就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目産後の上の子問題勃発!イライラと赤ちゃん返りへの対処法

2人目産後の上の子問題勃発!イライラと赤ちゃん返りへの対処法

「上の子可愛くない症候群」に悩んでいるママは多いですよね。可愛くて仕方がなかった上の子に対してイライラしたりうまく甘えさせてあげれなかったり。下の子が産まれてとまどっているのは上の子も一緒です。赤ちゃん返りした上の子との接し方、上の子のストレス発散方法をご紹介します。

あんなに可愛かった上の子が可愛くない!

下の子のお世話と上の子のワガママで板挟み

下の子が産まれるまでは、自分が上の子にこんな感情を持つなんて思わなかった、というママは多いと思います。あんなに可愛くて大事に思っていた上の子に対して、イライラしたり可愛くないと思ってしまったり。

上の子に対して、そんな感情を持ってしまう自分に罪悪感を感じ、悩んでいるママは多いのではないでしょうか。上の子を以前のように可愛がりたいと思っても、産後で疲れていたり赤ちゃんのお世話で大変だったりで、ママはうまく感情がコントロールできませんよね。

赤ちゃんのお世話はしないといけない、上の子の欲求にも応えなければいけないと思い、ママはますます余裕がなくなってしまいます。

上の子を可愛く思えない気持ちは、多くのママが経験する当たり前の感情です。

イライラして怒って上の子が泣いて悪循環

産後のママは、久しぶりの赤ちゃんのお世話で大変ですよね。手がかからなくなってきた上の子とは違い、赤ちゃんのお世話は24時間体制のときもあると思います。

ストレスも溜まってきて心身ともに疲れると、ちょっとしたことでもイライラしてしまいますよね。上の子に対して「それくらい自分でして」、「なんでそんなこともできないの」と思ってしまうこともあると思います。

疲れてイライラし、ついきつく怒ってしまい上の子が泣いてしまう、という悪循環になってしまうことも多いのではないでしょうか。また上の子も、ママのイライラを感じ取っていつも以上に泣いたりワガママを言ったりすることもあるかもしれません。

わかっていてもうまく接することができないとママもつらいですよね。

上の子に期待し過ぎないことが大事

まだ小さな下の子に比べると、上の子は意思疎通もでき一人でできることも増えてきているので、ついママは上の子に期待してしまいますよね。

下の子が産まれたことによって、急にお兄ちゃん(お姉ちゃん)に見えてしまうのはしょうがないことです。

しかし、上の子もまだまだ産まれて数年の幼い子どもです。赤ちゃんと比べるとどうしても大きく見えてしまいますが、まだママに甘えたい気持ちがいっぱいの小さな子ども、ということを忘れないであげましょう。

お兄ちゃん(お姉ちゃん)なのだから我慢してほしい、というママの気持ちもわかりますが上の子もママにアピールしたい気持ちでいっぱいかもしれません。「上の子だから」といった気持ちはできるだけ持たずに接してあげるようにしましょう。

上の子の赤ちゃん返りへの対処法:精神編

なにをするにも上の子優先で!

赤ちゃんが泣いていたら助けてあげたい、と思うのは本能なので仕方のない感情です。しかし、上の子にしてみれば「下の子にママをとられた」「下の子の方が大事」と思ってしまう原因になるかもしれません。

上の子を抱っこしていたり遊んでいたりしている最中に下の子が泣き出したら、下の子が危険でない場合は、できるだけ上の子との時間を優先した後に、下の子のところに行くようにしてみましょう。同時に泣いているときも、まず上の子を気持ちを優先してあげるようにしましょう。

そうすれば上の子は「ママは自分を大切に思ってくれている」とわかってくれます。

上の子の気持ちが満たされれば下の子のお世話にいっても、上の子が邪魔をしたり嫉妬心を持ったりすることは減ってきますよ。

ママが手を離せない時はパパの出番

上の子優先とわかっていても、授乳などどうしてもママが下の子のお世話につきっきりになってしまうこともあると思います。

そんなときは、パパの出番です。上の子だからできる特別な遊びをパパとしてもらうのもよいですね。下の子が食べられないお菓子を食べたり、上の子だから行ける場所に連れて行ってあげたりして、上の子に「特別感」を与えましょう。

また、パパが下の子のお世話ができるときは、ママと上の子の二人の時間を作ってみましょう。二人でお風呂に入ってゆっくり話をしたり、お散歩したりして上の子がママをひとりじめできる時間を作ってあげるようにしましょう。

二人の時間はママにとっても、上の子の大事さや可愛さを再認識するきっかけになるかもしれませんよ。

毎日寝る前にハグして大好きと伝える 

日中は下の子のお世話に追われ、なかなか上の子と接する時間がとれないということもありますよね。そんなときは夜寝る前の数分だけでも、上の子とのスキンシップの時間をとってあげましょう。

大好きなママとのハグは子どもにとって最高のご褒美です。ママにぎゅうっと抱きしめられることで、上の子は安心感を持ち、心が安定してきます。

「大好きだよ」「あなたはママの宝物よ」など上の子も大事に思っているんだよ、ということも毎日伝えてあげましょう。上の子もきっと嬉しくて、笑顔になってくれると思います。

上の子に冷たくしてしまい自己嫌悪になるママも多いですが、上の子を抱きしめることでママの気持ちを落ち着かせる効果もありますよ。

上の子の赤ちゃん返りへの対処法:物質編

体力を使う遊びをしてストレス発散

上の子が幼稚園などにいっていない場合、下の子を見ながら上の子の相手を一日中するのは大変ですよね。体力がありあまっているのに、思いっきり遊べないのは上の子にとってもストレスになってしまうかもしれません。

しかし、まだ小さな下の子を連れて外出するのは大変だし、ママも寝不足などで疲れていますよね。

そんなときは、一時保育などを利用するのもよいかもしれません。半日だけでも一時保育に預けて、思いっきり遊んできてもらうと上の子のストレスも解消されます。

また、遊んで体力を使うことで昼寝や夜の睡眠もスムーズにできるかもしれませんよ。

子育て支援センターなどが近くにあれば、下の子を連れて外出しやすく、上の子も遊ばせることができるのでおすすめです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC