就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬用グッズで寒さから赤ちゃんを守ろう!失敗しない選び方はこれ

冬用グッズで寒さから赤ちゃんを守ろう!失敗しない選び方はこれ

赤ちゃんとはじめての冬を迎えるにあたり、「赤ちゃんが風邪をひかずに快適に過ごせるようにするにはどのようなものを揃えていけばよいのだろうか」と心配になるパパやママは多いことでしょう。そこで今回は、赤ちゃんを冬の寒さから守るために必要なグッズについてご紹介していきたいと思います。

寒い冬はどんな格好をさせたらよいの?

冬用肌着の枚数と着せ方

日中だけでなく夜間の冷え込みも厳しい冬には、親心からつい厚着をさせてしまいたくなりますよね。もこもことした分厚いウールの服もよく販売されており、寒さ対策のためにも着せたくなることでしょう。

しかし赤ちゃんは一年を通してとても汗っかき。大人より一枚少なめに着せる程度で十分だとされています。あまりに厚着をさせていると大量に汗をかいてしまい、かえって汗で身体が冷えて風邪の原因になることがあるので注意が必要です。

冬でも赤ちゃんの服装は「肌着一枚+ウェア一枚」が基本です。寒さが気になるのであれば、フライスやニットキルトなどの吸湿性や保温性にすぐれた綿100%のものを着せたり、肌着を重ねたりして調整してあげるとよいですよ。

防寒用カバーオールなら寒い日も安心

いくら赤ちゃんが汗っかきだとはいえ、凍えるような寒さの日にはお腹が冷えてしまわないだろうかと心配になりますよね。丈の長い長肌着やボディースーツ型の肌着、上下がつながったカバーオール、腹巻き付きのズボンなど、月齢に応じた冷え対策が大切です。

外出の際にはそれに加えて、防寒用カバーオールが一つあると便利です。部屋着の上から着せてあげるとお腹だけでなく頭や足元までもをすっぽり覆って温めてくれるので、寒い日の外出には欠かせません。

おむつ替えのときに脱ぎ着しやすいよう前開きになっているもの、赤ちゃんが暑そうにしているときに足先を出せるタイプのものなど種類豊富にありますので、お住まいの地域の環境や使い勝手に合わせて選んでくださいね。

着ぐるみタイプはとってもかわいい

赤ちゃんの防寒具は実用性も大切ですが、着ぐるみタイプのように見た目が可愛らしいものはつい手にとってしまいますよね。ハロウィンなどのイベント用のもの、可愛らしい動物をモチーフとした可愛らしいデザインのものなど、赤ちゃん時代にしか楽しめないデザインのものは種類豊富に販売されています。

写真に残したり、イベントに着飾ったりと活躍してくれる着ぐるみタイプのウェアは、つい可愛らしさ重視で選んでしまいがちですが、赤ちゃんのデリケートな肌に刺激を与えないよう素材にも注目して選びましょう。

肌に直接触れる部分が綿素材であったり縫製が工夫されていたりするか、おむつ替えや脱ぎ着がしやすいようなデザインであるか、などに注意して選ぶとよいですよ。

冬のお出かけに最適なグッズはこれ!

ブランケットは1枚あると便利

寒くなるにつれて赤ちゃんの体調管理には気をつかいますよね。風邪をひかせないように服の枚数を調整したり、室内の温度や湿度にも気を配ったりとママはさまざまなことが心配になることでしょう。

冬場にはインフルエンザなどの感染症が流行りやすいため、外に出かけるのをついためらってしまうママもいるかもしれませんが、人混みをさけての外出であれば問題ありません。赤ちゃんの生活リズムを整えたり、ママの気分転換をはかったりするためにも必要です。

冬場のお出かけの際にはブランケットを一枚手荷物に加えましょう。ひざかけにして冷たい風から赤ちゃんを守ったり、ぐずったときにおくるみのように赤ちゃんを包んで安心させたりと、何かと活躍してくれるので便利ですよ。

帽子で頭も温かくしてあげて

赤ちゃんとの冬のお散歩には、抱っこ紐やベビーカーに取り付けられる防寒グッズが必要となりますよね。マルチケープやフットマフなどさまざまなものがありますが、保温性も高いものであれば冷たい風から赤ちゃんの身体を守ってくれることでしょう。

赤ちゃんの頭部を寒さから守るには、冬用の帽子があると便利です。夏場には帽子をかぶることを嫌がる赤ちゃんが多いかと思いますが、冬場であれば温かくて気持ちがよいため、すんなりとかぶってくれるかもしれませんよ。

もこもことした素材の帽子は暖かいものですが、お住まいの地域の環境や外出する時間帯によっては暑すぎる場合もあります。赤ちゃんが汗をよくかくのであれば、少し薄めの生地のものに変えてあげましょう。

コートはポンチョタイプだと脱ぎ着が楽

冬の赤ちゃん用の防寒服にはさまざまなタイプのものがありますが、全身を覆うデザインのものは暖かい室内に入ったときに脱がせるのが大変ですよね。

あまり外に長時間いないお出かけの場合、ポンチョタイプのコートが一枚あるととても便利です。室内外の気温差が気になるとき、季節の変わり目に防寒したいときなど、さっと羽織らせるだけで暖めることができるので助かりますよ。

ベビーポンチョは腰がすわった赤ちゃんであれば羽織らせやすいですが、ベビーカーや抱っこ紐のまま防寒のために羽織らせるのであれば首のすわったころからでも使用できます。ひざかけとして使用したり、授乳ケープとして使ったりとさまざまな使い方ができるのでよいですよ。

赤ちゃんを寝かすときはどんな布団が適切?

お昼寝は綿毛布かタオルケットがおすすめ

大人は冬になると冬仕様の布団を使いますが、赤ちゃんの場合はどのような布団を用意すればよいのか悩んでしまいますよね。

赤ちゃんが風邪をひいてしまわないようにとつい分厚い布団をかけてしまいたくなるのが親心。しかし、一年を通して暑がりな赤ちゃんには薄手のものをさっとお腹にかけてあげるだけで十分なのです。

冬場に赤ちゃんが室内で過ごすときには室温20〜23℃、湿度40〜60%程度が理想的だとされています。暖房器具や加湿器などで快適な状態が保たれた部屋で寝かせるのであれば、薄手の綿毛布やタオルケットをかけてお腹を冷えから守ってあげるとよいですよ。赤ちゃんは手足を中心に汗をかくことで体温を調節するので、手足を覆わないよう注意してくださいね。

夜の布団はお昼寝プラス1枚を目安に

日中よりも気温が下がる夜間には、赤ちゃんの寝冷えが気になるあまり分厚い布団をかけてあげたくなりますよね。しかし赤ちゃんはとても暑がりですので、お昼寝用の綿毛布やタオルケットに一枚追加する程度でよいでしょう。

とくに赤ちゃんは授乳後や寝入りばなに汗をかきやすいもの。夜間に暖房をつけっぱなしにしていたり、寝る布団を温めすぎていたりすると大量の汗をかいてしまいます。汗が冷えて身体を冷やしてしまってはいけませんから、あまり温めすぎないよう注意しましょう。

寝ている赤ちゃんは体内の温度を下げるために手足を中心に汗をかいていますが、背中やお腹部分が温かいのであれば心配ありません。赤ちゃんにとって快適な状態を保ってあげましょう。

布団を蹴ってしまう場合は原因を考えよう

寝冷えが気になる冬の夜には暖かくさせたいものですが、赤ちゃんはすぐに布団を蹴ってしまいますよね。赤ちゃんが風邪をひかないか心配になるあまり、何度も布団をかけなおしてあげているというパパやママは少なくないでしょう。

しかし、赤ちゃんが布団を蹴るのはなにも寝相が悪いためだけではありません。赤ちゃんが布団を蹴ってしまうのは暑がっているサインなのです。

布団をかけすぎると体内にうつ熱が留まり、乳幼児突然死症候群を引き起こしてしまう可能性も指摘されています。赤ちゃんの汗の様子を見ながら布団の枚数を調整する、スリーパーを活用する、腹巻き付きパジャマでお腹を温める、などの方法で寝冷えを防ぐようにしてあげましょう。

まとめ

冬が近づくにつれ、「赤ちゃんに風邪を引かせてしまわないだろうか」「赤ちゃんと冬を越すための防寒対策のグッズはこれで十分だろうか」と心配になってしまうパパやママは多いことでしょう。

体温調整機能が未熟な赤ちゃんが室内外で快適に過ごせるようにするためには、さまざまな防寒グッズが必要です。記事を参考に、住まいの環境や赤ちゃんの月齢に合った冬用の服や布団を選んでいただき、楽しみながら赤ちゃんと冬を越してくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018