就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんを坊主にする?あせもや病気から頭皮を守るためにしたいこと

赤ちゃんを坊主にする?あせもや病気から頭皮を守るためにしたいこと

「赤ちゃんを坊主にするとよい髪の毛が生える」と聞いたことはないでしょうか。実はこれ、日本だけでなく海外でもときどき信じられていることです。本当に坊主にするとよい髪になるのか、坊主にすることで危険はないのか調べてみました。赤ちゃんの髪の毛を健康に保つポイントも合わせてみてみましょう。

赤ちゃんを坊主にするならいつから?

坊主にするとよい髪の毛が生えるという迷信

生まれたての赤ちゃんの髪の毛が生えているか、いないか、ママとしては結構気になるものですよね。しばらくすれば生えてくると分かっていても、1歳ごろまで生えないと焦ってしまうことも。

そこでよくいわれるのが「坊主にすると良い髪の毛がはえる」というものです。柔らかくて頼りない赤ちゃんの髪の毛を刈ったり剃ったりすることで、確かにあとから生えてくる髪の毛の断面が大きく見えるため、太くたくさん生えてきたように感じることがあります。

しかし、これはそう感じるだけで、実際に髪の毛が増えたり健康になったりするわけではありません。逆に、バリカンやかみそりを頭皮に当てることで傷つけてしまうこともあるので、赤ちゃんを坊主にするのは控えましょう。

赤ちゃんの頭は汗でいつもムレムレ状態

赤ちゃんは、大人に比べてまだ自分で体温調整をすることが苦手で、汗を出す汗腺の密度も高いことから汗っかきといわれることもあります。とくに頭は、お昼寝や就寝時にもたくさん汗をかき、枕がびっしょり濡れてしまうこともよくありますね。

頭には髪の毛がありますので、汗をかいたままにしておくと蒸れた状態が続き、嫌な臭いやあせもの原因になります。汗をかいたら、蒸しタオルや濡らしたガーゼでこまめにふいてください。

汗をかかないように、部屋の温度を下げたり頭を冷やしたりすることは赤ちゃんの体温調整を妨げることになりますのでやりすぎは禁物です。汗をかくことは悪いことではありませんので、適度に汗をかく生活を心がけ、皮膚を清潔に保つようにしましょう。

伸びてきたら1歳前後でカットしてあげよう

髪の毛の量は少なめでも、1歳前後になると前髪やえりあしも徐々に伸びてきます。前髪が目にかかると赤ちゃんも視界がさえぎられて不快ですし、えりあしが汗に濡れて首に触るとチクチクしてあせもや湿疹ができることもあります。

女の子の場合はゴムで結んであげるなど、長さをキープしたまますっきりさせることもできますが、男の子や結ぶことを嫌がる女の子には、この機会に初めてのヘアカットをしてみてもよいでしょう。美容院でのヘアカットもできますが、じっとしているのが難しい赤ちゃんならおうちでセルフカットに挑戦してもいいですね。

一度も切ったことのない赤ちゃんの髪の毛先で作ることができる「胎毛筆」をオーダーしたいならこの時期がベストです。

バリカンを使ってかわいい坊主のやり方

子ども用バリカンを選ぶときの注意点

男の子はすっきりした坊主もかわいいですね。髪の毛を同じ長さにそろえる坊主にするなら、子ども用のバリカンがあると便利です。

子ども用のバリカンを選ぶときは、安全性が高くママでも使いやすいことがポイントになります。コードがあるものは動き回る赤ちゃんには邪魔になり、赤ちゃんが引っ張るととても危険です。コードレスのバリカンには乾電池式もありますが、充電式の方がパワーがあります。

アタッチメントがあると丸坊主でも長さの調節ができ、ソフトモヒカンなどおしゃれなヘアスタイルも簡単にできます。バリカンの刃を直接赤ちゃんの肌にあてることも避けられるので必須です。

ほかにも、水洗いできること、ママの手にもフィットするコンパクトさも大事ですね。

耳のまわりやえりあしの仕上げが不安

バリカンを使って全体を均一の長さに整えることができますが、耳のまわりやえりあしにバリカンを近づけるのが怖いと感じることもありますね。そんなときは、仕上げにはさみを使いましょう。

赤ちゃんの髪の毛を切るときには、赤ちゃん専用の先が丸くなった散髪ばさみを用意すると安心です。時間をかけると赤ちゃんが飽きてしまうので、スピーディーに迷いなくカットすることがポイントです。

まず、耳まわりは耳の前後に分けて、すっきりさせるために耳の後ろは丸く生え際のラインにそろえ、もみあげは三角に整えてカットします。えりあしは下を向いてもらうとカットしやすくなります。

バリカンである程度そろえておけば、長く残った髪を部分的にカットする程度でよいでしょう。

坊主に飽きたらソフトモヒカン

アタッチメント付きのバリカンがあれば、簡単にかっこいいソフトモヒカンが作れます。ソフトモヒカンとはサイドや後頭部が短く、頭頂部に向かって長くなるグラデーションが特徴のヘアスタイルで、丸坊主よりも都会的でおしゃれと男の子に人気の髪型です。

まず、サイドと後頭部の髪を5mmの長さのアタッチメントをつけたバリカンで、頭頂部に向かって長くなるように力を調整しながら刈ってゆきます。次に、短めのアタッチメントに取り換え、えりあしを刈り上げます。

頭頂部の髪は長さを変えずに整えるだけでOKです。仕上げに気になる部分を子ども用の散髪ばさみでカットしましょう。

小さい赤ちゃんの頭であれば、はさみだけでソフトモヒカンを作ることもできますよ。

剃らないで!女の子の髪の毛お手入れ方法

女の子のヘアーカットアイテム

丸坊主にすることで健康な髪の毛が生えてくると信じられている国や地域では、女の子でも容赦なく坊主にされていることがありますが、これが迷信だと分かったママたちは赤ちゃんの髪が薄くても気長に待つことができますね。

女の子のヘアーカットで必要なものは、赤ちゃん用のはさみ、くしやブラシ、ケープのほかにも毛量調整ができるすきばさみ、ブロッキング用のクリップなどもあると便利です。カットの前に新聞紙をしいておくと掃除もしやすくなります。

少しでもじっとしてもらえるように、赤ちゃん用のチェアに座らせてDVDやテレビをみてもらうのもアイデアです。一度で切るのが難しい場合は「今日は前髪」「明日は毛先」など分けてもよいでしょう。

クルクルくせ毛もとにかくかわいい!

赤ちゃんのくるくるカールしたくせ毛はとてもかわいらしいですね。ただ、くせ毛が気になるママがいるのも事実です。

ママやパパがくせ毛だと遺伝で赤ちゃんもくせ毛になることがありますが、そうでなくても赤ちゃんの髪は柔らかいのでくせがつきやすい特徴があります。成長すればサラサラのストレートになることもありますので、成長を待ってみてもよいでしょう。

ただ、くせ毛は絡まりやすく、雨の日などに広がりやすいなどお手入れが大変なこともあります。毎日やさしくブラシでとかして、湿気の多い日は広がる前に結ってあげましょう。

くせ毛を生かしたヘアスタイルもたくさんあるので、今しかできない個性的なスタイルに挑戦してみてくださいね。

1歳過ぎて薄毛でも心配しなくて大丈夫

人間の髪の毛は、毎日抜けては新しい髪の毛が生えています。赤ちゃんのころも、生後3カ月から6カ月までにすべての毛髪が生え変わるといわれています。

そのころから、今まで生えていた産毛からしっかりした髪の毛が生えてくるようになり、1歳ごろにはふさふさになることが多いようです。1歳過ぎて薄毛な子もいますが、個人差のあることなので心配はいりません。

3歳、4歳になれば髪の量が増えるだけでなく、髪の毛の質も変化することがあります。くせ毛がストレートになったり、柔らかい猫っ毛が太い毛になったりすることもありますので、赤ちゃんのころの髪質はあまり気にしなくても大丈夫です。

ママかパパ、どちらかの髪質が遺伝することが多いので楽しみに待ちましょう。

まとめ

生まれたときにはツルツル頭の赤ちゃんも、大きくなればふさふさ豊かな髪が生えてくるものです。心配し過ぎて坊主にしてしまうと、時代錯誤なだけでなく危険なこともありますので注意しましょう。

汗っかきの赤ちゃんも、頭皮を清潔に保つことで病気やあせもなどを防ぐことができます。ヘアスタイルだけでなく日々のお手入れをしながら頭皮の状態を確認するように心がけましょう。

甘い香りのする赤ちゃんの頭。この期間はとても短いので、存分に楽しみたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018