就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティでもセットアップが着たい!シーン別に合わせた選び方

マタニティでもセットアップが着たい!シーン別に合わせた選び方

赤ちゃんを授かったことはよろこばしいものの、ゆったりしたものしか着られなくなるマタニティ期は服装に悩んでしまいますよね。「たとえ妊娠中であってもおしゃれ心を忘れたくない」というママのために、さまざまな場面で活躍してくれる「セットアップ(上下揃いの服)」の着こなし方についてご紹介していきます。

マタニティ期のセットアップを選ぶポイント

妊娠初期はつわりの程度や体調に合わせて

妊娠が判明し、お腹の中で赤ちゃんが少しずつ成長していくことがよろこばしい一方で、ママ自身にも次第に体調や体型の変化が出てきますよね。

マタニティ用のインナーや服を購入するのは、お腹のふくらみが少しずつ出てくる妊娠5カ月ぐらいからの場合が多いようですが、つわりなどの妊娠初期のマイナートラブルを軽減するために早めに着用するケースも多いようです。

つわりの程度は人それぞれですが、窮屈な服装をすることで血の巡りが悪くなり、つわりの症状が悪化してしまうことはよくあります。血行が悪くなると赤ちゃんに必要な栄養が十分に届かなくなる恐れもありますから、体調がすぐれないようであれば妊娠初期からマタニティ服の着用を検討されるとよいですよ。

お腹が出始める中期はゆったりと

つわりなどの不快な症状が落ち着く妊娠中期になると、ママ自身もマタニティライフを楽しむ余裕が出てきます。出産への準備を始めたり、マタニティ期ならではのおしゃれを楽しんだりする方もいらっしゃいます。

丈の長いトップスやお腹まわりにゆとりのあるワンピースが手持ちの服の中にあれば妊娠中でも使いまわせますが、ボトムスに関してはマタニティ用のものでないと次第にきつく感じるようになります。子宮が大きくなるにつれて貧血になる方も増えますので、身体を圧迫しないゆったりしたデザインのものを選びましょう。

目立ちはじめたお腹を圧迫しない、臨月になっても着まわせるおしゃれなマタニティセットアップをいくつか用意し、手持ちのものと組み合わせてコーデを楽しんでみてくださいね。

トラブルも多い後期には素材も重要

マタニティ期はホルモンバランスが不安定になりやすく、お肌のトラブルが増えます。もともと敏感肌や乾燥肌であったママであればよけいに悪化しやすいため、肌に直接触れるインナーやウェアは素材にこだわって選ぶことが大切です。

とくに、赤ちゃんの成長にともなって短期間に大きくなるお腹は、妊娠前よりも敏感になりやすいもの。保湿クリームなどでのケアも大切ですが、マタニティ服の素材にもこだわることで肌トラブルを未然に防ぎましょう。

また、伸縮性のない服を身につけていることで血行不良になると、むくみなどの妊娠後期に起こりやすいマイナートラブルも引き起こしてしまいます。肌にやさしい綿素材で、なおかつ伸縮性にすぐれた素材が使用されているかを確認の上、服を選びましょう。

季節に合わせたマタニティセットアップ

春夏は薄手の素材やスカートで爽やかに

どうしても着るものが限られてしまうマタニティ期でも、おしゃれ心は忘れたくないものですよね。おしゃれを楽しみながら快適に過ごせるよう、季節に合わせたものを取り入れていくとよいですよ。

少しずつ気温や湿度の上がる春夏には、爽やかなスカートのマタニティセットアップがおすすめです。妊娠中は体温が高くなり汗をかきやすいので、吸湿性にすぐれた薄手の素材のものが使いやすいでしょう。

マタニティ用のスカートはお腹をすっぽり覆えるよう切り替えがあるので、臨月には約100cmにもなる腹囲でもずり落ちる心配がありません。前裾が長めに作られているため、お腹が大きくなってもシルエットをきれいに見せてくれますので、数枚持っておくと使いまわしやすいですよ。

秋冬にはマタニティでもトレンドを

着用できる期間が限られてしまうマタニティ服は、ついつい購入をためらってしまいがち。しかし、この秋冬のトレンドであるチェック柄のマタニティセットアップを一つ持っておくと、トップスだけ、ボトムスだけ、ときには上下セットで取り入れられるので便利ですよ。

妊婦に冷えは大敵ですから、秋冬用のものを新たに購入するのであればあたたかい素材のものがおすすめです。スカートのセットアップの場合には、大切な母体を冷やさないように腹帯やマタニティインナー、タイツ、レギンスなどをスカートの下に着込みますので、ふんわりとしたシルエットのものにするとよいでしょう。

服の素材や機能面にこだわることもたしかに大切ですが、トレンドも押さえながら服選びを楽しみたいものですよね。

オールシーズン着まわせるワイドパンツ

スキニーやカーゴパンツ、ガウチョパンツ、オールインワンなど、さまざまなシルエットのパンツがありますが、中でもワイドパンツは季節を問わずに着ることができる万能なアイテムですよね。

ワンピースやスカートであればお腹が冷えないようにとインナーに気をつかわなければなりませんし、スキニーは下半身を締め付けてしまう心配もあるでしょう。ワイドパンツであればゆったりとしていますし、お腹が冷える心配もなく安心です。

オールインワンやワンピースは妊婦健診のときにわざわざ脱がなければならず、お腹を出すのに手間取りますが、セットアップのタイプであれば楽に診察が受けられるので便利です。授乳口付きのトップスと合わせて、産後も長く使いまわすことができますよ。

フォーマルなマタニティセットアップ

ママに嬉しい機能付きは産前産後で活躍

冠婚葬祭や、ちょっとしたお呼ばれのときに必要なフォーマル服は、たとえ妊娠中であっても必要なものですよね。着る機会が少ないとはいえ、きちんとした服装が求められるシーンではマナーを守ったコーデをすることが大切です。

フォーマルなマタニティセレモニースーツを選ぶときには、産前産後を通して長く着られるデザインのものにするとよいでしょう。妊娠中はお腹を締め付けることなくゆったりと着られるデザインで、なおかつ産後も使いやすいように授乳口付きのものがおすすめです。

上の子のいる方であれば入園や入学、学校説明会、授業参観などのイベント時にもフォーマル服が必要となりますが、そのときに赤ちゃんがぐずったとしてもサッと授乳できるのでよいですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC