就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんへの白湯の飲ませ方とは?上手な与え方や注意点について

赤ちゃんへの白湯の飲ませ方とは?上手な与え方や注意点について

「母乳やミルクで水分補給をしているから白湯は不要」という話を耳にしたことはありませんか?しかし白湯を与えてはいけないというわけではなく、白湯を与えるメリットというものもあるのですよ。この記事では、白湯を赤ちゃんに飲ませるときの方法や注意点についてまとめてみました。

白湯を始める時期とメリットやタイミング

白湯を飲ませるのは2カ月頃から

「白湯はいつから飲ませてもよいの?」という疑問を持つママも多いでしょう。おばあちゃん世代から沐浴のあとに白湯で水分補給するように言われると、そうなのかな?と思うママもいますね。

しかし、不安になってネットなどで調べるママもいるでしょう。そうすると、白湯は基本的に飲ませなくてもよいという情報が目に入ってきて、「それなら飲ませてはいけない」と思ってしまうこともあるでしょう。

赤ちゃんに水分が足りている場合は、離乳食が始まるまで白湯は必要ないといわれています。しかし、早くても生後2カ月、できれば3カ月以降にほんの少しだけ飲ませるのならよいとされています。

ほんの少しというのは、ティースプーン1杯程度を試しに口に含ませる程度です。

白湯は水分補給や便秘解消や離乳食の練習に

白湯を飲む目的は、水分補給と母乳やミルク以外の味に慣れ、離乳食へスムーズに移行できるようにするためです。母乳やミルクからいきなり離乳食に移るより味のない白湯を口にしていることで、離乳食への抵抗感が少なくなるといわれていますね。

しかし、赤ちゃんが嫌がっているのに無理やり飲ませる必要もないものです。本来、母乳やミルクをきちんと飲めている赤ちゃんは、水分は十分だからです。

もし、水分補給のために白湯を飲ませるなら、お風呂上がりのタイミングが授乳時間と合わないときや便秘ぎみ、尿が少ないときなどになるでしょう。白湯を飲ませる量が多すぎると、本来必要な母乳やミルクの摂取量が減ってしまい、成長に影響を及ぼしてしまいますよ。

たくさん汗をかいたら白湯を飲ませよう

お風呂上がりのあとの水分補給とともに気になるのが、外でたくさん遊んだあとや夏場に汗をかいてしまったときですね。赤ちゃんや小さい子どもが汗っかきなのは知っていても、大人では考えられないほどの量の汗をかいていてビックリするママもいるでしょう。

汗で頭や背中がビショビショになっているのを見ると、着替えさせるのと同時に脱水症状になっていないか気になりますね。このとき、ちょうど授乳時間なら問題なく母乳やミルクを飲ませますが、その時間とずれているときが困るものです。

白湯の量は、授乳量に影響がない程度にしなければなりません。生後6カ月以降なら体重1kgあたり1日100ml以下にします。それより小さい赤ちゃんは、50ml以下にしましょう。

毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について動画で楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

飲ませてみよう!白湯の作り方と飲ませ方

しっかり沸騰させた軟水がおすすめ

水にもさまざまな種類がありますが、日本の水道水は軟水です。ペットボトルで販売されている水には、ミネラル成分が多い硬水も売られています。海外のものはほとんどが硬水のため、注意が必要です。

赤ちゃんの未発達な胃腸には、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが負担となり、健康に悪影響を及ぼしてしまいます。そのため、ペットボトルを購入する場合は、日本の水か赤ちゃん専用の水を選ぶようにしましょう。

白湯は、ただ水を沸騰させてお湯にすればよいというものではありません。やかんや鍋で沸騰させますが、沸騰してもすぐに火を止めず、ふたをはずして10~15分は沸騰させ続けましょう。

これは、カルキを抜くのと同時に発がん性物質のトリハロメタンを取り除くためです。

やかんやレンジやウォーターサーバーで作る

白湯をやかんで作るのは、誰でもご存知ですね。それでは、ほかにはどんな方法があるのでしょうか?

赤ちゃんにはそんなに量はいらないのに、毎回やかんで沸騰させるのは面倒と思うママもいるでしょう。その場合は、電子レンジで作るというママもいるようです。マグカップや湯飲みに入れた水を電子レンジで1分30秒ほど温めます。

しかし、どちらかというと電子レンジの使用は、一度やかんなどで沸騰させた白湯を温め直すときに使うママが多いようですね。

そのほかに、簡単にお湯になるウォーターサーバーも人気があります。ウォーターサーバーにも各社特徴があり、調乳温度設定があるもの、チャイルドロックつき、静音のものなどさまざまです。それぞれの家庭に合ったものを選びましょう。

哺乳瓶やスプーンを使って飲ませよう

赤ちゃんに初めての白湯を飲ませるときは、小さいスプーンですくって少しずつ試してみましょう。スプーンで飲むのになれたら、小さい器から飲ませてみてもよいですね。

「いつも哺乳瓶なのに、スプーンでうまく飲めるの?」と思われるかもしれませんが、口元にスプーンをチョンと当ててあげると思いのほか上手に飲みますよ。また、量が少ないうちは、哺乳瓶より、無駄なく飲ませることができます。量の調節も簡単ですよ。

月齢が経って、少し多くの量を飲むようになったらスプーンでは時間が掛かりすぎますので、哺乳瓶がよいでしょう。ただし、赤ちゃんによっては哺乳瓶を見てミルクだと喜んで飲んだら違ったということで、哺乳瓶に対して警戒することもありますので気をつけましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版