就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

朝ごはんはスポーツをする子どもに大切!体も脳も元気にしよう

朝ごはんはスポーツをする子どもに大切!体も脳も元気にしよう

食事が大事だとわかっていても「食欲がない」「時間がない」などの理由で朝ごはんを食べない人が少なくない昨今。子どもも朝ごはんを抜く子が増えてきて、体調や学力などに影響が出るのではと心配されています。ここでは、スポーツをする子どもに重点をおいて、朝食がなぜ必要なのかを考え、おすすめの朝食をご紹介します。

スポーツする子どもに朝ごはんが必要な理由

頭が目覚めて、やる気がでてくる

朝食を食べない理由の「食欲がない」というのは、体がまだ起きていないことが原因の一つです。食事をとることで体が起きてきて、動きが活発になってくるので、まずは少しずつでも食べ物を口に運んでみることが大切です。

体内に入った食物は、胃や腸を動かし、脳にも栄養を運びます。こうして朝食をとることで、さっきまで寝ていた体が活動しはじめるのです。スポーツ選手にとって朝ごはんは特に大切だといわれるのも、朝食はウォーミングアップと同じで、体を徐々に慣らす働きをしているからなのですね。

スポーツは普段より激しい動きをするので、ケガの可能性も高いです。しっかり朝食をとって、頭も体もよく動く状態にしてから練習をはじめたいですね。

体温を上昇させて、体が動きやすくなる

最近体温が低い子が増えてきているそうですが、それは朝食を食べない子が増えているからではないかといわれています。

体を動かすためにはグリコーゲンが必要です。グリコーゲンは糖がつながった形をしていて、エネルギーの元になっています。必要なときに分解してエネルギーに変換するため、肝臓と筋肉に貯められています。

人は食べ物からグリコーゲンを体内に取り入れています。でもグリコーゲンは8時間くらいしか体内に貯めておくことができないそうです。だから夕食を食べても、翌朝起きたときにはグリコーゲンは消費され、なくなってしまっているのです。

そのため朝食でグリコーゲンを新たに体内に貯める必要があります。スポーツで持ち前のパワーを発揮するためには、朝食が必要なのですね。

子どもの成長に大切な栄養を補給する

1日に必要な栄養を3回の食事ですべて取るのは意外と難しく、きちんと取れていない人も多いことはご存知でしょうか。3回のうちの1回朝食を抜いてしまうと、さらに必要な栄養をとることは難しくなるでしょう。

成長期の子どもは、たんぱく質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどをバランスよく取ることで健康に成長します。スポーツをする子は、しない子と比べて多くのエネルギーや強い筋肉、骨などが求められますから、炭水化物はもちろんのこと、カルシウムやビタミンなどを多く取る必要があります。

スポーツする子にとって朝食は大事な栄養補給のチャンスです。3食だけでなく、間食もして足りない栄養を取れるようにしたいですね。

子どもが朝ごはんを食べないとどうなる?

元気がなくなり、集中力が低下する

朝食を食べない子と食べる子との間で、どんな違いがでるのか研究した結果も出ています。それらを総合的にみてみると「朝食を食べている子の方が学力が高い」などよい結果が出ています。

朝食を食べない子は「集中力が低い」「スタミナがない」「イライラしやすい」そうです。そして昼ご飯までにお腹がとても空いた状態、飢餓状態になっていて「ドカ食いをする」「脂肪をためやすい」体質になり、肥満になりやすいそうです。

スポーツには集中力もスタミナも必要ですし、何度失敗しても根気強く繰り返す精神力も必要です。イライラしていては上達しませんし、子どもがスポーツを楽しめなくなってしまいますね。肥満体型も、運動するには好ましい体型とはいえませんよね。

熱中症などの体調不良になりやすい

夜寝ている間に人は汗をかいています。その量は意外と多く、大人だと700mlも汗をかいているそうです。

朝起きたら、寝ている間に失った水分を取り戻すためにも、朝食が必要なのです。それなら水だけ飲んでおけばよいと思う人もいるでしょうが、水だけではだめなのです。汗とともに出てしまった塩分なども補給する必要があるからです。

食事を取ることで、体内でできあがる水分もあります。例えば米は、体内で消化するときに化学反応で水が発生します。こうして体内で作られる水分は代謝水と呼ばれ、大事な水分になっています。

統計を見ると、熱中症をおこすのは午後よりも午前中の方が多いそうです。朝食を食べないと水分や塩分などが不足しているので、その危険も高くなってしまいますね。

筋肉や代謝が落ちてしまう

筋肉をつけるにはまず、筋肉を作るのに必要な栄養とエネルギーを食事で取り、それからトレーニングをします。筋肉やエネルギーになるものがないのにトレーニングをしてしまった場合、筋肉が分解されてエネルギーに変換されてしまい、逆に筋肉が減ってしまうのです。

また朝食を抜くと、代謝の悪い体になるともいわれています。体内で行われる分解や合成という化学反応を代謝といいますが、朝食で取った栄養は1日かけて体内で代謝されていきます。でもその朝食を取らないと、朝から体内で代謝が行われず、代謝が悪い体になっていってしまうというのです。

筋肉があって、代謝のよい健康な体を作るための鍵は、1日のはじまりの朝食にあるのですね。

子どもの朝ごはんは何を食べればよいの?

体のエネルギーを作るのはパンより白米

炭水化物が多く含まれる食品で頭に浮かぶのが、米とパンではないでしょうか。どちらも朝食としてよく食べられている食品ですが、子どものエネルギー源としては米の方が優れています。

米は粒状ですので、体内で時間をかけて消化吸収されます。腹持ちがよく、じわじわとエネルギーに変わっていきます。一方パンは消化吸収が早く、早くエネルギーに変えたいときは有効ですが、腹持ちが悪く、早くお腹も空いてしまいます。

消化吸収がゆっくりだと血糖値の上昇もゆるやかで安定しています。糖分は脳を働かせるのに必要な物質なので、学校での勉強もがんばれそうですよね。しかも米は粒状なので、朝からよく噛むことで、脳を活性化させてくれるともいわれているのです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC