就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが安全に転がれる環境を作ろう!安全対策やアイテムのご紹介

赤ちゃんが安全に転がれる環境を作ろう!安全対策やアイテムのご紹介

日々できるようになることが増える赤ちゃんですが、寝返りがはじまるともう目が離せなくなってきますね。コロコロ転がっていく姿は可愛いですが、周りに危険なものがないか心配になります。赤ちゃんが転がっても安全な環境の作り方と役立つアイテムをご紹介します。

赤ちゃんが転がってしまう時期と理由とは

生後4カ月くらいから寝返り返りで転がる

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ手足をバタバタ動かすだけで頭を自力で持ち上げることができません。生後3カ月ごろになると首がすわり、寝返りをマスターする赤ちゃんもいます。

寝返りをしても、元に戻ることができないためママは赤ちゃんをひっくり返す作業をしなければいけませんが、放っておくとうつ伏せのまま窒息してしまうリスクもあるためここでも注意が必要です。

次に赤ちゃんは「寝返り返り」ができるようになり、どこまでも転がっていくようになります。生後4カ月くらいから仰向けから寝返り、うつ伏せからまた仰向けに返る「寝返り返り」で部屋中を移動していってしまうので、ママはますます目が離せなくなっていきます。

興味本位の気持ちから寝返りで転がる

赤ちゃんの首がすわると、身体をくねらせ手足をバタバタさせて上手に寝返りをするようになります。寝返りは赤ちゃんが外の世界に興味が出てきた証です。

ママの声がする方へ、光が見える方へ、楽しい音がする方に、「行ってみたい」「見てみたい」という気持ちが赤ちゃんの身体を動かし、寝返りへとつながっていきます。赤ちゃんの寝返りは発達の目安ではありますが、寝返りができるようになるまでには個人差があり、練習期間が長い子もいればすんなりできてしまう子もいます。

体の大きい赤ちゃんは寝返りが遅いこともありますので、なかなかしないからといって心配する必要はありません。興味本位の気持ちから寝返りをしますが、必ずしも行きたい方向に転がれるわけではないところも可愛いですね。

お気に入りの方向に寝返り返りしてしまう

寝返り返りをするようになっても、行って戻ってくる赤ちゃんだけではありません。赤ちゃんの寝返りしやすい方向やお気に入りの方向にばかり進んでいくので、いつの間にか部屋の隅まで移動していることがあり注意が必要です。

このころから、ベッドやソファからの転落事故が増えますので、段差のある場所に赤ちゃんを寝かせることは避けましょう。床で布団を敷いていても、寝返りで転がって布団から出て行ってしまうことがあるので、寝返り防止の対策も必要になります。

徐々に行動範囲も広がっていきますので、赤ちゃんが転がって遊ぶための広いスペースを用意してあげてもよいですね。同じ方向にしか寝返り返りができない赤ちゃんには、ママが手伝って反対側に転がる練習をしても楽しいですよ。

転がっても危険がないよう気を付けたいこと

ベッドから落ちないように柵を忘れずに

寝返りがはじまりそうになってから赤ちゃんの転落事故予防をしたのでは、ちょっと遅いかもしれません。赤ちゃんはいつ寝返りができるようになるかわかりませんので、ママの「ちょっとだけ」の気持ちでソファに寝かせたことが転落事故につながることを覚えておきましょう。

とくに、大人のベッドで一緒に赤ちゃんと寝ている家庭は要注意です。パパとママで赤ちゃんを挟んで寝る、壁際に赤ちゃんを寝かせるなど対策もありますが、寝返り返りで赤ちゃんが移動する範囲はとても広く、小さな身体でママたちをすり抜けベッドの隅まで行ってしまうことも考えられます。

寝返りがはじまる前から、赤ちゃんは柵付きのベッドや床に布団を敷いて寝かせるようにしたほうが安全です。

危険なものは床に置かないようにしよう

赤ちゃんは、手に触れたものはなんでもつかみ口に入れてしまいますね。寝返り返りがはじまれば、行動範囲も広がりますので赤ちゃんの手の届く範囲も必然的に増えます。

床で遊んでいれば地続きで行けるところも増えますので、「こんなところまで来ないだろう」という考えは捨てて、危険なものは床に置かないようにしましょう。

危険なものといっても、刃物や割れ物だけではありません。口に入る大きさのものは誤飲のリスクがありますし、ほこりやゴミなど汚いものを食べてしまうかもしれません。

ペットを飼っている家庭では、ペットのトイレやエサ、水などを置く場所にも注意しましょう。立てかけてあるものは転倒の恐れや上から物が落ちてくる可能性もあります。

コンセントやコードに絡まらないように注意

寝返りをはじめた赤ちゃんのちょうど目線にあるものが、電気のコンセントやプラグです。そこから伸びるコードに、赤ちゃんは興味津々です。

赤ちゃんが遊ぶつもりではなくても、手足に絡まって電化製品を倒したり、首に絡まって窒息したりという危険があります。万が一、通電していた場合は大事故につながる可能性も否定できませんので、使わないコードはきちんと片付ける、コンセントの穴はふさいでおくなどの対策が必要です。

赤ちゃんが自由に動けるようになるとますます危険が増えますので、ねんね期のうちから安全対策をしておくといざというときに慌てなくて済みます。少しずつ安全対策のための情報やグッズを集めて、安心して赤ちゃんが寝返りできる環境を作りましょう。

安全対策にピッタリなアイテムのご紹介

ジョイントマットで安全に転がれる床に

最近は畳の部屋が少なくなり、フローリング敷きの床が主流になりました。水拭きができるので、清潔に保ちやすいですが硬く傷つきやすいのが気になります。

寝返りがはじまると赤ちゃんを床で遊ばせることも増えますが、硬い材質の床では赤ちゃんが頭をぶつけないか心配ですね。あまり柔らかすぎると逆に寝返りしにくいので、適度な弾力性があるジョイントマットを敷いてみてはいかがでしょうか。

ジョイントマットは必要な枚数だけつなげて使えるので、赤ちゃんが遊ぶスペースにだけ敷いておくことも可能です。汚れたり破損したりした場合は交換すればOKなのも嬉しいですね。

ポップでカラフルなものやナチュラルなものなどありますので、インテリアに合わせて選んでみましょう。

どうしても必要なケーブルにはカバーを

必要のない電化製品のコードは抜いてしまっておくこともできますが、テレビやエアコンなどは常にプラグを挿しっぱなしにしているという家庭が多いのではないでしょうか。使う機会が多い家電やどうしても必要なケーブルにはカバーをして赤ちゃんが触れない工夫をしておきましょう。

コンセントは家具の後ろに隠したり、コンセントカバーを付けたりして安全を確保しましょう。ただ、赤ちゃんは隠されると逆に興味を持ちますので、目立たないような対策が必要です。

コンセントカバーを付ける場合は目立たないように、壁と馴染む色や素材のものを選んだ方がよいでしょう。また、コンセント全体を覆い、赤ちゃんがつまんで外せないようなものを選ぶのもポイントです。

安心スペース確保のベビーサークル

部屋のつくりや生活スタイルによっては、赤ちゃんを自由に寝返りさせることができない場合もあります。そんなときは、赤ちゃんに安心なスペースを確保するためにベビーサークルを設置しましょう。

持ち運びできるものなら、ママが移動する部屋に持っていけますし、コンパクトに折りたためるものなら使わないときはしまっておけます。シンプルな木製、清潔に保ちやすいプラスチック製、軽くて持ち運びに便利な布製やメッシュ素材、安全性やデザイン性の高いマット素材などがあり、インテリアや使い方によって選ぶことができます。

ベビーサークルは生後6カ月から1歳ごろまで使っていたというママが多く、使用期間はそれほど長くないためレンタルで済ませるのも一つの方法です。

まとめ

赤ちゃんの成長のステップには座る、立つ、歩くなどのいくつかの山場がありますが、寝返りは一番最初に訪れる動きのある成長の目安かもしれませんね。寝返りがはじまるといよいよ赤ちゃんの世界が広がりますので、ママは赤ちゃんの様子を常に確認していないと気が気ではありません。

赤ちゃんが本格的に動き出すと楽しさと同時に危険なことも増えますので、ねんね期からしっかりと安全対策をして安全に過ごせるように工夫しておきましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR