就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代ママが着たい子育てファッション!大人ママのコーデ術を知ろう

30代ママが着たい子育てファッション!大人ママのコーデ術を知ろう

30代になると、自分の好きな服を着ていた20代とは違い、どのようなコーデをすればよいのか悩むママも多いのではないでしょうか。ここでは、30代のママが着たいと思う、体型カバーなどができる大人のママコーデをご紹介します。ぜひ、コーデの参考にしてみてくださいね。

30代ママが着たいファッションポイント

少し落ち着いた大人らしさを取り入れたい

30代になると、20代の頃と比べてどのようなコーデをすればよいのか悩む方も多いですよね。30代のファッションは、少し落ち着いた雰囲気の大人かわいいコーデを目指すとよいでしょう。

先輩ママの話では、20代の頃はミニスカートや柄物の服などをよく着ていたそうです。しかし、30代に入ってからはスカートをはくときも膝丈のものにしたり、シンプルなデザインのものを選ぶようにしたりと、少し大人っぽいものを選ぶようにしていると話してくれました。

しかし、地味になりすぎると老けて見えてしまうので、どこかワンポイントに色物や柄物を取り入れるなどして、大人っぽいコーデにかわいい印象を与えられるよう工夫しているそうですよ。

気になる体型をカバーできる服は優秀

30代に入ると20代の頃とは違い、体にたるみを感じる方も多いですよね。また、出産をすると妊娠前のような体型に戻れないママも多く、お腹周りに脂肪がついたりお尻が大きくなったりと、体型に悩みを抱えているママはたくさんいます。

体型の変化に悩む30代のママには、体型カバーができるような服装選びが大切でしょう。しかし、体型カバーを意識しすぎるとカジュアルすぎるコーデになることもあります。そんなときは美シルエットのパンツなどを選ぶと体型カバーをしながらも、足がキレイに見えてよいですよ。

20代の頃は体型のたるみなどが気にならなかったという方でも、30代に入るとお腹周りやお尻のラインが気になることが多いので、体型カバーができる服は大活躍でしょう。

子育て中なので動きやすさも重視!

子育てをしているママは「とにかく動きやすい服装をしたい」と、おしゃれよりも動きやすさを重視したコーデを好む方が多いですよね。子どもがいるとお散歩や公園など、外に行く機会も増えるので一緒に子どもと遊ぶためにも動きやすいコーデをしているママがほとんどでしょう。

服装だけでなく、靴選びも歩きやすさを重視している方が多いです。ヒールがあるものだと子どもを抱っこしたときにバランスを崩す危険があります。ヒールがないペタンコのパンプスやスニーカー、冬場だとムートンブーツなどが歩きやすいのでママに人気ですよ。

20代の頃はかわいいと思ったものを着ていたというママでも、子どもを出産し30代になるとおしゃれをするときも動きやすいコーデを好んでいるようです。

大人かわいいママを演出するアイテムはこれ

長めのシフォンスカートで女性らしさを

ママ友とランチに行くときやパパとデートに行くときなど、普段の公園スタイルと違っておしゃれをしたい日もありますよね。「子どもがいるとズボンをはくことが多い」というママも、おしゃれをする日は女性らしさを意識したコーデを選ぶようにしましょう。

シフォンスカートはふんわりとしたやわらかい印象を与えることができるので、はくだけで女性らしさがアップするアイテムです。「スカートは足が出るからはくのに抵抗がある」というママは膝下のものを選ぶなど、長めの丈を選ぶとよいですよ。

長めの丈のシフォンスカートは大人っぽい印象を与えることができるので、30代のママにはぴったりのアイテムですよ。ニットやカーディガン、シャツなど、いろいろなものと相性がよいので合わせやすいです。

縦長ロングカーディガンで体型カバーも

カーディガンは、季節に関係なく活用できるアイテムですよね。また、どんな服装にも合わせやすいので、1枚は持っておきたいものでしょう。

カーディガンはさまざまな種類のものが売られていますが、お腹周りやお尻など体型が気になるママには縦長のロングカーディガンがおすすめです。縦長のものを羽織ると体型を細く見せる効果が期待できますよ。

また、色はブラックや濃いグレーなど、濃い色のものを選ぶとより体型を細く見せることができます。デニムコーデやワンピース、ガウチョパンツなど、さまざまなコーデにあわせることができるのでたくさん活用できそうですね。

カーディガンはお手頃価格で売られているものも多いので、色違いで何枚か持っていてもよいかもしれませんね。

長く使える授乳口つきワンピースを選ぼう

大人かわいいスタイルといえば、ワンピースを選ぶママも多いでしょう。ワンピースは1枚で女性らしいコーデが完成するので、おしゃれをしてお出かけしたいときによいですよね。しかし、赤ちゃんとお出かけする場合、外出先で授乳することもあるでしょう。妊娠中や産後にワンピースを購入するときは、長く使えるように授乳口つきのワンピースを選ぶとよいですよ。

授乳口がついていないと母乳をあげるときに不便なため、赤ちゃんとのお出かけのときには着られないことが多いですよね。授乳口がついていると、出産してからも安心してお出かけのときに着て行けるので、産後もおしゃれを楽しめますね。

最近では、授乳口つきのワンピースでもお手頃価格でおしゃれなデザインのものも多いですよ。

大人らしさとママらしさが見えるコーデ術

動きやすいサロペットは子育てママから人気

子育て中のママは子どものお世話や家事で忙しいため、動きやすい服装をしたほうが生活がしやすいですよね。サロペットは動きやすいだけでなくおしゃれなデザインも多いので、子育て中のママから人気があります。

サロペットはさまざまなブランドで売られており、大人っぽいデザインもあります。「サロペットを着ると幼くなりすぎるのでは?」と不安に思う30代ママも安心してくださいね。ロンTやニットをサロペットの下に着るなど、工夫次第でいろいろなシチュエーションで着ることができるでしょう。

最近では、子どもとリンクコーデをするママも増えています。サロペットはリンクコーデのなかでも人気のアイテムなので、お揃いのサロペットを着てお出かけを楽しむのもよいですね。

シンプルシャツとロングスカートですっきり

ママ友などと会うときは、大人っぽいスタイルのなかにもママらしく気取っていないコーデをしたいと思っているママが多いのではないでしょうか。シンプルなシャツとロングスカートのコーデはすっきりとしたシルエットのなかにも、女性らしさを印象づけることができるので、ママコーデにおすすめですよ。

20代の頃は柄物やレースのシャツを選んでいたというママも、30代に入ると着回しがきくシンプルなシャツを活用しています。シンプルシャツは1枚持っておくと、ロングスカートとのコーデ以外にもデニムやサロペットとも相性がよいので使えますよ。

シャツとロングスカートの組み合わせは、選ぶものによってはちょっとしたパーティーに着て行くこともできますよね。

ニットとデニムはママの王道スタイル

ニットとデニムのコーデは、ママの王道スタイルといってもよいでしょう。ニットは冬場だけではなく、夏場はサマーニットを購入すると1年中王道おしゃれママスタイルを楽しむことができますよ。

ニットとデニムをシンプルに着てもよいですし、冬場はチェックのストールなどを巻いても、よいアクセントになりおしゃれです。また、ニットの下にチェック柄のシャツを着るのもカジュアルでかわいいですし、ニットの下にレースのブラウスを着るのも女性らしくてよいですね。

工夫すればいろいろなコーデを楽しむことができるので、洋服代の節約にもなるかもしれませんね。デニムは動きやすいので、小さい子どもがいるママにはおすすめコーデですよ。

まとめ

30代のママは、「大人っぽい服装をしたいけど、かわいらしさも残したい」と日々コーデに悩んでいます。20代の頃は好きな服を自由に着ていたという方でも、30代に入り子どもが生まれると、生活に変化があるので服装も少しずつ変わっていきますよね。

30代らしく少し大人っぽさも取り入れることは大切ですが、今の自分に似合う服装選びをするとよいですよ。子育て中は動きやすさも重要なポイントですが、我慢しすぎずおしゃれを楽しみましょう。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj