就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の詰め込み教育は効果的?メリットやデメリットをご紹介

幼児期の詰め込み教育は効果的?メリットやデメリットをご紹介

子どもの脳は発達途上であり、スポンジのようにさまざまなことを素早く吸収するとよく聞きますよね!子どもの将来のために、今のうちからできることがあるならやってあげたいと思うのが親心ではないでしょうか?そこで今回は、そんな幼児期の詰め込み教育のメリットやデメリットについて詳しくご紹介します。

幼児期の詰め込み教育のメリットは?

子どもの脳の発達を促すことができる

赤ちゃんの脳は、五感に刺激が加わり「これは何?」「びっくり!」「熱い」「冷たい」などの反応を示すようなたくさんの体験を通して、発達していきます。

特に3~4歳頃までの脳は、柔軟性や吸収力、容量が一番優れている時期で、ここで良質な刺激が得られると、子どもの能力がよく発揮されるようになるといわれています。

さらに、赤ちゃんの頃は脳の回線の役割をもつシナプスがほとんどない状態なので、低月齢であるほど知的刺激をたくさん受けることによって、このシナプスが増え、脳の発達がどんどん促されるのです。詰め込み教育で子どもがたくさんの知的刺激を受けられる状況を整えることによって、子どもの能力が最大限引き出されるといえるのではないでしょうか。

記憶力や理解力アップを高めることができる

知識を詰め込み暗記を繰り返すことによって、脳に知恵のベースとなるたくさんの知識が定着します。多くの知識がベースとして脳の中にあることで、子どもは必要なときに必要な情報を引き出すことができるようになるのです。

これによって、必然的に電話番号などの数字や国旗と国名を一致させて覚えておくなどのワーキングメモリーが活発化します。このワーキングメモリーの能力が高いほど、理解力や考える力、決断力や会話力などが高い子に育つと考えられます。

お手伝いの中で「パパのお皿はこれだよ」などの指示を覚えてもらうことを通しても、ワーキングメモリーを鍛えることができますよ。日記をつけることも、1日のできごとを意識的に覚えようとするため効果的です。

豊かな想像や創造を高める土台になる

何かを想像、創造する力は、子どもの知識や体験の数が多いほど高まっていくと考えられます。知識や体験の数が多ければ、それだけ何かをつくりだすための「引き出し」が増えるということです。そのたくさんの「引き出し」が複雑に組み合わさって、今までにないような個性的なものを創りだす力がうまれるかもしれません。

何かを創っていく上で、選択肢がたくさんあることは重要なことだと思います。想像力も同じです。知識が多ければ多いほど、頭の中にあるその情報がぶつかりあって、ひらめきが起こることもあります。

このように、さまざまなことをきちんと『知っている』ということは、想像力や創造力を高める土台になるといえるのではないでしょうか。

幼児期の詰め込み教育のデメリットは?

勉強嫌いになるリスクが高くなりやすい

まず注意したいのが、子どもが嫌がっている場合、子どもの力を引き出してあげたい一心で、無理に詰め込み教育を進めないことです。特に小さい頃に「勉強」=「嫌なもの」「つまらないもの」「やりたくないもの」という印象が強くなってしまうと、後々まで勉強嫌いを引きずるリスクが高くなってしまう可能性があります。

1度勉強嫌いになってしまうと、子どもは嫌なものには興味を失い、覚えられなくなったり、覚える意識が低くなったりしてしまいます。もし、子どもが嫌がる素振りをみせたら少し休憩することも大切です。

ママも子どものために頑張りすぎて疲れていませんか?そんなときは、ぜひ1度立ち止まってゆっくりすることも考えてみてくださいね。

ストレスを受けて心の問題が起きやすい

ママが子どものためによかれと思って伝えたことが、子どもに無力感を与えてしまう場合もあるので注意が必要です。

例えば、「〇〇しちゃダメ」などの否定の言葉を使ったり、悪い部分を直したいと思って注意したり、ほかの子どもと比べたりすると、子どもは「私はダメなんだ」と思うようになってしまいます。

もし注意をする場合は、「〇〇するといいよ」などのポジティブな言葉かけをしたり、比べるならほかの子とではなく、前のその子と比べて成長した部分を見つけたり、悪い部分ではなくよい部分をみつけて褒めることも大切なのではないでしょうか?

子どもの心が弱っているときには、ぜひ子どもの気持ちに寄り添い、共感してあげてください。

協調性やコミュニケーションが低下しやすい

詰め込み教育に時間を割きすぎると、家でママと2人だけで暗記などの勉強をしている時間が増え、誰かと遊んだり、コミュニケーションをとる時間が必然的に少なくなってしまいます。

このようにお友達や地域の人・お店の人などの周囲の人たちとの関わりが少なくなってしまうことによって、協調性やコミュニケーション力が低下してしまう危険性があります。さらに、普段1人で作業をすることが多くなってしまうと周囲の人との共同作業や会話が面倒、苦手だと感じるようになる可能性も。

そのため、子どもの教育にどれくらいの時間をかけるのかがポイントになってくるといえます。各ご家庭ごとに環境が違いますので、子どもの様子を見ながらママが判断してあげてくださいね!

詰め込み教育をするときに気をつけたいこと

子どもが自由に遊び学べる環境作ること

家で机の前でただ座ってやることだけが勉強ではありません。幼児期は、子どもの「やりたい!」という気持ちや興味が勉強につながります。そこで、ママやパパの応援があれば子どもの能力ややる気は各段にアップします!ママやパパも楽しみながら、一緒に参加できるとなおよいですね。

例えば、子どもが動物に興味があるのであれば、図鑑を手に入れたり、動物園に連れていってあげましょう。子どもは、実際の動物をみることによってこれを識別・暗記・把握していきます。このとき、脳の性能は飛躍的に高まっています。

親としては、動物ではなくほかに覚えさせたいこともあるかもしれませんが、興味の対象である動物を通じて子どもは「学び」の土台を築くことができるのです。

子どもの自発的な行動を見守ること

学ぶということの原点は、子どもが興味のあることを深めていくことです。普段の生活の中でも、子どもはさまざまなことに興味を示しますよね?

例えば、「お手伝いで野菜を切りたい!」「レジに自分で並びたい!」「お掃除を手伝いたい!」「改札口でカードをタッチしたい!」などなど…。「まだうちの子には難しいだろうな…」こう考えてついつい手助けをしてしまうときがありませんか?

しかし、ここで子どもの行動を制限してしまうと、子どもの能力が高まるチャンスを逃してしまうことになります。このようにママが助けたい気持ちをぐっと抑えて、子どもの自発的な行動を見守ることで、子どもの自分で考える力や集中力が高まっていくと考えられます。

空間認知能を意識的に鍛えること

空間認知能とは、簡単にいうと空間の中で形や位置を認識する能力のことです。この空間認知能が高いと、勉強だけでなくスポーツにおいても成果を残せるといわれています。中でも空間認知中枢の隣には数字を処理する中枢があるので、苦手な人も多い数字に強くなることができるようです。

空間認知能を鍛えるためには、積木やブロック遊びが有効です。決まった数の積木からさまざまな形が生み出され、数学的センスの向上が期待できますよ。

また、パズル遊びやお絵かきなどもおすすめです。形を記憶・認識したり、つなぎあわせたり、対象に対するイメージを膨らませることによって、空間認知能を鍛えることができます。いずれも遊び感覚で、楽しんでやってみてください!

まとめ

詰め込み教育には、今回ご紹介したようにたくさんのメリットがあります。しかし、その反面デメリットもあるということも知っておいてくださいね。子どもはたくさんの可能性を秘めています!

子どもの能力を高めるためには、ママと子どもが楽しみながら「学び」を行っていくことが大切なのではないでしょうか?メリットだけでなくデメリットともうまく付き合い、ママも子どもも一緒に楽しく能力を高めていけるようになるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018