心地も大切ですが、「洗える素材か」「口に入れても危険ではないか」などにも注意したいですね。

小さなぬいぐるみは手遊びにぴったりです。成長するにつれてぬいぐるみにセリフを言わせるなど「ごっこ遊び」にも発展しやすいでしょう。大きなぬいぐるみは抱きしめたり顔をうずめたり、赤ちゃんが全身を使って遊ぶのにも適しています。ぬいぐるみで遊ぶことは、赤ちゃんの情緒を安定させるにも効果があるとされていますよ。

まとめ

赤ちゃんのお世話は本当に大変ですよね。ママはいつも疲れ切って、ため息をつきたくなることも多いと思います。そんなときでも、赤ちゃんが笑いかけてくれるだけでなんだか急に力が湧いてくるような気持ちになりませんか?

赤ちゃんには不思議な力がありますね。ママは赤ちゃんのお世話に疲弊しますが、赤ちゃんからもらえる幸せや力もたくさんあるでしょう。疲れたときや悩んだときこそ、赤ちゃんの笑顔を上手に引き出したくさん元気をもらって、また家事育児を頑張ってくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR