就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ期は便利なアジャスターを使おう!使う時期や種類を紹介

マタニティ期は便利なアジャスターを使おう!使う時期や種類を紹介

妊娠中すると、ママの体はどんどん変化していきます。妊娠中期になるとお腹が目立ち始めます。この時期に「マタニティ用のボトムスを買っても、あと数カ月で出産だしもったいない」と感じるママは、マタニティ用のアジャスターを使ってみましょう。今回は、便利なアジャスターを使う時期や種類の種類をご紹介します。

マタニティアジャスターはどのようなもの?

ボトムスのウエストが調節できて便利

妊娠初期から中期にマタニティウェアを着ると、まだお腹もそんなに大きくないので、ウエストがブカブカの場合があります。しかし、妊娠前のボトムスだと少しお腹周りがきつくなってきたというママは、マタニティアジャスターがあると便利ですよ。

マタニティアジャスターを使えば、妊娠前に履いていたボトムスのウエスト調節が簡単にできるのです。

マタニティアジャスターは、フリーサイズのものがほとんどです。妊娠前に履いていたボトムスのウエストを30cmほど大きく調節できますよ。取り外しも簡単で、一つあればつけ替えて使えます。

臨月が近づくと着られる洋服が限られてきます。アジャスターで対応できる間は、お気に入りの洋服でファッションを楽しみましょう。

マタニティアジャスターを使う時期の目安

マタニティアジャスターの使用期間は、とくに決まっていません。しかし、アジャスターを利用しているのは妊娠中期までのママが多いようですよ。

アジャスターの説明を読んだママは、「30cmもウエストが調節できるなら、臨月近くまで利用できるんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

臨月まで使うのが難しい理由は、妊娠中のママの体はお腹だけではなく全身がふっくらしてくるからです。それに、むくみやすくなってくるため、妊娠前のボトムスが全体的にきつく感じるママが多いのです。

短期間しか使えないことにガッカリするかもしれませんが、中には臨月まで使えたというママもいます。妊娠中の体型の変化はママによって違うので、無理のない範囲で使うとよいですよ。

アジャスターの使い方を知ろう

お店でよく見かける、ベルトタイプのアジャスターの使い方を紹介します。多少の差はありますが、幅3cm、長さ30cmほどのベルトに、ボタンと5~7個のボタン穴がついているものです。

まず、ボトムスのボタン穴にアジャスターのボタンをとめます。次に、アジャスターのボタン穴にボトムスのボタンをとめて完成です。2ステップでできるので簡単ですね。

このように、ボトムスのボタンをどのボタン穴にとめるかで、ウエストの調節ができるようになっています。装着や調節が簡単なので、多くのママに支持されるのも納得できますね。

ボトムスのファスナーは下げっぱなしですが、アジャスターには下着を隠すための腹巻や当て布がついているものがほとんどです。購入の際にチェックしましょう。

マタニティアジャスターを使うメリットとは

妊娠中もおしゃれを楽しめる

ママは妊娠すると、少しずつお腹が膨らみ始めます。妊娠初期は、あまり体型が変わらないこともあり、妊娠前に着ていたお気に入りの服も着ることができるでしょう。

しかし、妊娠中期に入るとお腹の膨らみが目立ち始めます。とくに、ボトムスのウエストがきつくなり、マタニティウェアの購入を検討するママもいます。

そのようなときに、ウエストの大きさを簡単に調節できるマタニティアジャスターがあると便利です。妊娠中も変わらずおしゃれを楽しめると好評ですよ。

妊娠中とはいえ、おしゃれを諦めることは、ママにとってストレスにもなりかねません。マタニティアジャスターを使って、調節できる範囲内でおしゃれなマタニティコーデを楽しみましょう。

履き慣れたボトムスでリラックスできる

服の着心地は、ママが購入する際の決め手の一つになるのではないでしょうか。妊娠中も履き慣れたボトムスで過ごせると、自然にリラックスして過ごせるでしょう。

マタニティウェアは、妊娠中に体がふっくらするママの体型の変化を考えてゆとりを持って作られているものもあります。ですから、なかなかママが納得のいくデザインに出会えないこともあるそうです。

しかし、マタニティアジャスターがあれば、いつもママが愛用しているボトムスに取りつけるだけで、妊娠中でも履くことができます。新たに、マタニティウェアを購入するのもよいですが、履き慣れたボトムスは、適度に生地がなじんだり柔らかくなったりして、ママにとっては着心地がよく、リラックスできますね。

産後の体型が元に戻るまでの間も活躍する

マタニティアジャスターという名前から、妊娠中のママのためのものと思うかもしれません。しかし、妊娠中だけではなく、産後ママの体型がも元に戻るまでの間も活躍するアイテムですよ。

ママは、臨月を迎えるとお腹の大きさが100cm前後にまで膨らみます。お腹の赤ちゃんが生まれると、すぐにお腹が元に戻ると期待するママもいますが、実際はそうではありません。

産後ママの体型は、お腹周りも含めて約3〜6カ月間ほどかけてゆっくり戻るのです。ですから、産後すぐは妊娠前のボトムスを履くことは難しいこともあります。

そこで、マタニティアジャスターが活躍します。妊娠前に履いていた手持ちのボトムスに取りつけると、ママの体型が戻るまでの間も問題なく過ごせますよ。
36 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版