就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どものストローはいつから?ストローの練習方法や注意点について

子どものストローはいつから?ストローの練習方法や注意点について

子どもはいつからストローが使えるようになるのでしょうか。ストローが使えるようになると、外出時にさっと飲み物を飲ませられるようになり、子どもの水分補給がぐっと楽になりますよね。この記事では、子どものストローを始める時期の目安やストローの練習のしかた、注意点を紹介します。

子どものストローはいつから練習するの?

いつからという決まりがあるわけではない

ストローはいつから練習するものなのでしょうか。これに関してはとくに決まりはありません。支え座りができるようになり、離乳食に慣れてきた6~7カ月頃からチャレンジしてみる、というママが多いようですが、もっと早くに始めたママもいれば、1歳ごろに初めて使用してみたというママもいるようです。

練習を始めた月齢に関係なく、すぐにコツをつかんで飲めるようになる子もいれば、上手に飲めるようになるまで時間がかかる子もいます。ママが「そろそろストローを使ってみようかな?」と思ったタイミングで、子どもの様子を見ながらスタートしてみるとよいでしょう。

夏場にこまめな水分補給をさせたい、というのがきっかけで始めるママも多いようですよ。

ストローマグの目安は生後8カ月から

各メーカーから発売されているストローマグは、対象が「8カ月から」と記載されているものが多いかと思います。しかし、8カ月になっていないと使用できないというわけではありません。

吸い上げて飲む、という動作を練習すれば、もっと月齢の低い子でもストローが使えるようになります。記載されている月齢はあくまで目安と考えてよいでしょう。

ストローマグには、両手ハンドルがついていて、子どもが自分で持って飲むことができる商品が多いですよね。1人座りが安定してきた8カ月ごろからなら、自分で持って飲むことができるようになる子が増えてくるのかもしれません。

倒してもこぼれにくい工夫がされているので、子どもが扱うときになにかと安心です。

子どもの発達に合わせて練習するのが大切

とくに開始時期に決まりのないストローですが、大切なのは様子を見ながら子どもに合わせて練習する、ということです。

母乳を飲むとき、赤ちゃんは舌を前後に動かして飲んでいます。それに対しストローは、上下の唇でストローを挟んで吸うという動作になるため、初めてストローを口にする子どもにとって案外難しいものなのだそうです。

ストローを噛んだり、吸い上げても口からこぼしてしまったり、勢いよく飲みすぎてこぼしてしまったり、なかなか上手に飲めない子も多いことでしょう。

なかにはストローを嫌がり、コップから直接飲むのを好む子もいます。いずれはストローもコップも上手に扱えるようになるものです。気長に練習してみましょう。

子どものストロー練習方法はどうやるの?

ママがストローのお手本を見せてあげよう

初めてストローを見た子どもにとっては、ストローが何をするためのものなのかが分かりませんよね。口元に持って行くと、とりあえず噛んでみたり、しゃぶってみたり…ということがほとんどなのではないでしょうか。

まずはママが、子どもと同じストローを使って飲み物を飲むところを見せ、「ストローは飲み物を飲むときに使うものだ」ということを教えてあげましょう。透明なコップで、お茶など色のついた飲み物だと分かりやすいかもしれませんね。

飲んだあと、ママが「美味しい」と笑顔でいえば、ストローによいイメージをもってもらえるかもしれません。なんでもまねっこしたがる月齢の子なら、すぐにコツをつかんでくれるかもしれませんよ。

市販のパック飲料で練習してみよう

「ストローからは飲み物が出てくる」と子どもに知ってもらうための一番の近道は、市販の紙パック飲料を使用することです。ベビー用品売り場などで販売されている、子ども用の紙パック麦茶などを利用しましょう。

子どもがストローをくわえているときに、ママが紙パックを軽く押し、中身が出てくるようにしてあげましょう。すると、子どもは「ここから飲み物が出てくるんだ」と気づいてくれます。初めてストローから飲み物が出てきたときの子どものびっくりした顔はなかなか可愛らしいものですよ。

自分で吸い込むことがなかなかうまくできない場合は、お茶ではなく果汁飲料など、子どもが好きなもので練習するとスムーズにいくという声もあります。

スパウトやマグで段階的に慣れさせてみよう

ストローの前段階として、スパウトを使ってみるという手もあります。吸い口が太く哺乳瓶の飲み口に近いため、子どもにとってとっつきやすく、母乳やミルク以外の飲み物に慣らすための第一歩となっています。

ただ、スパウトを嫌がる子もいますし、スパウトは使わずにいきなりストローの練習をしてみたら上手に飲めるようになった、という子も多いようなので、スパウトは必ずしも必要ではないかもしれません。

ベビー用マグのなかには、スパウトからストローに段階的に飲み口を付け替えて使用できるようになっているものもあります。そういった製品を利用して、子どもの様子を見ながら、段階的に慣れさせていくとスムーズかもしれませんね。

子どものストロー練習で注意することは?

大人が必ずついて見守るようにする

ストローで飲み物を飲ませるときには、必ず大人がそばで見守るようにしましょう。

固いプラスチック製のストローだと、なにかの拍子に目や喉の奥を傷つけてしまう危険があります。子ども用のストローでも先が鋭利なものもあるので、尖っていない太めのストローを使ったり、短めに切って使ったりすると多少は危険を防げるかもしれません。

一方でストローマグなどに使われているストローは、柔らかいシリコン製のものなどが多いですよね。これなら安心かと思いきや、子どもが噛みちぎって誤飲してしまうこともあるそうです。ちぎれそうになっている部分はないかこまめにチェックし、劣化してきたと思ったら定期的にストロー部品を交換しておくと安心です。

服は汚れてもいいようにしておく

ストロー飲みの練習を始めたばかりのころは、まだうまく飲み込むことができず、口からダラダラと飲み物がこぼれてしまうことがありますよね。練習のときは食事用スタイやエプロンなどをつけて、服が汚れないようガードしておきましょう。

お茶やジュースだとこぼしたときの汚れやシミが気になる、というママは、湯冷ましで練習するとよいでしょう。夏場の水分補給にも、湯冷ましを持ち歩くと、多少こぼしても気にならずに済みますよ。

面白がって口に含んだ飲み物をブーっと吐き出して遊びだす子もいるでしょう。ママはイライラしてしまいますよね。水分を通さないシリコン製のスタイや、袖まで覆えるエプロンでしっかりガードし、着替えや洗濯の手間を減らしましょう。

嫌がるときは無理をさせない

ストローは、母乳や哺乳瓶に比べて一度に口に入る水分量が多く、同じようなペースで飲もうとすると気管に飲み物が入ってむせてしまうことがあるそうです。「むせて苦しい」という印象がついてしまうと、本格的にストローを嫌がってしまうことがあります。

まだ難しそうだな、と感じたら、焦らず少し期間をおいてから再チャレンジしてみるようにしましょう。

ストローが使えるようになるとお出かけの荷物も少なくて済み、ママは大助かりですよね。早くストローをマスターしてほしいところではありますが、まだうまく飲めなかったり、子どもが嫌がっていたりするようなら、無理はせずゆっくり子どものペースに合わせて進めるようにしましょう。

まとめ

子どものストローを始める時期の目安やストローの練習のしかた、注意点を紹介してきましたがいかがでしたか。離乳食が進むにつれ、母乳やミルク以外の水分がスムーズにとれるようになると、ママはずいぶん楽になりますよね。お出かけの荷物も減ることと思います。

ママが「そろそろストローを使ってみようかな」と思ったときが始めどきです。ただ、練習を始めてすぐに飲めるようになったという子もいれば、うまく飲めるようになるまで数カ月かかったという子もいます。焦らず、ママと子どものペースで練習してみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018