就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳でおむつが取れない女の子!効果的なトイトレでおむつを卒業

3歳でおむつが取れない女の子!効果的なトイトレでおむつを卒業

3歳になると周りのお友だちはおむつが取れているのにうちの子はなかなか取れない、どうしてトイトレが成功しないのだろうかと頭を悩ませているママは少なくありませんよね。そこで、ここではおむつが取れない女の子に効果的なトイトレ方法などについて、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

なかなか取れないおむつの原因や理由とは

おしっこのタイミングが近いのかも

なかなかおむつが取れない場合、おしっこのタイミングが近い可能性があります。

そもそもなぜ大人になるとおしっこを我慢できるのかというと、膀胱におしっこがたまると脳に信号が伝わり、脳からおしっこを我慢しなさい、という命令が出るからなのです。

子どもの年齢が小さいうちは、この脳と膀胱をつなぐ神経が十分に発達しておらず、膀胱の大きさ自体も小さいため、あまりおしっこをためておくことができません。するとおもらしをしてしまい、なかなかおむつを取ることができないのです。

おしっこの間隔が2~3時間あくようになるとおむつが取れるようになってきます。そのため、まずは30分おきにおむつを確認して、おしっこがいつ出るのかを確認してみましょう。

おむつ生活を快適に感じているのかも

おむつにおしっこをすると気持ち悪いという感覚があれば、子どもは自らおむつを履きたがらなくなってきます。

しかし、昔と比べて紙おむつはかなり進化をしてきています。そのため、おむつにおしっこをしても気持ち悪いと感じることが少なくなってきました。このように、子どもがおむつ生活を快適に感じている場合は、なかなかおむつを取ることができないのです。

また、紙おむつは親にとっても楽なアイテムであるため、子どもが嫌がってないからといって、おむつで過ごしていると、余計におむつを取る時期が遅れてしまいます。子どもにおもらしの不快さを感じてもらうためにも、まずはおむつをやめて、パンツで過ごすようにしてみましょう。

ママのイライラが伝わって焦っているかも

トイトレが思ったように進まないとき、ついイライラしてしまうママは少なくありませんよね。

しかし、トイトレに失敗したときにママがイライラしたり怒ってしまったりすると、子どもはトイトレを嫌がるようになり、パンツを履くことを拒否したりおもらしをしてしまったりすることがあります。

ママの気持ちに余裕がないときは、思い切ってトイトレを中断してみましょう。大人になってもおむつが取れない人はいませんよね。いつか取れるだろうと考えるようにするなど、自分の感情をコントロールする方法を模索するのも一案です。

子どもとの関係が悪くなってしまっては本末転倒なので、気持ちに余裕をもって、トイトレに挑戦してみるようにしてくださいね。

ぜひ試してほしい効果的な方法三つ

かわいいパンツでやる気アップ!

3歳になると、自立心が芽生え、コミュニケーションがしっかりとれるようになるため、少しの工夫で子どものやる気をアップさせることができます。

まず、3歳の女の子はかわいいものが好きなことが多く、好きなキャラクターも定まってきますよね。

そのため、子どもが好きなキャラクターのパンツや、フリルやリボンがついたかわいいパンツを選ぶだけでも、子どものやる気がアップすることがあります。一緒にお買い物に行って、子どもが気に入ったパンツを選ぶようにしましょう。

また、3歳は「お姉さん」に憧れ始める年齢でもあります。パンツのことを「お姉さんパンツ」と呼ぶと、パンツを履くだけでお姉さん気分になることができるため、子どものやる気がアップしますよ。

時間を決めてトイレに連れて行こう

まだおしっこをしたいと伝えることができずおもらしをしてしまう、ということは少なくありませんよね。そんなときは、時間を決めてトイレに連れて行くことから始めてみてはいかがでしょうか。

まずは朝起きたときや外出の前後、食事の前後、夜寝る前など、生活の節目でトイレに連れて行ってみてください。とりあえず便座に座らせてみて、おしっこが出た場合はもちろん、おしっこが出ない場合は便座に座れたことを褒めてあげるようにしましょう。

また、ママがトイレに行くときは一緒に連れて行き、声掛けするのも効果的ですよ。

こうすることで子どもはトイレがおしっこをする場所だと認識できるようになり、ママは子どものトイレのタイミングをつかめるようになります。

おむつ卒業済みのお友だちと一緒にトイレへ

保育園に通っている子どもはおむつの卒業が比較的早いといわれています。トイレに行く回数が多く排尿感覚がつかみやすかったり、トイレが子ども用なので座りやすかったりとさまざまな理由がありますが、実は一番の理由はお友だちと一緒にトイレへ行くからなのです。

というのも、おむつを卒業しているお友だちがトイレでおしっこをしている姿を見て自然と身についたり、おしっこが成功して先生に褒められている姿を見て、自分も褒めてもらおうと頑張ったりするのです。

また、おむつを卒業しているお友だちと積極的に遊ばせるようにしてみると、お友だちからよい影響を受ける場合もあります。

もちろん、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合にも同じ効果を得ることができますよ。

それでもうまくいかない場合の最終手段

できたことを褒めて自信をつけてあげる

3歳は自尊心が高まってくる年齢でもあります。そのため、とにかくできたことを褒めて自信をつけてあげることが大切になります。

できた=トイレが成功した、と考えがちですが、実はトイレに失敗してしまったときも褒めることが大切です。

例えば、おもらしをしてしまった後におしっこが出たことを教えてくれた場合には、おしっこが出たことに気づいたことを褒めてあげます。また、おしっこに行きたいことを伝えられたもののトイレに間に合わなかった場合には、おしっこをしたいと伝えることができたことを褒めてあげます。

このとき、「ママ嬉しいな」とその行動によってママが感じたことをあわせて伝えるようにすると、さらに効果的ですよ。

気分をリセット!一度中断してみよう

先ほども少しご紹介しましたが、トイトレがうまくいかない原因の一つに「ママの焦り」があります。

ママの気持ちに余裕がないと、「おしっこは?」と聞きすぎていたり、失敗をするとついため息をついてしまったりしますよね。子どもはとても敏感なので、ママに対して怖いという感情を抱いてしまうことさえあります。

そのため、今はトイトレを進める時期ではないと考え、一度トイトレをやめてみましょう。ママの気分もリセットできますし、中断したら逆に子どものやる気が出てあっさりおむつを卒業できることもあるようです。

実は半数近くのママがトイトレを中断した経験があるほどなので、うまくいかないときは一度お休みしてみるのも一案ですよ。

どうしてもダメなら幼稚園にお願いしよう

3歳だと幼稚園に入園する年頃ですよね。どうしても家でダメなら、幼稚園にお願いするのも一つの手です。

先ほどもご紹介しましたが、幼稚園ではおむつを卒業しているお友だちと一緒にトイレへ行くことも多く、子どもの意識もあがります。そのような理由からお家でトイトレを進めるよりも幼稚園でのトイトレの方が比較的スムーズにいくことが多いようです。

最初のうちは、幼稚園ではパンツで過ごせるものの、お家に帰ってくるとおむつで過ごしたがる子どもも多いようです。しかし、家でも少しずつパンツで過ごす時間を増やすようにすると、自然とおむつを卒業できるようになるようです。

ただし、まれにおむつが外れていないと入園できない場合もありますので、確認してみてくださいね。

まとめ

おむつがなかなか取れない原因や効果的なトイトレ方法などがわかり、安心したママも多かったのではないでしょうか。

3歳になると周りの子どもたちがどんどんおむつを卒業していくため、焦ってしまうのは当たり前のことです。しかし、ずっとおむつが取れないということはありませんし、最終的にはどうにかなるものです。

こちらでご紹介した内容を参考に、子どものペースに合わせて焦らずに、トイトレを進めていってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018